2016年10月31日

「ザ・フラッシュ」

夜中に放送していた海外ドラマ「ザ・フラッシュ」のシーズン1を観終えた。

CO_sWPSUAAA9Zfi.jpg

僕は海外ドラマはもとより、日本のドラマやアニメ作品を通して観ることがなかなかない。
途中で面白く無くなったりはあるけれど、たいていは見続ける根性がないのだ(笑)

でも、このフラッシュは面白かった〜^^

内容の前になぜこのドラマに注目したかと言うと、ゲスト俳優がアイスオーレ目線でかなり
充実していたからだ。
ほとんどが敵の役なんだけれど、


まずは「プリズンブレイク」のマイケルとリンカーンがふたりとも!
この時は兄弟だったけど、今回は犯罪のパートナー。しかも吹き替えの声まで一緒なんだから
(最近はみんなそうなのかな?)見ていて嬉し楽しかった^^

それと1話だけあの「ティーバッグ(吹き替えはもちろんアナゴさん)」まで出てるんだけど、
tbag.jpg
↑↑↑恐いって!
今回も当然のごとく犯罪者役だった^^;あのイメージは強烈だ。
(たしかプリズンブレイクは3くらいまで観た気がする・・)


続いて映画「スターシップトルーパーズ」でリコ達を鍛える鬼軍曹・ズイムが、
zuim.png
虐待ゴリラに操られるウェイド大将役で。
これ、個人的に最大のツボだったんだけど、まあマイナーだよね^^;


そして何と言っても、マーク・ハミルも終盤に登場。
しかも彼に「私がおまえの父親だ!」なんてセリフを言わせるんだもの。
tricks.jpg
原語で聞いたらちゃんとあの感じで「アーイ、アムユアファーザー!」ってちゃんと言ってる。
もうスタッフやるよねー、って感じで楽しかった。

マーク・ハミルは、90年代の「フラッシュ」ドラマ化のときにも同じ役で出ていたようだ。
同じく、現フラッシュの父親役を、当時のフラッシュだった役者さんが演じているのも
面白い。


味方役では「スーパーマン・リターンズ」のブランドン・ラウスも出て来る。
個人的にはムキムキ・マンオブスティールよりもこちらのクラーク・ケントが好きだったな〜^^
彼はこの世界でも好青年だった。確かに悪役が難しそうだけどね。


とまあ、

僕のつたない知識だけでもこういう感じで楽しんだんだけど、それよりもやはり、
主人公のバリーが「まじめ」なのがよかった。
同じ世界のアローもちょくちょく出て来たりして、最近はダークヒーローが定着しているけど、
そんななかでやっぱりバリーはまじめ! 周囲にもいっぱい気を遣う。
1回、アローのように悪役を利用しようとするんだけど大失敗。
もう、すごく反省するの^^ 気に入った。
(でもこういう役柄だと、なんか現実でスキャンダルあったときにめっちゃ叩かれそう)

あと、育ての父ジョーと、刑務所に居る実の父が、ともに日となり影となり、バリーを支え
続ける姿がとてもいい。
しかしヒロイン役のアイリスは、どうもパッとしなかった。なんでバリーはこんな娘を好きに
なったんだろう?とも思うくらいだ。
まあ幼馴染っていうのはこんなもんかもね^^
対して、スター・ラボのケイトリンとシスコは超・天才&いいやつら。
フラッシュを助ける発明品を出すカットは、すべてドラえもんの手にしてやりたいくらいだ。
(称賛)


で、最後は過去に戻って大団円か!と思ったらまた特異点が出てきて大きく風呂敷を広げる
シーズンエンドだった。

ほらきたよ。

もう分かっているんだ。海外ドラマはたいがいシーズンが終わるたびに、そんな危機的状況や
さらなる謎を持ってくることを。
これまでいくらツタヤにお布施したことか!

