2017年01月09日

「君の名は」

昨年の夏(シン・ゴジラ)以降観に行った映画といえば、

「グランドイリュージョン2」
「スタートレック・ビヨンド」
そして「ローグワン」・・・
あ、あと「ゼーガペインADP」も観に行ったな。
しかし、ほぼSFじゃねえか。けど仕方ない、SF面白いんだから。

今年からはツヨさんみたいに、映画の記事も書こうかしら。

そして年末年始、候補に挙がってたのは
「ローグワン」「ファンタスティックビースト」「君の名は」「この世界の片隅に」・・
だったんだけど、僕的には真っ先に「ローグワン」を観れたので、あとの3作はあまり調べること
もなく(これらは主に奥さん候補。)、「君の名は」も事前情報ナシで観に行った。

せいぜい、オードリーが
春日 「ぜんぜんぜん!ぜんぜんぜん!ぜんぜんぜんぜんぜんぜんせ!」
若林 「三三七拍子じゃねえか!」
って言ってたのを聞いたくらい(いや、情報ですらない^^;)。

ということで



kiminonaha_large.jpg
↑↑↑
思えばこれ、昨年8月末から上映してんのね。(観に行った劇場ではシン・ゴジラもいまだ
掛かってる!2016邦画は大ヒットだ)
4ヶ月以上経ってるからもう大丈夫かと思うけど・・・・
一応、ネタバレを含む記事なので、未見でこれから観に行こうという方はここまででサヨウナラ。







感想としては、とても面白かった。良かった。
ちゃんと「SF」してた。

全編で RADWIMPS の曲が流れる、というのも新鮮だった。
80's洋楽サントラ(オサーン)世代としては、劇中ではいろんなアーティストが歌ってる
のが普通、という感覚があるので。
でも不思議と「またか」という感じはなく、逆に作品のイメージと統一されて、まとまった
感じがして素晴らしかった^^

そして背景画が、とても美しかった。「狼こども〜」のときも思ったけれど、モチーフに
なった景色があるとはいえ、最近のアニメの背景は非常に美しく描かれている物が多いと
思う。
ティアマト彗星も、脅威ではあるがとても美しく描かれていた。


さて、


比較的都会に住んでると、そんな美しい飛騨の風景に憧れたりもするけれど、それが逆だと
やはり雑多な、ゴチャッとした、息苦しい都会にさえ憧れてしまうものなのだろう。
そんな「(彼ら曰く)なにもない」飛騨に住む若者(たち)が
「こんな人生はいやだー!(だったか?)」と叫ぶ気持ちに始まって、最後は非常事態とはいえ、
発電所を爆破してしまうという展開も、それぞれの環境や境遇に対してつのっていた不満を思えば、
自然な流れだろう。(・・・まあ、多少の強引さはエンタメ作品なので^^)
そんなティーンエイジの若いエネルギーがメインで進む物語なのだから。


最初、タキがミツハに入れ替わったあとの繋がりがちょっと?に感じたが・・・
(ミツハバージョンのナヨナヨしたタキが可笑しかったー^^)

20160925025643.png

「・・・おれ(私)たちは、夢のなかで、入れ替わってるー!?(〜前前前世か〜ら♪)」
辺りからの展開が非常にテンポ良く進んだ。
面白い。
まあ確かに、もう少し早めに連絡取ろうとすればいいのに・・・とちょっとよぎったが、
このあたりから物語は核心に向かっていくので、そんなことに構ってはいられない!



3年というタイムラグ、そして時空を結ぶ「組み紐」というアイテム、いいなあ。
ありがちとか言うんじゃないよ。分かりやすさが肝心だから。

news_161014.jpg

そして、たそかれ「誰そ彼」どき(かたわれ時)、時空を越えて、ふたりはとうとう対面する。
最高じゃねえか!^^

すれ違うたびに、かすかに聴こえる鈴の音。そして日が落ち、お互いの姿が見える。
もう居ないはずのミツハの姿が・・・この描写がすごくよかった。



640.jpg

「・・・あんたいま、夢を見とるが?」

しかし「かたわれ時」は数秒のことで、その記憶は毎朝目覚めた時、夢の内容がスーッと消えて
いくように失われていく。
この、消えていくときの悲しい感じの描写、声の演技、切ないよねー、よかったわー。


