2016年10月01日

アクティヴレイド 1(オスカー2)

さて、2期の放送も無事終了した「アクティヴレイド・機動強襲室第八係」、

1期が面白かったので、一応全話録画してるんだけど(あまりないこと)正直2期に
入ってからは気分的に少しトーンダウンしていた。
しかしまさかのプラモ展開と、ラストの盛り上がりでいままたBDを見返して楽しんで
いる^^
2期の歌も、今ごろになって良く聴こえるようになったりして。
うん、やはりプラモの力は大きい!(僕には)


ということでプラモのほうは「フィギュアライズスタンダード」というカテゴリー、
まずはコードネーム・オスカー2「ストライクインターセプター」。
これ、名前がいいよね。
SF模型好きが好むワードが2つも入っている(笑)


207.jpg


キットは発売してワリとすぐに組み立てたんだけど、本編のほうが気分的に盛り上がって
なかったので(あくまで個人的にね)ちょっと手が止まっていた。
しかし続くフィギュアライズバストのLikoさん製作で(これがまた不思議な縁で入手できた
んだけど・・・)アクティヴレイド模型製作熱が再燃。
とりあえず一旦ここまで仕上げることが出来て、現在はさらにエルフシグマ(オスカー1)
も仕上げ中。
(Likoに関しては、ホビコムにて・・・)


206.jpg
↑↑↑
一応バックパックも作ったんだけど、この非装備の状態が好きだ。
(放送後に毎回映るリアルスーツ、あの張りぼて感もなかなかイイね^^)
なので装着状態はいずれまた。


208.jpg

ロボットじゃないので、手はグーよりもダラッとしているほうがリアルだと思う。
ということで(いまのところ)仕上げたのはこの手首のみ^^;


201.jpg

202.jpg

203.jpg
↑↑↑
「警察だ!」って言う、この一連のポージングが出来るのもいい。
ちなみに、上腕アーマーのパーツの内側にあるハメコミ用のでっぱりを削ると
腕のポージングがやりやすく、ラインも自然になると思う。

204.jpg
↑↑↑
警察手帳

205.jpg
↑↑↑
付属のスタンドは、このようにして普段は転倒を防止にしている。足首が小さめだからね。



基本的には成型色仕上げ。
パネルラインにエナメル、あるいはマーカーを沿わせて乾燥後、表面処理。スポンジヤスリで
各パーツを仕上げる。
各部のシールで色分けするところは、目(メインカメラ)以外はエナメルで塗装した。
携帯型警察手帳は、塗り分けるとやはり見栄えがいい。
手首の白い部分はガンダムマーカー。これのほうが塗りやすいんだよね^^



さて、



とりあえず今回発売されたアクティヴレイドプラモは揃えることが出来た。
これはやはり今後、再販があまりなさそうなこと(個人的予想)と、出来れば
さらなる一般店舗での商品展開へと繋がってほしい〜。。。という、切なる希望から^^

出来れば、もうひとりの主役機、というかウイルウエアである「ファインファミリア」
は(あのキャラクター性も含め)ぜひ、アクティヴファンとしてはともに並べたいところ。
でも現実的に新規プラモ化は難しいか・・・展開するにしても完成品フィギュアになるのか?
まあ、そうなったときは複雑な気持ちで買うかもしれない。
モデラーが欲しいのは、あくまでも「プラモで」だから。。。。



ということで今後、プレバン等で展開してくれると嬉しいなあ、的パターンを考えてみた。

1・「昇華機構」発動時の仕様。
  これは白から黒への色替え仕様になるので、オスカー1・2ともに最もありそうかな?
  オスカー2には必殺技「破砕衝角震電砲(はさいしょうかくしんでんほう)」用の手首
  と、エフェクトパーツ付きで。

2・それぞれ2期仕様のパターン
  オスカー1の2期カラー仕様。
  オスカー2のバックパックを、ファルコンユニットのパーツに変更する。あと、発射時の
  ショートスキーみたいなのもゼヒ^^

3・オスカー2・クライマックス仕様
  最終回で見られた、オスカー2の宇宙スーツ仕様。
  「完全殲滅震電機能・須佐能乎(スサノオ)」が発動したときの展開ギミックももちろん
  アリで!というかあのギミック再現こそ、the・バンダイの真骨頂だろう!!


・・・うーん、書いてて勝手に盛り上がってる(笑)
どれも実現すると嬉しいけど、「3」あたりはかなりウレシイ^^(望み薄い、とか言わない!)
あのクライマックスのアクションシーンは、かなり印象に残ってるからね。

まあ、どれもこれも展開してくださると、マジで嬉しい限り。
もちろん、新規のウイルウエアプラモは最優先で・・・!

あとはバンダイさんに委ねることとしよう。


209.jpg

さてもう少し!
エルフシグマも仕上げ中!
決済!承認!ゴールデンライフ!アクティヴ・プラモタイム! はつづーく!


activeraid01izaka.jpg



2016年07月30日

MGグフ Ver2.0 完成

・・・グフの放ったヒートロッドがガンキャノンに巻きつき、電撃を放つ!

gf001a.jpg

カイ「だ、だめだ!爆発しちまう・・・!」

MGグフの完成記事なのに、いきなりガンキャノン。確かこんなシーンあったよね^^
グフといえばやはりヒートロッド。「電磁ムチ」だ。


ということで


gf003.jpg

その、とても巻き取れなさそうな電磁「ムチ」に、


gf002.jpg

「指」機関砲!に、


gf006.jpg

さらにはビーム(っぽい)ソードまで・・!



gf004.jpg
(↑↑↑ TOPの元画像とは微妙に違う)

