2016年11月15日

1/100 グレイズ指揮官機

先日のモデフェスにて、展示させてもらった「グレイズ指揮官機」

gr2.jpg

gr5.jpg

gr7.jpg
↑↑↑
夏のマスターグレード同様、表面処理したプラにウエザリングカラーを塗り、一日乾かして
スポンジヤスリで軽くヤスって仕上げてます。
多少ハゲチョロ足してもよかったかもねー。


gr4.jpg
↑↑↑
今回は鉄血MSなので、フレームは多少塗り分けてみた。

gr6.jpg
↑↑↑
相変わらず「地」は成形色だけど、そこそこ雰囲気は出てるかな?
いろプラも捨てたもんじゃない!なんてね。

gr8.jpg
↑↑↑
戦闘態勢!手首を変えるだけでもイメージ変わるよねー(と思っている^^;)
キットの手首はちょっとおとなしい感じなので。

gr1.jpg
↑↑↑
モデフェス当日の展示はこんな感じで。
本体は「改修」せず、別のアイテムに頼るのがセオリーになってきた・・・^^;

gr3.jpg
↑↑↑
「ギャラルホルンカー」と「ギャラルホルンのひと」の役は、ハセガワの1/72グランド
クルーセットから。

1/100 ⇐⇒ 1/72 、多少オーバースケールだけど、遠近感を使えばけっこう使える
ような。


いまは2期が熱いオルフェンズ、なんかまた鉄血MSも作ろうかしらん。

posted by アイスオーレ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年12月10日

HGグレイズ(&改)2

「HGグレイズ」は「HGグレイズ・改」のパーツをコンバートして即席で「グレイズ・改」となり、
それによって「HGグレイズ・改」のキットは「HGグレイズ」から外したパーツを使って
「グレイズ・指揮官機」となった。
ややこしい。

gz101.jpg

gz102.jpg
↑↑↑
ということで、「斧」も2本目を追加。
それとふくらはぎの合わせ目や、湯口白化の目立つパーツは結局塗装した。
とはいえ、いまだ「部分塗装」だけど(全塗装する気はない!)

やっぱり、いつまでも「未完成」なのかもしれない。

そしてお次は「グレイズ・改」
MSオプションセットを使った「いさなとり」バージョン + 2丁めのライフル。

gz201.jpg

gz202.jpg
↑↑↑
こちらも結局「グレイズ」同様部分塗装したけれど、さらに細かい宇宙デブリによる表面のキズも
付けてみた。
武器類は換装したばかりでまだ無傷(ということに)
最近はガンプラにデカールを貼らないようになったけど、武器くらいにはマーキングあって
いいかも。

gz203.jpg
↑↑↑
バズーカかっちょいいよね。
やはり劇中描写が熱いと、製作の気分も盛り上がる。

gz204.jpg

まだ「地上用ブースター・ユニット」も作っていないので、またグレイズの記事はUPする
ことになりそう。

とはいえ正直、

最近は自分の中でやや失速気味のオルフェンズプラモ製作。(もちろん、もうヤメということではなく)
今週もいろいろリリースされるけど、どうなることやら。

gr8.jpg


さあ、スーパーホーネット製作に戻ろう。

posted by アイスオーレ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年12月02日

HG ガンダム・バルバトス 3

さて、本編では鉄華団がテイワズに参入、
バルバトスも本格的に改修され、いよいよ第4形態&太刀・・・という展開を迎え、
ウチの(HGABO)バルバトスも、プチリペイント。

gbb01.jpg

gbb02.jpg

gbb03.jpg

gbb04.jpg
↑↑↑
どこが?って感じだけど、

エンブレムを濃いめでクッキリと、
スカイグレー他でちょい挿し色を追加、
スジ彫りもちょい濃いめに、全体的にコントラストをUP。。。。。

主に成形色のパーツ部位なので、塗る⇒ハミでる⇒乾燥したらスポンジヤスリ、と
ラクチン作業。
あとは、足首がすぐ上に反るのでストッパーを足の甲にはめてみた。


あと、結局コレも塗り直した。

sgg1.jpg
↑↑↑
相変わらず近似色だけど、まあこれで満足!


