2017年05月21日

HGUC GMクウエル

今年ぼちぼち作っているHGUCの「AOZ」シリーズ、
今回はGMクウエル。

昨日は関西仮組製作会だったので、ブログ用の写真をフォトラで撮らせてもらった。



q2.jpg

q3.jpg

q4.jpg
↑↑↑
脚部がダイナミックなAOZキットなので、肩ユニットがあるヘイズル2号機の胸部パーツを
使った。ちょっとバランスとれたかな。

q6.jpg
↑↑↑
(あー、胸部センサー・・・・あとで貼ろう^^;)
いつもどおり部分塗装と、成形色に直接ウエザリング(自称・アイスオーレ塗り・笑)。
ウエザリングカラー、スミ入れ黒、Gマーカーを使用し、エナメル銀でドライブラシ。
ドライブラシといえば、

q8.jpg
↑↑↑
「AOZ」は少し前のHGUCシリーズなので、足の裏もしっかり作られている。
最近ではスカスカなのが多いから、いい感じ^^

q5.jpg

3月に仕上げたヘイズル改と。こちらはGM3のビームライフルを持たせてみた。

q1.jpg
んー、カッコイイ!

しかしまあ、撮影前にもうちょっとホコリとっとけばよかった。。。。
今度はトライブースター、もうちょっとAOZで遊ぼう^^

そして


q7.jpg
↑↑↑
昨日は久しぶりに、みなさんの完成品が大集合!
(ダブルオーは未完成だけど)
しばらくぶりに模型サークルらしくなった(笑)
んー、ギブルとアッガイいいなあ・・・


posted by アイスオーレ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | AOZ

2017年05月14日

1/6 マスター・ヨーダ

バンダイ最新SWキット、ヨーダ師匠が完成〜^^

高石からの1週間、ヨーダとともにありましたよ。

この1/6スケール・ヨーダは、プリークエル3部作のイメージで立体化されている。
なので、1/12(ダゴバ版・こちらはまたいずれ・・)よりも30年ほど若い感じの造形だ。


yd01b.jpg

「・・・まだまだじゃな、我が古き弟子よ!」



・・・と、
ドゥークー伯爵との対決シーンもいいんだけど(映画館で初めて観た時はビックリだったなあ・・・)、
今回は、EP3終盤の流れをなぞってみたよ。







yd01.jpg

「新しい弟子を迎えたようじゃな、皇帝よ・・・いや、こう呼ぶべきか。ダース・シディアス!」







yd17sd.jpg

「この時をどれほど待ちわびたか・・・我が小さき緑の友よ」








yd02.jpg

「ジェダイが滅びると?・・そう考えるのはまだ早いぞ!」








yd18sd.jpg








yd03.jpg

「お前の帝国は1日限り」









yd19sd.jpg









yd04.jpg

「それでも長すぎた!」








yd05.jpg


「力を自慢するなら・・・」


yd06.jpg

yd07.jpg

「なぜ逃げる・・!」









yd17sd.jpg

「いまに分かる・・・ベイダーの力は、ワシや貴様よりも強くなる!」











yd07a.jpg


「新しい弟子に期待すると裏切られるぞ・・・フォースの暗黒面のように!」


yd08.jpg

yd08a.jpg

yd09.jpg




・・・とまあ、こんな感じで^^;画像UPして、記事を書いててなんと楽しいこと(笑)
それほどのキット再現度に大満足!のヨーダ師匠だ。




yd11.jpg

yd12.jpg
↑↑↑
パッケージ写真を参考にアクションポージング!



y13.jpg
↑↑↑
内側の茶色い服は成形色のまま、ウエザリングカラーで汚した。
ちなみに腰から下のゴム製マントパーツだけど、ボディにハメ込むだけだと、ポージングでまくり
上げたときに外れてくるので、ここはエポキシ接着剤(など)で固定しておくのが良いと思う。
ゴム製だからね。

手足は接着、合わせ目を消してから指定色を調色して筆塗り。ツメはバフ。
袖のなかはハルレッド、パステルで陰影を付けた。



yd14.jpg
↑↑↑
後ろ姿。フードの下にベース接続穴があるんだけど、空中でのカッコいいアクションポーズは
ちょっと難しいような気が(手足が短いし^^;)