とにかく、いろんなリアルの「後付け」設定から逸脱しがちなグフだけど、そんなの四の五の
言わせないゼ!というような、おおらかな個性を発揮している。
思えば70年代〜のメカ(ロボ)って、けっこう指先がノズルになってたり武器になってたりしてた
ように思う(タツノコプロ?)
なぜか、子ども心にワクワクした部分だった記憶が。そういえばカリオストロ伯爵とその配下たち
もそんな装備してたな。
僕にとってはきっと、昔の郷愁を感じる記号なのだろう。

とまあ、いつもどおりストレート仕上げの

「MGグフ Ver.2.0」 完成記事です。


gf21.jpg

gf22.jpg

gf23.jpg

やっぱりグフは、カッコエエですな。。。。。と、感心しながらいつもどおり自己満足。

楽しく模型やってます^^


gf24.jpg

好みでモノアイシールドは付けず、内部をフラットブラックで塗りつぶした。
シールドの逆さ装着は、このほうが使い勝手が良さそうだから。


せっかくなので、先日仕上げたオリジンガンダムと並べてみる。

gf206.jpg

うーん、またまたカッケー!(自己満足)
グフ ✕ ガンダム。
どう見てもグフのほうが強そうだ。

gf208.jpg

さて、

今回も無塗装のウエザリング仕上げだが、いつもどおり気軽に楽しめることが個人的には
とても気に入っている。
こういう「汚し具合」がいま、僕には非常に心地良いんだけれど、見る人によってはテキトーに
それっぽく汚しただけの、「ただの汚い模型」に映るかも知れない。
(そう思う人は、自分の納得できる作品を作ればいいだけのことで、誰かの同意を求める必要も
 ないんじゃない?)

けれどまあ、いくらがんばってみたところで、所謂「架空メカ」の「想像上の」ウエザリング
なんだから、気楽に「それらしく」、でもいいんじゃないかな?と思うよ。
想像は人の数だけあるし、僕の想像は、僕だけのものだ。


ということで・・・・



最後に、改めてガンキャノンをもういちど。
やっぱカッコイイな!ガンキャノン。

gc201.jpg

追記:

「ホビコム」にも久しぶりに投稿してきました。

posted by アイスオーレ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月27日

HGUCジオング

MGオリジンガンダム以降続いている、久々のMyガンプラブーム。
その理由はやはりMrウエザリングカラーを直接スポンジヤスリで落としていく
工程の楽しさを知ったから。

そして今回はジオング。
しかしさすがにMGサイズでは作ろうとは思えなかったので、HGUC。

zg05.jpg

とはいえ、設定上の大きさからもキットは1/100サイズ並みの巨体なので、満足感は十分!

zg01.jpg

2基のノズルの接続部が、ちゃんと股関節ユニットになっていることを初めて知った。
(昔の600円ジオング以来なので。。。)
しかも「コンフォーマル(機体形状に合わせた)バーニア」という設定も、なかなかナイス
だと思った。
なのでメインのスラスターは、ゲルググのように後ろの5機のノズルだったんだね。
このバーニア群もジオングの見どころのひとつかも(これは全然加工してないけど!^^;)

zg02.jpg

zg03.jpg

zg04.jpg

ジオングと言えば最終局面で急遽出撃し、その稼働時間は数時間もなかっただろう。
ということで、
今回はエイジングを意識した汚し(オイル垂れや装甲表面の劣化など)ではなく、幾度か
爆炎のなかを通過したようなスス汚れと、グラデーションを意識した落とし方をしてみた。

ノズルはエアモデルでよくやっている、シルバー(アクリル)で塗装 ⇒ エナメル黒を塗り、
乾燥後にこれまたスポンジヤスリで落とす、という手法を使った。
青焼けも施せばよかったな。 忘れてた^^;

zg06.jpg

zg07.jpg

合わせ目を消したり指の肉抜き穴を埋めたぐらいで、今回も「まったく改修はせず」ただただ
ウエザリングを楽しめた^^

そして・・・

zg08.jpg
↑↑↑
ジオングといえばやはりガンダム!
最新のリバイブ版ガンダムを組んでみたが、あらゆるポージングが楽しめてスゴイキットだった。

こちらを仕上げたら、またジオングと共演させようと思います^^

posted by アイスオーレ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | HGUC

2016年07月20日

MGグフ Ver2.0

今月は結局、アイスオーレ・ガンプラ月間となった。そして

MGオリジンガンダム、ガンキャノンときて、次はガンタンク・・・


ではなく


gouf1.jpg

MGグフ・Ver2.0。

(HGUCジオングではなかった!)

gouf2.jpg

gouf3.jpg

この2.0グフも、造形すごくカッコイイ・・・・!
今回も無塗装で、ウエザリングを楽しみ中。

もう少し汚して、完成としよう。
あとヒートロッドも。


posted by アイスオーレ at 18:31| Comment(4) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月17日

MGオリジン・ガンダム 完成2

昨日は凸と凹のお店で、関西仮組の製作会。

せっかくなので、フォトラでMGオリジンガンダムとガンキャノンを撮影させてもらった。

g1.jpg

g4.jpg

g5.jpg

g2.jpg

g3.jpg

g8.jpg

g7.jpg

最後は拡大画像で。

g6big.jpg

やっぱりキレイに写るわ〜、ドライブラシの辺りが際立ってて楽しい^^
家で撮っているのとは段違いの美しさ!
(分かってはいるけど)フォトラってすごいなあ。また撮らせてもらおうっと。

しかし今月はガンプラしか作ってないなー。


posted by アイスオーレ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード