2017年03月11日

森友騒動の裏で

マスコミや、マスコミにいつもどおり乗せられてる世間の多くはいまや森友スキャンダル報道に夢中
だけど、その裏で水道民営化への道が切り開かれていた。

water6.jpg

当然のことながらマスコミも報道しないが、これは本当にエライコッチゃへの第一歩だ。
気にも留めなかったひとは、民営化したらどうなるっていうの?と思うかもしれないが、ここで僕が
それはね・・・と話しても、右から左へスルーするだけなので、本当に気になった人はぜひ自分自身で
調べてほしい。
他にも共謀罪とかもどんどん通ってますが、この「水の権利」だけは、冗談じゃなく、絶対に
ヤバいことなので。
「社会」というものはアタリマエだが人間ありきの概念なので、そもそもは「ひとに寄り添ってこその社会」
のハズなのに、なぜか人間がすり合せないとやっていけないものになっている。
そんな「アタリマエのこと」を見ないフリをして、「そういうものだ、どうしようもない、甘いこと言って
られない」なんて言い続ける限り、ひとはどんどん擦り減っていくし、とうとう生活の基盤まで奪われる
ことになった。
いまの社会システムこそ、実は狂ってんだよね。
そんなのに合わせていくことの異常さ、ホントは多くのひとが気付いてるんだろうけどさ。



なーんてことを思いつつ、



3111.jpg
↑↑↑
ハセガワ1/48・F−16Fは完成。スケモブログへのUPは来週できるかな。

3112.jpg
↑↑↑
そしてお次は、ハセガワ1/200・エアバスA320「バニラエア」
今月はこの2機が仕上がれば上々^^
サイドでタミヤ1/48・F−16Nも進行中。

3113.jpg
↑↑↑
そして今日つい買ってしまった、RGクアンタ。
「RG」タグで見ると、3年ほど前にザクを仕上げて以来だ。
久々に記事を見ると我ながら、あのときUPしたRGシャアザクの写真、カッケー!(自画自賛^^;)
オーリスのCMもいいしね。RGやっぱイイわ^^

まあ、ヘイズルもあるので、ぼちぼち進めよう。


posted by アイスオーレ at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | RG リアルグレード

2014年11月06日

1/144 E.F.F.61式戦車

こんにちは。

HGUC・ザク地上戦セットより、連邦軍の61式戦車です。

bt04.jpg
bt05.jpg

1/144サイズなので、砲身を含めても8cmほどの大きさです。
さすがに砲塔後部のワクは抜けてませんが、それでもかなりのハイ・ディテール。キット付属のザクより
も、RGザク等のほうがしっくりくる感じです。

ウエザリングはサンドクローラーとほぼ同様です。
表面処理後、成形色のままから汚しましたが充分、なかなかいい色してると思います。

昨日の簡易ベースに乗っけて撮影してみました。
↓↓↓
bt01.jpg

bt02.jpg

bt03.jpg

陸戦型のMSと絡めると楽しそう!
まあベースがなくても、HG単体の横に添えるだけでもよい雰囲気になりそうです。

今日もありがとうございます^^


posted by アイスオーレ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | RG リアルグレード

2014年04月09日

RG量産型ザク 完成

こんにちは。

寒波も収まり、もうしっかり春ですね。
さて、
とっくに完成していたのですが・・・^^;RG量産型ザクです。
数日前、模型部屋の片づけをしたときに並べてみたので、もうそのまま撮影してみました。

rg01.jpg
↑↑↑
少しチッピングを施しただけですが、(我ながら)さすが絵になるRG。
後ろに並ぶのは、大好きなハヤカワ文庫群・・・いまは全く読んでませんが。

「RG」キットは、6月のズゴックが非常に楽しみです。これもザク同様、ぜひ赤いのとグレー、両方
作りたい。それまでにまたなんかRGを・・とも思ってましたが、たぶんムリっぽい感じ

rg02.jpg
↑↑↑
そんな、プチ「ガンダムコーナー」

全体的に冬まで雑然としていましたが、多少は片付きました。

rg03.jpg
↑↑↑
何度棚を片づけても、仕舞うことのない鉄郎フィギュア(・・仕舞い込んだら、絶対なくす!)
いつどこで買ったのか、貰ったのかさえ忘れましたが、大好きな逸品です。

それと・・・
後ろに写っているのは素組みのMG・EX-Sガンダムですが、どなたか引き取っていただけるよう
でしたら差し上げます。(インスト付き・多少欠品してるかもですが・・・)


posted by アイスオーレ at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | RG リアルグレード

2014年03月14日

RG 量産型ザク 1

みなさま、こんばんは。

ザクに成り行く−

rg101.jpg
↑↑↑
「RGザク・フォーマット」製作も2つめ、
シャアザクのときと同じ手法なので、処理しなくていい個所とか、ランナーのまま表面処理できる
個所が分かっている分、組み上げはよりスムーズに進んでます。
合間にチッピング塗装もしたり。

rg103.jpg
↑↑↑
RG量産型ザクを購入したとき見つけた、「ザク・地上戦セット」 
再販していたのでこちらも入手しました^^
以前はブラッドハウンド(指揮車両)の方が欲しかったんですが、いまはザクブームなので・・

そしてこの、連邦軍・61式戦車とジオンのワッパ。
RGザクと並べて大きさを比較できるアイテムがほしかったので、ちょうどよかったのですが・・

考えてみれば、RGザクって2機とも宇宙用だった。
(まあ、いいか^^;)

rg102.jpg
↑↑↑
とくに61式戦車のディテールがすごい。
付属のHGUCザクよりも、RGのほうが馴染む感じがします。

戦車もワッパも合わせ目処理が不要なので、組み上げるとき同時に表面処理も完了です。
やはり塗装はサンドカラーがいいかな。

rg104.jpg
↑↑↑
それにしてもワッパの、この形状・・・造形としてかなり魅力的!
いまさらながらユニーク。

1/35でも作ってみたくなりました。
ちょうど、ほったらかしてるガマゴートもあるし。

posted by アイスオーレ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | RG リアルグレード