上着コートは、腰から上がプラ製・下はゴム素材なので、塗料で汚すとヘンになるかも・・・と思い、
フチやシワで影になっているところをパステルで汚し、上からツヤ消しコーティング。
(控えめにしたので写真ではちょっと飛んでるナ〜)
作ってると、このコートの境目があんまり気にならなくなってくるのでフシギ。
少なくともベイダー卿のときよりは気にならない。(個人的感想)

袖のヒジの部分は、前から見た時にシルエットの繋がりが悪いのでカットした。



yd15.jpg
↑↑↑
カオ(頭部)は手足同様、指定色を調色し、多少の濃淡を付けながら筆塗り。
シワ等はパークグリーン。耳たぶ内も、近似色で陰影を付けた。
(WEB上ではグレーや黒でスミ入れしてる画像もあったんだけど、メカじゃないんだから
 やはりちょっと違和感を感じて、それがおおいに参考になった^^)

黒目部分(黒くないけど^^)はデカール。一旦、全体にツヤ消しクリアを吹いたので、
眼球は最後にUVクリアジェルを塗っている。(初めてフィギュア用途に使った^^;)



yd13.jpg
↑↑↑
頭髪有り・流し目ヘッド(左)は合わせ目をパテで埋めて、(調色した)地肌色を塗ってから、細筆で髪を
描いた。(バフ⇒ホワイト⇒フラットアルミ) 地肌色を少々残す感じ。

髪ナシヘッド(右)は最初、両面テープ⇒コットンで植毛したんだけど、どうもオバチャンパーマ
にしかならず・・・(難しかった)
思い直して、モデリングペーストを塗って髪っぽくしてみた。
塗装は左に同じくなんだけど、生え際がなんか違うなあ・・・それにしてもシュール画像^^;


というか、
このヨーダでポージングあれこれしていると、常にそばにどちらかのヨーダヘッドが転がって
いるのでちょっとブキミ(笑)なるべくすぐ、小袋に仕舞う。



yd16.jpg
↑↑↑
手持ち用のライトセイバー(上)は、ミライトを仕込んだ。柄の幅とほぼ同じなのでひと苦労。
腰吊り用(下)よりもちょっと長くなったけど^^;写真もいい感じに撮れたので、やってヨカッタ。
(これはまだ塗装が仕上がってないときの画像)


それにしても今回のヨーダキット、カオの造形のスゴさを見るに、人間キャラのキット化も
そんなに遠い未来じゃなく、いけるんじゃない!?と思ってしまった。
フィギュアライズバストも進化してるみたいだしね。
なんとか・・・・

とにかく、そこまでSWキットシリーズがつづくように願うばかりだ。
出来る限りは協力しようじゃない^^

では、フォースのともにあらんことを!



posted by アイスオーレ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年04月28日

1/72 Yウイング・スターファイター完成 &「高石模型祭り2017」

明日からの「高石模型祭り」に出展するために、先月からとりかかっていた
バンダイ「1/72 Yウイング・スターファイター」
だけど、
せっかくの展示会なので、単体で終わらせるのはなあ・・・と思い、ちょっと情景にしてみた。

・・・とはいえ、いつもエアモデルを撮影するとき用の簡易ベースに、整備員たちを並べてみた
だけなのだが^^;


y01.jpg
↑↑↑
パイロット&R5も塗る!


y02.jpg
↑↑↑
全景はこんな感じ。
左上に誰か居るね・・・・

y03.jpg

y04.jpg

ハシゴや整備員は、ハセガワ・グランドクルーセットから。
整備服の色も、いつものカーキ系では合わないので変えてみた。

y05.jpg

y06.jpg
↑↑↑
フィギュアは固定せず、いろいろ試行錯誤した結果、このような配置で行こうかと。

y07.jpg

今回も、YとAウイングのパイロットフィギュアをヘッドルーペして塗ってたんだけど、
さすがバンダイ製最新キットパーツの造形がスゴイ。
ゴーグルしてるからカオ下半分だけど、もうとてもシャープ。

ずいぶん昔のキット(グランドクルーセットが)と比べてしまうのもなんだし、確かにルーペ
で見ないと分からないレベルなんだけど・・・
しかしホント、このクオリティでエアモデルと絡められるフィギュア(僕には主に、1/72と1/48
サイズ)を製品化していただければなあ・・・と思った。

バンダイさんはユーザーの需要的にムリだろうから、やはりここはハセガワさんタミヤさんに
がんばっていただきたいところ!





