2014年03月23日

木製ベースと真鍮ネームプレート

おはようございます。

昨日は「関西仮組」3月度の製作会と飲み会でした。
みなさま、今回も遊んでいただきありがとうございました^^
たまには写真をUP。

karigumioff.jpg

久しぶりに作品が揃いました・・・・って、画像チッサイ!
ということで結局、今日も仮組メンバーみなさまのブログをご参照ください。。。
↓↓↓
ツヨさんのブログ

くにおさんのブログ


さて、
完成しましたRG量産型ザクと、レイダース・ジオラマをUPする前に、今日は木製ベースと
ネームプレートについてです。

「ランドスケープ〜」を参考に、近所のホームセンターで購入したのがこの「オイルステイン」
↓↓↓
os.jpg

木工作品などに塗る「ニス」は、木目表面をツヤとともにコーティングするものですが、これは
木に「染み込む」顔料です。
シロウトなので、色味は本の薦めるまま「マホガニー」を購入。
しかもここに売っていたのは「水性」だったので、全くニオわないスグレモノです。

これを、100均フレームの木製部分に2〜3回塗りますと、
(これは裏側です。キタなくてスミマセン^^;)
↓↓↓
base0.jpg

このような風合いに変わりますので、一晩乾かします。
↓↓↓
base1.jpg


そして、
木製のベースを選ぶと、やはりつけたくなるのが作品の「ネームプレート」
作り方を検索しましたので、実践してみました。

plate.jpg
↑↑↑
東急ハンズで購入した、真鍮板(5mm厚)を使います。
ちょっと分厚い感じで加工が心配でしたが、あまりペラペラなのもイヤなのでがんばってみました。

でも最初は・・・・30分くらいPカッターでけがいててのですが、疲れて最後に焦って、案の定
失敗(笑)
そして気づいたのが、片面だけじゃなく、両面を交互にけがけばいいということ。
慎重に削っていくと、ゆ〜っくりプラ板を割る要領でパチン、と割れます。
(今度は10分ほど!)
最後にけがいた「辺」をヤスって完了です。


続いて文字はPCから、インクジェット用の透明シールに印刷します。
↓↓↓
insatu.jpg
↑↑↑
こちらもハンズにて。
印刷面を保護シールで覆うタイプだったので安心。

name.jpg
↑↑↑
気泡に気を付けて貼り、初めての「真鍮ネームプレート」完成!

・・・もうちょっと、テープの幅を気にした方がいいね。
(でも、最初にしてはよくやった!自画自賛)
ちなみに今回は、プレートの幅が1.2cmだったので、もう少し幅を広くすれば、もっといろいろ
デザイン出来るかも。


nameplate.JPG
↑↑↑
先ほどの、オイルステインを塗ったベースの木目部分。
エッジをメインにヤスって少々「使い古し感」を出します。
プレートを貼るとこんな感じ!

matrixplate.jpg
↑↑↑
「マトリックス」にも貼ってみた。
まあまあだけど、無いよりマシかな。でもやっぱり、木目の上にこそ、合う感じがする。

mpplate.jpg
↑↑↑
ちなみに今日のコレは、主にAFV用に作った撮影用簡易ベースです。
まんま、イーゼルっぽいけどね。
(乗ってるのは、昨日の製作会で組み立てた1/35・ワッパです)

本来、木製の展示ベースには、もう少し高さがあったほうがいいのですが・・・

まあ、これはこれでOK^^

posted by アイスオーレ at 11:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 情景模型製作

2013年12月14日

−暗き、深淵からの刺客。

みなさま、こんにちは^^

先月のモデラーズエキスポ以来、気になって仕方なかった「水情景モノ」
初挑戦ながら、なんとか仕上がりました・・・

zg10.jpg

−「暗き、深淵からの刺客。」

透ける海、光が乱反射する海面、泡立つ波、波頭とのコントラスト、
そしてより深みが感じられる海中・・・・

正直、試行錯誤に終始しましたので、我ながら自信満々に「出来たー!」と言えるほどではありません
が・・・
まあ、1回目にしてはがんばった!と自画自賛しなくもない(ヤヤコシイ!^^;)


zg02.jpg

zg03.jpg

zg04.jpg

zg05.jpg

ハイドロジェット噴射のドボドボ感(笑)
噴射口にプラパイプを繋ぎ、紙粘土をRを付けて巻きつけ、乾燥後にアクリルガッシュ(白)+メディウム
を塗り、ヘラで流れをなぞります。
その上にメディウムのみを直塗りして光沢を出し、グレーでエナメルスミ入れ、拭き取るとこんな感じ^^

zg06.jpg

zg07.jpg

zg09.jpg

zg01.jpg
↑↑↑
肝心のズゴックは、海の色とモノアイ電飾が映えるように、コントラストを下げ、かなりロービジな
カラーにしました。
電飾以外では、全身に整流版ぽいのと、ワキ内部のディテールを追加したくらいです。
頭頂周辺以外はツヤコートし、前・下側の面には水滴を加えました。




zgd01.jpg
↑↑↑
透明ネンド「すけるくん」

乾燥後は半透明になる樹脂ねんどです。
「海」自体はこれでカタチ作りましたが・・・使い方間違ってました。
これは本来、もっと小さく、もしくは薄く伸ばして使用するものでした。(薄くするほど、透明に近くなる)
なのに紙ねんどの要領で、いきなり分厚く使ってしまったので、結果バキバキにひび割れ、縮み、何回も
修正し、投げ出しそうになりました^^;

結局、数回ひびに補てんしつつ、なんとか完成に至りましたが、冒頭にも書いた通り、挫折の連続で(笑)
完成さえ怪しかったので、途中画像もなく・・・・なのでまたいずれ、第二弾でハウツーっぽい記事が書け
たらなあ、と思っております。

zgd02.jpg
↑↑↑
ヘビージェルメディウム

「メディウム」は本来、絵を描く前に、キャンバスに塗布するもののようです。サフみたいなものですね。
そのままで塗ると透明に、アクリルガッシュや水性塗料など加えるものによって、半透明、もしくはツヤ
消し状態で乾燥します。

水面や泡の表面、波頭の先端、さらには水滴まで、水モノ情景には欠かせないアイテムです。
このメディウムもいろいろタイプがあるようなので、おいおい試そうと思います。



今回の「荒れた海の情景」、
WEB上の模型ブログや、MGバックナンバーを調べながらも、やはり実際に製作しないと分からない
ことも多かったのですが・・・それゆえに熱中してしまいました。
こういった「空間の広がり」を造形すること、新ジャンルにトライすることって、やっぱ楽しい!
・・と、改めて思いました。

^^v☆
posted by アイスオーレ at 15:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 情景模型製作