だからつづきはまたいつか、TV放送のときまで待とうと思う。

「ただ(めっちゃ)速く走れるだけ」のヒーロー、だからこそ、じゅうぶん楽しかったよ!

ef668fd4.jpg



posted by アイスオーレ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年10月30日

アクティヴレイド 3(&関西仮組・10/29)

昨日は、関西仮組10月のオフ会。
いよいよ今週末に迫った「モデラーズフェスティバル・2016」出展に向けての
ミーティングだ。

※様子はコチラ
ツヨさんのブログ
くにおさんのブログ

場所はいつもの「凸と凹のお店」。
今回は仕上げたアクティヴレイド他を持ち込み、いつものフォトラで撮影させてもらった。
ちなみに店長さんは、僕の周りで唯一、「アクティヴレイドについて語り合える」かただ。
当然、仮組には一人も居なーい!


ac01.jpg

ac02.jpg

ac03.jpg

ac04.jpg

う〜ん、やっぱカッケエ!!!
いつもどおり、フォトラでキレイに撮らせてもらうと、自己満足度も上昇する!^^

ちなみにこのオスカー1、2、そしてフィギュアライズバスト・Likoはモデフェスにて
展示する予定。
その後はコチラ、凸と凹のお店にて飾ってもらう運びとなった。ありがたい!



そして最後に、

ac05.jpg
↑↑↑
久しぶりにお会いしたしゅうごろーさんの姫路城(と、MY・ビーコレXウイング)。

これもモデフェス・関西仮組卓に並びます。

そう、関西仮組卓は、ガンプラ以外の模型もあれこれ並びます。

いよいよ、今週末!


2016年10月03日

アクティヴレイド 2(オスカー1)

さて、今日も「アクティヴレイド・機動強襲室第八係」プラモのつづき!

今回はコードネーム「オスカー1」、エルフシグマ。

近接戦を得意とするオスカー2(ストライクインターセプター)に対し、こちらは
射撃に特化したウイルウエアだ。


101.jpg

102.jpg
↑↑↑
う〜ん、カッケエエ!!
マッチョなオスカー2に比べて全体的にスマートなシルエットがいい。
なのに手足、腰のアーマーは武者鎧っぽい。軽さと重さが非常にうまく纏められたデザイン
だと思う。(エラそうに^^;)
ライフルはバレル部分を外して小銃タイプにすることが出来るが、劇中のミッションでは
こちらの方が印象的だ。


103.jpg
104.jpg
↑↑↑
メインカメラは前後とも、付属シールの上にUVクリアジェルを使いレンズ状に。


105.jpg

106.jpg
↑↑↑
胸部の塗り分け、肩アーマー裏、サイドアーマー・腰のストライプ・肩のウエポンレールのライン、
足裏ローラー部分は、エナメルの筆塗り。
乾燥後、はみ出たところはデザインナイフや耐水ペーパーで整える。
これこそ、成型色仕上げならではのお手軽方法^^

107.jpg
↑↑↑
今回(ストライクインターセプターの反省から)全部の箇所にスミ入れをしなかった。
あくまで人間サイズモチーフの模型なので、ある程度自然光で見える段差の影のほうが
リアルな気がしたもので。


108.jpg

109.jpg

110.jpg
↑↑↑
射撃ポーズ、少しづつ角度を変えつつ。
ブログTOPの画像は加工しており、電飾はしてません^^;


111.jpg
↑↑↑
ということで、オスカー2、FB・Liko製作の勢いに乗って(録画を観つつ)仕上げる
ことが出来た。
1期ではクールに描かれていた瀬名くんが、2期では完全にコメディリリーフに徹していた
のも、このエルフシグマを作る上で楽しかったな^^
思えばこの9月はアクティヴ模型がメインだったようだ。
これで一旦区切りがついたが、前述のように、僕はいつまでも新規・ウイルウエアプラモの
発売を待っているぜ!


許諾確認!スサノオ解除!セルリアンスカーッシュ!