「忘れたくないひと、忘れたくなかったひと、忘れちゃダメなひと、君の名前は・・・名前は〜!」


・・・だったらちゃんと名前書いとかんかい!と、ミツハがこけたとき思ったんだけど、きっと
名前を書いてたら、手のひらの字も記憶とともに消えていたんだろうな。
そして「あの言葉」を書いたからこそ、ミツハも何年経っても忘れられず、あのエンディングに
向かうのだ。


この作品、若い人たちがリピーターというのもいい。
こういうカタチの、心が動く感覚を受け入れてくれてるのが非常に頼もしい。未来は明るい!
アラ探しばかりするように「どこかで見たことある描写」を必死に見つけようとする僕らのような
オッサン世代(笑)は、ほっといていいんだ。

2017年、ホント良い映画でスタートできたのが嬉しい。
青春SFムービー。最高だぜ^^


「・・・言おうと思ったんだ。おまえが世界のどこにいても、必ず会いに行くって!」




ああ、書いてたらまた観たくなってきた^^;

そうそう、
今月、急に東京へ行く用事が出来たので、合間に四谷の須賀神社へ行ってみようかといま真剣に
思っている^^; 聖地巡りか・・・京都駅以来だ。

sp_main_vsl02.jpg
↑↑↑
服装が違うの!

ホンマに行けたら、写真UPします^^

posted by アイスオーレ at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年10月31日

「ザ・フラッシュ」

夜中に放送していた海外ドラマ「ザ・フラッシュ」のシーズン1を観終えた。

CO_sWPSUAAA9Zfi.jpg

僕は海外ドラマはもとより、日本のドラマやアニメ作品を通して観ることがなかなかない。
途中で面白く無くなったりはあるけれど、たいていは見続ける根性がないのだ(笑)

でも、このフラッシュは面白かった〜^^

内容の前になぜこのドラマに注目したかと言うと、ゲスト俳優がアイスオーレ目線でかなり
充実していたからだ。
ほとんどが敵の役なんだけれど、


まずは「プリズンブレイク」のマイケルとリンカーンがふたりとも!
この時は兄弟だったけど、今回は犯罪のパートナー。しかも吹き替えの声まで一緒なんだから
(最近はみんなそうなのかな?)見ていて嬉し楽しかった^^

それと1話だけあの「ティーバッグ(吹き替えはもちろんアナゴさん)」まで出てるんだけど、
tbag.jpg
↑↑↑恐いって!
今回も当然のごとく犯罪者役だった^^;あのイメージは強烈だ。
(たしかプリズンブレイクは3くらいまで観た気がする・・)


続いて映画「スターシップトルーパーズ」でリコ達を鍛える鬼軍曹・ズイムが、
zuim.png
虐待ゴリラに操られるウェイド大将役で。
これ、個人的に最大のツボだったんだけど、まあマイナーだよね^^;


そして何と言っても、マーク・ハミルも終盤に登場。
しかも彼に「私がおまえの父親だ!」なんてセリフを言わせるんだもの。
tricks.jpg
原語で聞いたらちゃんとあの感じで「アーイ、アムユアファーザー!」ってちゃんと言ってる。
もうスタッフやるよねー、って感じで楽しかった。

マーク・ハミルは、90年代の「フラッシュ」ドラマ化のときにも同じ役で出ていたようだ。
同じく、現フラッシュの父親役を、当時のフラッシュだった役者さんが演じているのも
面白い。


味方役では「スーパーマン・リターンズ」のブランドン・ラウスも出て来る。
個人的にはムキムキ・マンオブスティールよりもこちらのクラーク・ケントが好きだったな〜^^
彼はこの世界でも好青年だった。確かに悪役が難しそうだけどね。