「バルバトス」
いよいよ300年前の姿を復元、第4形態で登場しそうだけど、このタイミングで発売される
1/100キットにはメイスが付属しない。
ということは、ここから格闘用の武装がメイスから「太刀(仮名)」に代わるということ?
メイス、カッコよかったな。
意外と長いコト使われたし。

いつか発売されるであろうMG(個人的にはRGでなく)には、スペアの左腕まるまる、
グレイズの肩パーツ、全武装を付属してもらいたい。


さて、この12月もオルフェンズ模型の発売ラッシュが続く。
今週は本編に「マンロディ」も出て来るようでワクワクだが、もう1/100は、ひとまず作って
られない!いっぺんにいろいろ発売しすぎだよ。。。。。
鉄は熱いうちに打て、で嬉しいけどね^^

イサリビやハンマーヘッドもキット化してほしいけど、需要は少ないだろうなあ。
ではまた。

gr8.jpg



posted by アイスオーレ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年11月13日

HG シュヴァルベ・グレイズ(ガエリオ機)、グレイズ「改」

sg2.jpg

「モデフェス」まであと1週間、
正直いまはグレイズの撮影とかしてる場合じゃないんだけれど、、、、、
明日にはHG百錬・百里の発売、そして日曜には同MSが登場しそうなオルフェンズの放送
が迫っているので、もうやらずにはいられない!

ということで、今回は2機を同時にUP。

sg3.jpg
↑↑↑
「HGシュヴァルベ・グレイズ」購入前に「MSオプションセット」にあったこの「専用ランス」
を先に仕上げていたので、初めから「ガエリオ機」に仕上げる予定だったんだけど・・・

sg4.jpg
↑↑↑
初期に公開された画稿を参考に塗装してみたら、TVで動いてるヤツと明らかに色が
違ーう!
最初はこんな、パープル/ラベンダーなイメージだったのに。。。。。
(それでも近似色だったけどね)

だから一瞬塗りなおそうかとも思ったんだけど、単体で見るとこれはこれでカッコよく
見えてきた。(後日HJ掲載作例を発見、それもまさにこんな感じだったし!)
なのでいったん、まあいいか、、、、ということに。

だいたい基本的には、部分塗装で仕上げていきたい、と思っているのに、今回は装甲を
全部塗装したうえ、さらに塗り直しなんて・・・



アリエナイ!!!(というのもあるかな^^;)



sg5.jpg

「・・・火星人はっ!、火星にぃ!還れええええ〜!!!!」
のシーン。


sg1.jpg

sg6.jpg
↑↑↑
量産型と違って、ヒロイックな見栄切りポーズがビシッと決まってカッコイイ!!
(量産型は、無骨さがいい)

こういうポージングは腰のひねりがキモなので、腰の接続軸を少々伸ばし、干渉しないよう
サイドアーマーの後端も削ってみた(あまり目立たない箇所だしね)

続く「改」のこともあり、なんかもう、バルバトス以降はグレイズばっかりやないか〜!とも
思ってたんだけど、ここまでイメージが異なると、一概にそう悪いわけでもない。

別の作品だったら、主役級のマシンっぽく見えなくもないし。
なので改めてマクギリス機も作りたくなるけど、明らかに放送に追いつけないのでそれは
またいつの日か。



↓↓↓ それはそうと、今後登場予定の「ガンダム・キマリス」だけど、
gkz.jpg

どう見てもこれ、ガエリオが乗る機体だよね。
色の感じもそうだし、武器はランスだし。

とにかく、そのときはこの「キマリス」を、今回の色味で塗装すれば違和感もなくなる、
ということで。
「HGシュヴァルベ・グレイズ、ガエリオ機」は、これで完結!かな。
果たして・・・