アクティヴレイドプラモ、ホントもう少し揃えたいよー。


2016年10月01日

アクティヴレイド 1(オスカー2)

さて、2期の放送も無事終了した「アクティヴレイド・機動強襲室第八係」、

1期が面白かったので、一応全話録画してるんだけど(あまりないこと)正直2期に
入ってからは気分的に少しトーンダウンしていた。
しかしまさかのプラモ展開と、ラストの盛り上がりでいままたBDを見返して楽しんで
いる^^
2期の歌も、今ごろになって良く聴こえるようになったりして。
うん、やはりプラモの力は大きい!(僕には)


ということでプラモのほうは「フィギュアライズスタンダード」というカテゴリー、
まずはコードネーム・オスカー2「ストライクインターセプター」。
これ、名前がいいよね。
SF模型好きが好むワードが2つも入っている(笑)


207.jpg


キットは発売してワリとすぐに組み立てたんだけど、本編のほうが気分的に盛り上がって
なかったので(あくまで個人的にね)ちょっと手が止まっていた。
しかし続くフィギュアライズバストのLikoさん製作で(これがまた不思議な縁で入手できた
んだけど・・・)アクティヴレイド模型製作熱が再燃。
とりあえず一旦ここまで仕上げることが出来て、現在はさらにエルフシグマ(オスカー1)
も仕上げ中。
(Likoに関しては、ホビコムにて・・・)


206.jpg
↑↑↑
一応バックパックも作ったんだけど、この非装備の状態が好きだ。
(放送後に毎回映るリアルスーツ、あの張りぼて感もなかなかイイね^^)
なので装着状態はいずれまた。


208.jpg

ロボットじゃないので、手はグーよりもダラッとしているほうがリアルだと思う。
ということで(いまのところ)仕上げたのはこの手首のみ^^;


201.jpg

202.jpg

203.jpg
↑↑↑
「警察だ!」って言う、この一連のポージングが出来るのもいい。
ちなみに、上腕アーマーのパーツの内側にあるハメコミ用のでっぱりを削ると
腕のポージングがやりやすく、ラインも自然になると思う。

204.jpg
↑↑↑
警察手帳

205.jpg
↑↑↑
付属のスタンドは、このようにして普段は転倒を防止にしている。足首が小さめだからね。



基本的には成型色仕上げ。
パネルラインにエナメル、あるいはマーカーを沿わせて乾燥後、表面処理。スポンジヤスリで
各パーツを仕上げる。
各部のシールで色分けするところは、目(メインカメラ)以外はエナメルで塗装した。
携帯型警察手帳は、塗り分けるとやはり見栄えがいい。
手首の白い部分はガンダムマーカー。これのほうが塗りやすいんだよね^^



さて、



とりあえず今回発売されたアクティヴレイドプラモは揃えることが出来た。
これはやはり今後、再販があまりなさそうなこと(個人的予想)と、出来れば
さらなる一般店舗での商品展開へと繋がってほしい〜。。。という、切なる希望から^^

出来れば、もうひとりの主役機、というかウイルウエアである「ファインファミリア」
は(あのキャラクター性も含め)ぜひ、アクティヴファンとしてはともに並べたいところ。
でも現実的に新規プラモ化は難しいか・・・展開するにしても完成品フィギュアになるのか?
まあ、そうなったときは複雑な気持ちで買うかもしれない。
モデラーが欲しいのは、あくまでも「プラモで」だから。。。。



ということで今後、プレバン等で展開してくれると嬉しいなあ、的パターンを考えてみた。

1・「昇華機構」発動時の仕様。
  これは白から黒への色替え仕様になるので、オスカー1・2ともに最もありそうかな?
  オスカー2には必殺技「破砕衝角震電砲(はさいしょうかくしんでんほう)」用の手首
  と、エフェクトパーツ付きで。

2・それぞれ2期仕様のパターン
  オスカー1の2期カラー仕様。
  オスカー2のバックパックを、ファルコンユニットのパーツに変更する。あと、発射時の
  ショートスキーみたいなのもゼヒ^^

3・オスカー2・クライマックス仕様
  最終回で見られた、オスカー2の宇宙スーツ仕様。
  「完全殲滅震電機能・須佐能乎(スサノオ)」が発動したときの展開ギミックももちろん
  アリで!というかあのギミック再現こそ、the・バンダイの真骨頂だろう!!