とまあ、

僕のつたない知識だけでもこういう感じで楽しんだんだけど、それよりもやはり、
主人公のバリーが「まじめ」なのがよかった。
同じ世界のアローもちょくちょく出て来たりして、最近はダークヒーローが定着しているけど、
そんななかでやっぱりバリーはまじめ! 周囲にもいっぱい気を遣う。
1回、アローのように悪役を利用しようとするんだけど大失敗。
もう、すごく反省するの^^ 気に入った。
(でもこういう役柄だと、なんか現実でスキャンダルあったときにめっちゃ叩かれそう)

あと、育ての父ジョーと、刑務所に居る実の父が、ともに日となり影となり、バリーを支え
続ける姿がとてもいい。
しかしヒロイン役のアイリスは、どうもパッとしなかった。なんでバリーはこんな娘を好きに
なったんだろう?とも思うくらいだ。
まあ幼馴染っていうのはこんなもんかもね^^
対して、スター・ラボのケイトリンとシスコは超・天才&いいやつら。
フラッシュを助ける発明品を出すカットは、すべてドラえもんの手にしてやりたいくらいだ。
(称賛)


で、最後は過去に戻って大団円か!と思ったらまた特異点が出てきて大きく風呂敷を広げる
シーズンエンドだった。

ほらきたよ。

もう分かっているんだ。海外ドラマはたいがいシーズンが終わるたびに、そんな危機的状況や
さらなる謎を持ってくることを。
これまでいくらツタヤにお布施したことか!

だからつづきはまたいつか、TV放送のときまで待とうと思う。

「ただ(めっちゃ)速く走れるだけ」のヒーロー、だからこそ、じゅうぶん楽しかったよ!

ef668fd4.jpg



posted by アイスオーレ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年10月26日

まさかの ”GAMERA”


ガメラ生誕50周年記念映像 「GAMERA」

GAMERAsBACK.jpg
↑↑↑
なんということだろう・・・、
いまになって、新しい「ガメラ」の(予告編風)映像が見られるとは!!
世界観は「ガメラ3」の後っぽい。でもこの「甲羅」のシルエットには、明らかに「トト」
の面影が・・・!
いったいなんだ!
なんなんだ、これは!!


≪ 以下、WEBより ≫


「リメイク版である平成三部作の最終作『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』からは16年、
 シリーズの外伝的な映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』からも10年近い時が経って
 しまっている」

「ガメラ生誕50周年記念映像、ということで作られた「GAMERA」を短く編集した30秒
 バージョンがYouTubeで公開されています。短いながらも見せ場のあるシーンがてんこ
 盛りで、子どもを救うためギャオスによって父親(宮藤官九郎)が一瞬で食べられる
 シーンもあります」

「なお、監督は石井克人となっており、第28回 東京国際映画祭(TIFF) 日本映画クラシックス
 部門上映作品として、ガメラ生誕50周年記念スペシャル映像が、初上映予定、
 
 さらに『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967)デジタル・リマスター版、
 『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)4Kデジタル・復元版、
 『ガメラ2 レギオン襲来』(1996)4Kデジタル・復元版、
 『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』(1999)4Kデジタル・復元版も上映されるとの
 ことです」


・・・・・・・・・・・・・


あのガメラが帰って来る。昨年夏のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の公開が近づいた
あたりで、そんな噂が流れていたが、ついに現実のものとなった。

gamera2015.jpg

今月8日に行われた「ニューヨーク・コミコン2015」で、4分ほどの新映像「GAMERA」
が突然、公開された。
11月27日に生誕50年を迎える「GAMERA新プロジェクト」の一環で、
映画「鮫肌男と桃尻娘」の監督でもあり、CMやアニメも手掛ける石井克人氏がメガホンを
取った。
このコミコンで石井氏は、長編映画について「十分にありえる」と明言。
公開時期についても「来年か、再来年」とした。
関係者によると、当初はそこまで触れるつもりはなかったようだが思わすポロリ。ファンに
とってはたまらないビッグサプライズとなった。
新しい地球の守護神の誕生に、コミコンの映像公開に合わせてツイッター上には
「待ってました!」と大歓迎のメッセージが並んだ。