お次は「HGグレイズ・改」
gk01.jpg
↑↑↑
バックパックに新たに換装されたノズルの存在感が、最も大きい気が。単発のノズルって
魅力的!イメージもずいぶん変わるもんだ。

gk02.jpg
↑↑↑
キットは物語の展開と同様、前に仕上げたグレイズのパーツを交換するだけで完成
とする!
換装パーツは白いので、スポンジヤスリ、スミ入れで完了。

「VF−1A」のような頭部、カメラ部分も今回はそのままシールを使った。
クリアジェルを乗せたらもっといい感じになるかな。

gk03.jpg
↑↑↑
ということで、追加パーツ以外の本体も仮組み。
今回はツノ付けバージョン。せっかくなので「宇宙用」に塗装しても良さそうだ。

ホント、3種とも予想以上に違うイメージになるのが楽しい。最新キットなのでパーツ
精度も組み立ても、もちろん文句なし!まさにストレスフリー。
(模型製作としての、「いいストレス」はスケモで楽しんでるので)

一応「MSオプションセット2」も組み始めているので、いずれまたグレイズ改の記事に
追記して行こうと思う。
もうちょっとアクションポーズも撮影したいしね。

約ひと月、この「グレイズ」シリーズで存分に楽しませてもらった。
では一旦、

ありがとう、グレイズ!
ありがとう、磐梯さん!

ではまた。
gr8.jpg


posted by アイスオーレ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年10月23日

HG ガンダム・バルバトス 2

今回は「MSオプションセット」を用いた「HGバルバトス」の2回目。

bb8.jpg
↑↑↑
このパッケージは武器だけじゃなく車両(MW)も付属するので、単体ではなかなか
分かりにくい「MSの大きさ」が感じられていい。
そういう方向にも想像を「拡張できる」キットは、面白いと思う。
価格も抑えめだし、今後もなにかと揃えてしまいそうな気も。

bbtsx1.jpg

そのモビルワーカーに合わせて、結局バルバトスの脚元等も薄っすら
汚すことに。

bb1.jpg
↑↑↑
まずは、キャノンを抱えたバルバトス。
グリップは右腕用のみだけど、脇に抱え込むとけっこう安定する。

OPではグレイズの肩をリペイントした状態で撃ってたけど、ということはもう早々に
宇宙へ上がるのか?(5話でもう上がるみたいだね)
それとも「第4形態」に戻るのは、もう少し先のことになるのかどうか。。。。

bb2.jpg
↑↑↑
グレイズ用シールドも付けてみた。3話で破壊してたけどね。
(「太刀」も、登場はまだまだなのだろうか。。。。)
ともあれ、
未登場のうちにあれこれキット内容が揃う「いまの時代」って、改めてスゴイと思う。
なんとも贅沢だ。

bb4.jpg
↑↑↑
メイスも、はやばや叩き折られてしまったけれどもう一度。
ついでに今回は「初期版左腕」も仕上げてみた。

bb5.jpg
↑↑↑
グレイズの肩アーマーを乗せると、劇中の「とりあえず感」が出てなかなかいい。
とはいえ、元の丸いアーマーよりもやや弱い感じ。。。。
しかしこれも演出の狙い目なんだろうね。

さて、拡張と言えば、年末(発売予定)の「ブースター仕様」は、どんな
キットになるのかな?
物語の進展とともに、こちらもいまから楽しみなんだけど、そのまえに11月の
「グレイズ改」&「武器セット2」、「百錬」&「百里」発売と、、、、、
とくに後者はいっぺんに仕上げるとするとタイヘンそうだ。
まあ、これも嬉しい悲鳴か。

ということで、永遠の未完成・「HGバルバトス」2回目記事は一旦終わり!