2014年03月10日

RG シャア専用ザク 完成

みなさま、こんばんは。

昨日は「ザクの日」(3月9日)だったそうですね^^
そんな日に、久しぶりのガンプラ、しかもリアルグレード、シャア専用ザクを仕上げているなんて、
非常に面白いシンクロだと思いました。

rg0006.jpg
↑↑↑
そんなプリングルス・ミニ、なサイズに「バンダイ驚異の技術」が注ぎ込まれた
「RG・シャア専用ザク」

ホント、小っちゃい。
なので当然、全ての部品が、さらに小さい。もう仮組みなどもせず(取り外しで、パーツを壊したり
無くしたりしそう!)
ワンパーツづつ、仕上げてからフレームにはめていきます。
唯一、ザクマシンガンはF2用のものに、RGのバレルとマガジンを置き換えています。

cz008.jpg

塗装したのは、ボディの明るい赤のパーツ(ちょっと、コントラストが強い気がしましたので)
武装、胸部やソールなどダークグレーな部分、そして関節の一部。

ランドセルと足の甲も、好みで色を変更しました。

rg0004.jpg

頭部、動力パイプ、(スパイクとシールドを除く)腕部、(ソール以外の)脚部は、TOPコートすら
してまへん(・・・1000番のスポンジヤスリでフィニッシュ!)
RGストライクのときもそうでしたが、これで充分プラのツヤっぽさが消えます。

なので、気にせずポージングし放題^^RGの本領発揮です。

ということで、
久しぶりにアクション!

cz002.jpg

↑↑↑ 左ダッシュ!

cz005.jpg

↑↑↑・・・と見せかけて、

cz003.jpg

↑↑↑ 蹴り!

cz006.jpg

↑↑↑・・・からの、離脱!

cz001.jpg

↑↑↑ 今度はヒートホークを振りかぶって・・・

cz007.jpg

↑↑↑ アタック!!

rg0008.jpg

↑↑↑ 着地!

rg0001.jpg

↑↑↑ ここから、シャアはオーリスに乗り込むわけですね・・・



cz009.jpg

「全身無塗装 + TOPコート仕上げ」よりも、武器やボディなど色の暗い部分だけでも塗装し、
それプラス気になる部分さえコートすれば、より落ち着いた感じに仕上がると思います。
(まあ、これも部分塗装仕上げなんですが。)

cz004.jpg
↑↑↑
それにしても、
ザクプラモがほぼ破たんすることなく、これほどの蹴りポーズを決められるとは・・・!
いままでなかった「腰のひねり」に、バンダイの工夫が感じられます。まったく驚異です。
300円ザクからして、ほんとにスゴイ時代になりました。

rg0005.jpg


RGだったら(僕はまだ)ガンプラを楽しめる・・・

さあ、量産型も作りたくなってきたぞ!
(バズーカは量産型のとき作ろう)


posted by アイスオーレ at 19:35| Comment(4) | TrackBack(0) | RG リアルグレード

2014年03月07日

RG シャア専用ザク 1

みなさま、こんばんは。

久々に輝きを放つ、RGランチャー・ストライク・・・!

rg001.jpg

などと思っているとき、ふとYOUTUBEで見たのが、シャア専用オーリスのPV。



モデルグラフィックス誌でも、少し紹介されてましたねー。
↓↓↓
rg005.jpg

rg006.jpg
↑↑↑
RG風シャアザクが出て来るのはほんの数秒なんだけど、僕のハートを掴むのには充分(笑)

ということで、エールユニットの仕上げもそこそこに(!)RGシャア専用ザクを購入。
ホントは3〜4日考えたけどね。

いまや僕には、MGやHGなど、フル可動仕様で、全塗装で仕上げる根性がない・・
しかしRGなら、違ったアプローチが出来そう(より手軽に、納得のいくように、という意味で)

それにしても

もう、しばらくはガンプラ作らないだろうな〜と思っていた僕ですが、

たった数秒でその気にさせる、「シャア」というコンテンツ、恐るべし。
(まあ、上に書いた通り、サザビーに行かないところがミソです。とにかく、旬じゃないんだ!)


rg002.jpg
↑↑↑
早速、フレームを組み立て。
2年半振り、ストライクに次いで2回目のRGフレーム。あのとき感じた作り難さもない。
関節は、スポンジヤスリをあて、部分塗装でOKにします。

そして、少しだけカラーバランスをアレンジ。引き締めが必要だと思うところ、足の甲や、ボディ
色分けのコントラストが強い部分も、抑えめに色変更。

マシンガンも好みで、F2用のグレネード付きに変更します。


rg003.jpg
↑↑↑
引き続き、ランナー状態でスミ入れを。(スミ入れブラックを使用)
パーツが小さく、ディテールも細かいので、スミ入れ〜付属のミニブラシではなく、細筆を使った
方がやりやすい。

乾燥したら、そのまま1パーツづつ仕上げていきます。
400番〜、最後はスポンジヤスリでの1000番で終了。
特殊なRGならではの、一石二鳥。
〜これはもう塗らないから、いいの!^^

rg004.jpg

さあ〜、装甲を組み上げていこう。

久しぶりに、ガンプラでワクワク^^


posted by アイスオーレ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | RG リアルグレード