「ガメラ生誕50周年」ウェブサイトで見られる30秒間のショートバージョンの映像は、
ギャオスの群れが東京の街を破壊しているシーンから始まる。
宮藤官九郎演じる父親とともに逃げる少年。父親はギャオスに食われる。子供を守るため、
立ちはだかるガメラ。CGで描かれた分厚く巨大な甲羅が画面を覆い尽くす。

周辺取材によると、石井氏は1年ほど前からプロジェクトに参加。ガメラを手掛けるに当たっ
て、過去作品を見直すなど、もう一度、「ガメラとは何か」をおさらいしたという。
新映像には一瞬、4足歩行らしき巨大な新怪獣の姿が映し出される。既に細かく怪獣の設定に
ついては作りこまれているようで、どのような闘いを繰り広げるのか、今から待ち遠しい。
プロジェクトではアニメやゲームなどとの連動も視野に入れており、新たなうねりも生まれ
そうだ。

1995年に「ガメラ・大怪獣空中決戦」から始まった「平成ガメラシリーズ3部作」は、日本特撮の
集大成ともいえる傑作である。
それまでの怪獣映画と違い、徹底的に人間の視線から見た怪獣の姿にこだわって撮影。怪獣が
現れた時に、街や人間はどうなるのか、を描いている。
巨大ロボットと“KAIJU”の闘いを描いたハリウッド映画「パシフィック・リム」や昨年の
「GODZILLA ゴジラ」もこの手法を参考にしているように思われる。

「GAMERAプロジェクト」が大きく動くかどうかは、あとはスポンサー企業次第か。昨年、全世界で
570億円以上の興行収入をあげた「GODZILLA ゴジラ」は今後、「ゴジラ2」に「ゴジラVSコング」
もスタンバイしている。
ちなみにハリウッド版「ゴジラ」に出てきた、オスメスセットの空飛ぶ怪獣「MUTO」は、ガメラの宿敵
ギャオスへのオマージュかと思うほど似ていた。
来年には本家日本の「シン・ゴジラ」も庵野秀明監督で復活する。ブームはそこまで来ているし、
海外の製作プロダクションも怪獣は“お金”になると見ている。

ゴジラとは違い、ジェット噴射で空を飛ぶガメラは、子供の味方であるという独自の設定もある。
ハリウッドでリブートしても確実に面白いものができるはず。
子供はもちろんのこと大人まで楽しめる特撮映画。クールジャパンの秘密兵器は世界で通用
する。(記者コラム)

・・・・・・・・・・・・・


ん?クールジャパン??
ハリウッドゴジラ続編?はさておき、
(ワリとどうでもいい)

これはどうやら、「新作映画の予告編」ということではなく、あくまでも「記念映像」
ということ。
しかしながらこれは、
「パシフィック・リム」や渡辺兼のハリウッド「ゴジラ」(そして2016年の庵野監督
「シン・ゴジラ」)、という流れの中での、

「・・・今度、こういうガメラ映画を作ろうと思うんだけど、どうだろうか?」

という、カドカワからの明らかなエクスキューズ!!
僕の中ではこの映像を見たとたん、もう、

うお〜〜!ガメラだ、ガメラだ、ガメラだ!!✕10 (平成版ね)

となってしまった。
なので、もしも新作映画化が叶うなら

もちろん、映画館に観に行く!(複数回)
リリースされるなら、「平成ガメラトリロジー・4K版」BDも買う!
もう一度、JR京都駅まで行く!(それはいい)

近年は、各種の戦闘、暴力、破壊、災害、アクション映画はもとより、先のハリウッド
ゴジラにもまったく興味が持てなくなってたけど・・・
やはり「平成ガメラ」はオレの中でまだ燻っていたんだ・・・!と熱く知った!
思い出した!
トリロジーBDも引っ張り出してきた!


ああ、もう!

こんなの見せつけといて、やっぱヤメ〜、とかは絶対に許さない!

「わたしはガメラを許さない!」 いや、カドカワを許さない!

hirasaka.jpg

来年か再来年か・・・・!

生きていると、意外な方向から、忘れかけたものや、けっこうたくさんのワクワクのもとが訪れる
もんだ。


posted by アイスオーレ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画