ではまた。
gr8.jpg

posted by アイスオーレ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年10月22日

CGSモビルワーカーズ

今日のオルフェンズ模型は、「CGSモビルワーカー」

ロボットより、(架空でも)こういうビークル系製作のほうが楽しいこの頃。

mw1a.jpg
↑↑↑
サフを吹いてからボディはサンドイエロー、銃はジャーマングレー&メタリックグレイ。
あとはエナメル塗料で塗り分け。テール&フォグランプは色つきラピーテープを。
ヘッドライトはエナメル白を「ちょん」。

mw2.jpg
↑↑↑
伸ばしランナー(ちょうど艦船製作中なので)でアンテナを追加。
スミ入れブラックでウォッシングしてから、アクリルで溶いたパステル粉(WM・サンド)
でウエザリング。



・・・正味、バルバトスやグレイズより手間かかっとるやないか!(作業内容だけは)



mw3.jpg
↑↑↑
それに合わせて、MSの足元も薄っすらと砂ぼこりを追加中(これもパステル粉)

mw4.jpg
↑↑↑
結局、2台作ったんだけどね。。。。
ちなみに「MSオプションセット1&CGSモビルワーカー」のパッケージは、
オルフェンズHGシリーズ・パッケージの、ちょうど半分の大きさ。
だから、キリよく2箱は買っちゃう。うん。
 
mw5.jpg
↑↑↑
煽りのアングルはこれがギリギリかな〜
MSと並べると、普段はほとんど見下ろす角度からしか見ないからいいでしょう。

このキットも、Eパーツなどを使って作り込んだら面白そうなアイテム。
とはいえ、モノが小振りなので、丁寧に仕上げればそれだけで十分、そこそこいい感じに
見えると思う^^
今回もなるべくお手軽に仕上げたかったんだけど、これは成型が単色なのでどうしても
全塗装になった。(まあ小さいアイテムなので、作業量的には”お手軽”だったけど)

こうなると「オプションセット2」も2個以上買うだろうね^^
さらに「オプションセット3」では、Gホルン側モビルワーカーが入るもというアナウンスも
あったので、今後もさらに楽しみ。


”Raise your flag〜!! ”

bb3.jpg


ではまた。
gr8.jpg

posted by アイスオーレ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年10月20日

HGグレイズ

”Raise your flag〜!! ”

最近ふと口ずさんでしまうのが、このオルフェンズのOPと
ワンパンマンのED(笑)
それにしてもアラヤシキシステムは痛そう〜。。。

今日も「旬」のガンダムネタ、
「鉄血のオルフェンズ」からギャラルホルンの
量産型MS「グレイズ」を。

gr1a.jpg
↑↑↑
こちらもバルバトスのときと同じく、素組みグレイズ(&バルバトス)を
眺めながら日曜の第2話を観る、という贅沢な週末が続いた。
その後1週間〜、ぼちぼちとお手軽仕上げ。

gr2.jpg
↑↑↑
バルバトスのような塗り分けもたいしてなく製作完了。
「量産機はこの色」っていうのが刷り込まれちゃってる。
成形色の薄い緑も、いい色してると思う。

今回もフレームはスミ入れ(Gマーカー)のみ。このシリーズは全部これで
いけるかな。。。。
大部分の「薄い緑」のところは、当ブログではお馴染みのスポンジヤスリでフィニッシュ。
ただ白いプラじゃないので、切り口が多少白く残ってしまったところも。
あとふくらはぎの合わせ目。一応接着して消したけど、そのままなので
見た目ラインが残った(いつか塗装したくなるかも。。。。)

gr3a.jpg
↑↑↑
「濃い緑」はオリーブドラブ。
武器と、背中のスタビライザー裏側はニュートラルグレー。
ノズルはライトグレー。アックスの刃はメタルシルバー。
スミ入れはすべてガンダムマーカー。

ボディフレームの黄色は付属シール。
メインカメラのみ、シール余白部分のシルバーを切って使用。

gr5a.jpg
↑↑↑
シールド(武器セット)は、オリーブドラブとニュートラルグレー
をマスキングして吹き分け。

↓ バックパックを空間戦闘用に交換。
gr2.jpg

gr3.jpg

gr4.jpg

gr5.jpg

メインカメラのシルバー(シール)が光を拾ってキラリと、なかなかいい感じ。
今回も磐梯の最新技術が注ぎ込まれた、文句なしのナイスキットなんだけど唯一、
下あごパーツの曲面に太めの湯口がくるので、ここは慎重にカット&成型した方が
いいかも。
相変わらずフレーム・武器類の「軟質風プラ」も、加工しやすくてナイスだった。

さて、
ランス(武器セット)は仕上げてあるので、すでに次の「シュヴァルベG」を仮組み
したんだけど、これがめちゃめちゃカッコエエ!
正直いまのラインナップ、放送順だから仕方ないけど 量産型、S型(?)、そして
お次は「改」と、グレイズばっかりやないか。


・・・飽きるわ!


と思ってたんだけど意外や意外、
「シュバルベ〜」のヒロイックさは、量産型の無骨さとはまったく別物と言っていい。
まるでアクションフィギュアの様。

まあ、なんだかんだ言っても、作りやすいグレイズ、1/100も含めて(さらに1/100
シュバルベのアナウンスも!)ひととおり作りそうな気がする。



ということで今回も(というか今後も)「オルフェンズ・部分塗装仕上げ記事」だけど、
あれこれポージングとって楽しむのならば、塗装ナシもまた「王道」かと。

bb7.jpg

ではまた。
gr8.jpg

posted by アイスオーレ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ

2015年10月10日

HG ガンダム・バルバトス

「・・・天使(エクシア)は空から現れて、 悪魔(バルバトス)は地下から現れる」

そうか、なるほどな。
うまいことやるなあ。

今日はホント久々に、「旬」のガンダムネタを。

bb1.jpg
↑↑↑
先週土曜に早速購入して組み立て、その素組みバルバトスを眺めながら日曜の第1話を
観る、という贅沢な週末だった^^
丸まったエッジをちょっと尖らせ気味にしただけで、組み立ては完了。
今週はぼちぼち仕上げ作業。お手軽だ。
(というか、ももの装甲が左右逆!)


bb2.jpg
↑↑↑
ようやく塗り分けも終わり一旦「第4形態」が完成。

フレームはそのまま。
大部分の白いところと黄色パーツはスポンジヤスリでフィニッシュ。
青いところはブリリアントブルー。各部塗り分けはエナメル塗料。
パネルラインとエンブレム(ぽいの)はガンダムマーカー。
メイスと太刀はガンメタル。

「RG」なんかもそうだけど、ヤスった表面の方が単にツヤ消しクリア仕上げ(いわゆる
カンタンフィニッシュ)するよりもいい雰囲気に仕上がると思う。それと色の濃い部分だけ
はキッチリ塗ると、チープさも減るような気がする。(個人的見解)

bb3.jpg
↑↑↑
このサイズだと、ツインアイも付属シールを使っちゃう。
あと、このキットは武器も関節と同じ軟質なプラだったんだけど、これがけっこうヤスれて整形
できたのが意外だった。
素材もどんどん進化してるんだねぇ。やっぱりバンダイはスゴイな。

bb4.jpg
↑↑↑
たぶんこの「第4形態(300年前の姿の復元)」が登場する頃は、メイスは使ってなさそう
な気がする。
キットは第1、第4形態が再現出来るんだけど、たぶん第2、3形態はグレイズの肩パーツや
武器セット等を使って再現するんだろうな。
年末はブースターが出たりと、まずはこのバルバトスを仕上げておけば、しばらくあれこれ拡張
させて楽しめそう。ホント、上手いことやるなあ。
(この辺りも、まんまと乗せられそうな気がする^^;)

今回はリアルタイム、「旬」のガンプラを組み立てて、ブログに載せる楽しさを久しぶりに思い
出した。
AGEもレコンギスタも(BFも)プラモそのものは素晴らしいと思うんだけど、今回のような
リアルタイムの「訴求力」を感じなかったから。(個人的にね)

なのでこのオルフェンズは、
自ら、まんまと、「メディアの波」に乗っかって、、、楽しめたらな〜と思う。
しかし同時に、こうなると11月のモデラーズフェスまでが、本当に大変になりそうだけど・・・
ま、そういうのも含めて楽しもう!

ではまた。
gr8.jpg
posted by アイスオーレ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄血のオルフェンズ