続いて、今回僕が「関西仮組・SWコーナー」に展示するアイテムもご紹介。





「ホスの戦い」

at1.jpg

at2.jpg

at3.jpg

at4.jpg
↑↑↑
前にも載せたけど、今回はY撮影のついでに再度、黒背景で撮ってみた。
スケールは1/350 くらいかな?
AT−ATの足元を走るスノートルーパーズの身長も、約5mmほど。

at5.jpg

メンバーたちが最新のバンダイ・1/144AT−ATを展示するので、その横にでもこっそり置かせて
もらいます^^
ミニマムな情景も、ぜひ。






そして、





「・・・ベイダー卿って、超コワくね?」
「パネぇよな・・」
「気にくわなかったら、すぐ首しめてくんじゃん」
「それな」

tp1.jpg
↑↑↑
と、まさかの「くつろぎトルーパーズ」も展示します^^


tp2.jpg
↑↑↑
このために、1/12の雑誌類も作ったりしてね。
戦争に疲れた、その仮面に隠されたトルーパーの本音を垣間見てほしい(冗談)



あとは1/72・Aウイング、そしていくつかビークルモデルも並べてます。
バンダイキットが充実するにつれ、展示会ごとに関西仮組SWコーナーも充実していく感じが
イイわ^^


そして、
僕個人としては、そのSWコーナーのとなりにスケールモデル、
「1/200・エアラインズ」を

200al.jpg

1/200・旅客機模型を5機ほど並べてます。

こちらもぜひどうぞ^^


では明日・明後日と、高石模型祭りを(関西仮組ブースも)よろしくお願いします^^


posted by アイスオーレ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年04月16日

RGダブルオー・クアンタ(&エクシア)

昨日土曜日は、関西仮組製作会&飲み会。
オタク的に言うと「オフ会」というやつだ。

先月はあろうことか、日にちを間違えて寝てしまってたので・・・・^^;
今回はキッチリ参加してきた。
まあ、キッチリもなにもないんだけどね。

ということで、昨日の様子はコチラ
↓↓↓
ツヨさんのブログ
くにおさんのブログ

of81-01_201704152250348e5.jpg
(ツヨさんのブログからお借りしました)
↑↑↑
相変わらずの盗撮、了承なしに写ってるんだけどwww笑
なるほど、ヘッドルーペを付けてるとこう言う感じか・・・・
RG製作はパーツが小さいので、初めて持って行った。
老眼もちょっとあるけど、ルーペを付けると作業の手応えが見違えるので、なかなか手放せなく
なる。

さて、今回はくにおさんが久しぶりに参加され、さらに、じき仮組に復活されるとの朗報も!
(いや、別に辞めてたわけじゃないけどね)
なんとも嬉しい限りだ^^
そんな感じで製作会、さらにメンバーが合流して飲み会と、久しぶりにいつものワイワイした
オフ会に戻った。
やっぱりいろいろ話していると、今回の高石模型祭り、夏のKCF、秋のモデラーズフェスティバル
と、メインになる作品をあれこれ考えるのも楽しくなる。

さておき、ツヨさんとくにおさんが居るとつい、僕のなかから毒が出て来る。
(ツヨさんが居るとそういう空気になり、くにおさんがわりとなんでも笑ってくれるからかな?と
 いう分析)
改めて、これはちょっとくらいは気にしないとな〜・・・と「あくまでもちょっとだけ」思った
オフ会となった^^


製作会では、RGダブルオーガンダムの作業をしていたんだけど、今回のメインはブログに載せる用
の写真撮影。

いつものフォトラでエクシアとクアンタを撮らせてもらった。



eq01.jpg


q002.jpg
↑↑↑
ホイルシールが光を拾っていい感じ^^
ちなみにクアンタ、右腕のアーマーは外している。全体的に青成分が多いと思ったので減らして
みた。

q003.jpg
↑↑↑
バインダー展開状態。RGクアンタのスペシャルギミック!

q006.jpg
↑↑↑
格納状態。

q007.jpg

q008.jpg
↑↑↑
関節のミラーシールもなかなかいい。ソレスタルビーイングのMS、って感じだ^^

今回の撮影では「ソードビット合体ギミック」はやらなかったけど、実際持たせるとけっこうな
大きさになるにも拘らず、腕関節がブレないのは「さすがRGブランド!」といったところだ。
また撮影して画像も追加しようかな。


q009.jpg
↑↑↑
エクシア同様、色は成型色そのまま(TOPコートもしてないのよ!^^)
最近、基本的にガンプラは(部分塗装以外)ほとんど塗らなくなったんだけど、キレイな成形色を
生かした仕上げも、手軽だしなかなかいい感じだと思うよ。
まあ、キット自体のレベルが高いことと、あれこれ改修しなくても満足してるからなんだけどね。
マーキングは付属のテトロンシール。
スポンジヤスリ等でツヤ消しに施した表面には、さらにしっくり馴染む。


続いてエクシア。


e001.jpg

e003.jpg
↑↑↑
ソードのメッキがいい!^^

e002.jpg
↑↑↑
だいぶ前に仕上がってたんだけど、今回はクアンタ製作のついでにこちらもテトロンシールを
貼ってみた。
世界観的にはともに「隠密兵器」なんで、「GN」表記のものをメインに貼っただけ。
まあ、コーション好きな人は自由にもっと貼ってOK。(・・・なんて書くまでもないけど、
メンドクサイ時代だよ)



q004.jpg



前日から腹痛、当日は頭痛がキテたんだけど、痛み止め薬なんかを飲むよりも、みんなとワイワイ
してるのが、なによりのクスリなのです!最後まで居てヨカッタ^^

いつもありがとう!







posted by アイスオーレ at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | RG リアルグレード

2017年03月29日

1/72 Yウイング・スターファイター 1


yo5.jpg

「・・・ベイダー卿って、コワすぎじゃね?」
「パネぇよな」
「気にくわなかったら、すぐ首しめてくんじゃん」
「それな」

このふたりも来月の高石で展示するので、いまポージングを研究中、、、、って、そんなたいそうな
もんじゃないけどね^^


y01.jpg
↑↑↑
で、我らが”大人の模型サークル”、「関西仮組」では定番になってきた、「スタ−ウォーズ展示コーナー」
に飾ろうか、ということで1日かけて組み上げた、
「バンダイ1/72 Yウイング・スターファイター」。

3年ほどまえにファインモールド製のYウイングを組み立てたのだが、同じように別パーツとなっている
パイピングを丁寧に組み立てていく。

ファインモールド・1/72Yウイング完成記事



シルエットではあまり違いが分からないが(偏向パドルの形状は丁寧な感じ)、バンダイ製はさすがに

@ 組み立て説明書の解説が超・親切。(1・2パーツ毎に進めてくれるので分かりやすい)
A パイプパーツが柔らか素材なので、折れる心配が少ない。

でも、折れないといってもヘンに力が入ると曲がるので、そこは注意だ。
(すぐ戻せるけどね)
ハメ込むだけでピタっと収まるけど、やはりほとんどの接続部分は流し込みセメントで固定した。
ウォッシングしたらいろいろあるだろうから。

機首側面の青いラインと、各エンジン先端・コーンの黄色いラインはデカールを貼った。
それと、
キットではこのコーンを外して内部メカが見える仕様だったのに、4本の支柱を接着してしまったので
見えなくなってしまったことにあとで気付いた。あーあ。


y04.jpg
↑↑↑
1本づつ、湯口と成型時の僅かな段差はなるべくヤスリを当てた。でもムリしちゃいけない!^^;
やはりパイプ類が「浮いている」立体感は、お見事!だ。



y03.jpg
↑↑↑
そして今日は、ウエザリングをスタート!
デカールを貼ったところは、アクリルのフラットクリアを塗って保護しておいた。


y02.jpg
↑↑↑
ビーコレと比べると、さすがに大ボリュームだ。
ビーコレも単色でウエザリングしただけだったから、さすがに単調だな〜。
まあ、今回はもう少し塗り重ねる予定。

久々にFMキット完成記事を見ると、めっちゃ気合入ってた感じだったし^^;
レベルダウンはやだもんね。

posted by アイスオーレ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