・・・うーん、書いてて勝手に盛り上がってる(笑)
どれも実現すると嬉しいけど、「3」あたりはかなりウレシイ^^(望み薄い、とか言わない!)
あのクライマックスのアクションシーンは、かなり印象に残ってるからね。

まあ、どれもこれも展開してくださると、マジで嬉しい限り。
もちろん、新規のウイルウエアプラモは最優先で・・・!

あとはバンダイさんに委ねることとしよう。


209.jpg

さてもう少し!
エルフシグマも仕上げ中!
決済!承認!ゴールデンライフ!アクティヴ・プラモタイム! はつづーく!


activeraid01izaka.jpg



2016年07月30日

MGグフ Ver2.0 完成

・・・グフの放ったヒートロッドがガンキャノンに巻きつき、電撃を放つ!

gf001a.jpg

カイ「だ、だめだ!爆発しちまう・・・!」

MGグフの完成記事なのに、いきなりガンキャノン。確かこんなシーンあったよね^^
グフといえばやはりヒートロッド。「電磁ムチ」だ。


ということで


gf003.jpg

その、とても巻き取れなさそうな電磁「ムチ」に、


gf002.jpg

「指」機関砲!に、


gf006.jpg

さらにはビーム(っぽい)ソードまで・・!



gf004.jpg
(↑↑↑ TOPの元画像とは微妙に違う)

とにかく、いろんなリアルの「後付け」設定から逸脱しがちなグフだけど、そんなの四の五の
言わせないゼ!というような、おおらかな個性を発揮している。
思えば70年代〜のメカ(ロボ)って、けっこう指先がノズルになってたり武器になってたりしてた
ように思う(タツノコプロ?)
なぜか、子ども心にワクワクした部分だった記憶が。そういえばカリオストロ伯爵とその配下たち
もそんな装備してたな。
僕にとってはきっと、昔の郷愁を感じる記号なのだろう。

とまあ、いつもどおりストレート仕上げの

「MGグフ Ver.2.0」 完成記事です。


gf21.jpg

gf22.jpg

gf23.jpg

やっぱりグフは、カッコエエですな。。。。。と、感心しながらいつもどおり自己満足。

楽しく模型やってます^^


gf24.jpg

好みでモノアイシールドは付けず、内部をフラットブラックで塗りつぶした。
シールドの逆さ装着は、このほうが使い勝手が良さそうだから。


せっかくなので、先日仕上げたオリジンガンダムと並べてみる。

gf206.jpg

うーん、またまたカッケー!(自己満足)
グフ ✕ ガンダム。
どう見てもグフのほうが強そうだ。

gf208.jpg

さて、

今回も無塗装のウエザリング仕上げだが、いつもどおり気軽に楽しめることが個人的には
とても気に入っている。
こういう「汚し具合」がいま、僕には非常に心地良いんだけれど、見る人によってはテキトーに
それっぽく汚しただけの、「ただの汚い模型」に映るかも知れない。
(そう思う人は、自分の納得できる作品を作ればいいだけのことで、誰かの同意を求める必要も
 ないんじゃない?)

けれどまあ、いくらがんばってみたところで、所謂「架空メカ」の「想像上の」ウエザリング
なんだから、気楽に「それらしく」、でもいいんじゃないかな?と思うよ。
想像は人の数だけあるし、僕の想像は、僕だけのものだ。


ということで・・・・



最後に、改めてガンキャノンをもういちど。
やっぱカッコイイな!ガンキャノン。

gc201.jpg

追記:

「ホビコム」にも久しぶりに投稿してきました。

posted by アイスオーレ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード