2016年12月31日

プロムナード2016(キャラクターキット編)

2015年はスケールモデル中心だったけど、今年はキャラキットにも興味が戻り、なかなか
いいバランスで製作することが出来たと思う。


xr013.jpg

bf101.jpg
↑↑↑
年始は「フォースの覚醒」を観に行った影響で、スターウォーズプラモで始まった。


bi07-44533.jpg
↑↑↑
つづいて「怒りのデスロード」を観に行ったおかげで、積んでいたインターセプターも
仕上げることが出来た。
これがきっかけで、いくつかカーモデルも作ることに。



季節は夏へ。



gf21.jpg
↑↑↑
今年夏の大きな記憶は、このグフ2.0、ORIGINガンダム、ガンキャノンの、「MG3部作」
楽しかった〜^^

zg01-60416.jpg
↑↑↑
ジオング(HG)。

vv06.jpg
↑↑↑
ヴァルヴァロも作ったな。「成型色のまま汚す」手法で、ふたたびガンプラ製作がもどってきた
感じ。


秋以降。


ac02.jpg
↑↑↑
アクティヴレイド。楽しく製作できたけど、模型として周囲の認知度はかなり低い。

gr6.jpg
↑↑↑
モデフェス用に仕上げた1/100グレイズ。



そして季節は冬へ。



at4-eece9.jpg
↑↑↑
以前からビークルコレクションのAT−ATで情景を作りたかった、という思いがようやく
実現できた。
模型熱は徐々にSWへ。

f203-1350b.jpg

v7.jpg
↑↑↑
その合間に、夏のやり残しを仕上げていった。
12月は回収月間だ。




bc06.jpg
↑↑↑
そして、徐々に作りためていた「ビークルモデルズ」を楽しみ始める。

st13.jpg
↑↑↑
「ローグワン」を観に行って早々に仕上げたショアトルーパー。
熱いうちに打て!

aw3.jpg
↑↑↑
今年最後は、1/72Aウイングスターファイター。
SW模型に始まり、SW模型に終わった。なんと素晴らしいことだろう。
しかし映画の公開ペースを考えると、しばらくこうなりそうなんだよね。
アメイジング!



最後に、今年のキャラキットMYBESTはコレ!



g6big.jpg

↑↑↑
やっぱりMGオリジンガンダムとガンキャノン。
久しぶりにマスターグレードキットを仕上げられて、ホント嬉し楽しだった^^

思えばボバ・フェットとインターセプター以外は全塗装してない。
「成型色を生かした」製作方法と聞くと一見手抜きっぽいかもだけど^^;せっかくもともとある
プラの色(これもまた、キット内容のひとつ)なんだから、できるなら最大限利用したい。
まあ、あれこれ改造する気がないから出来るんだろうけれど。。。。。
こだわるところもそれぞれですな。


来年はV2とザク2.0作るで〜!


⇒ 2016・スケモの年間総括



今年もありがとう!


2016・アイスオーレ

posted by アイスオーレ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2016年11月12日

モデラーズフェスティバル2016・2日め

気付けばもう、モデフェスから1週間経っちゃった。まあ、そんなもんだよね^^;

ということで、モデフェス1日めのラストで諸々を撤去。
後方のスペースを、明日のために空けておく。

mf10.jpg

mf12.jpg
↑↑↑
レイアウトがちょっとスッキリした。
X・Yウイングはどうしたかというと・・・

mf11.jpg
↑↑↑
ツヨさんのファルコンとともに!
こちらもこれでスケール揃い。この展示もなかなかよいです^^


144展示に戻りますと、

mf13.jpg
↑↑↑
このトムキャットは食玩ではなく、キット(海外)。造形はもちろん、パーツ同士の合い
もお見事。小スケールといえど、かなりいいキットだったので思わずもうひとつ買って
しまったほど。
実際このレベルは、国内メーカーの古い金型キットよりもかなり上。

mf14.jpg
↑↑↑
こちらはエフトイズの半完成キット。しかし一部塗装とマーキングが乱れていたので、
結局全部塗り直し(&合わせ目消しなど表面処理はもちろん)。
造形は良いのでそこそこいい感じに仕上げられたと思うけど、それでもやはりトムのほうが
レベルが高い。海外メーカー侮るなかれ、だね。

mf15.jpg
↑↑↑
これも「大型旅客機」の横に並べたかった、小型リージョナル・エア。
地元・伊丹空港でよく見る機体なので、一緒に展示出来て嬉しかった^^
旅客機というジャンル内でも、用途の違いでこれだけ大きさが違う・・というのが
よく分かる(と思う)



さて、



2日目のメインはやはりコチラでしょう。

クニオさんのド迫力作品、「1/60ザク・マインレイヤー」

mf16.jpg

前日に東京で行われた「千葉しぼり展示会」においての「旧キット王選手権」にて、
ガイアノーツ賞並びに、MAX渡辺賞のダブル受賞してきたんだからスゴイ!

mf17.jpg

受賞を讃えるようかのサムズアップ!
ホントお見事です。素晴らしい!


つづいても関西仮組・著名人メンバー、ムルチさんの1/100グリムゲルデ改め
「グリムカンビ」

mf18.jpg

これまた、ため息が出るほど美しい(ホントですよ、しかも缶スプレー仕上げ!)。
ムルチさんは昨年に続き、今年もガンプラワールドカップ・日本大会決勝のファイナリスト。

来週、おそらく優勝するでしょう!フォースとともに在らんことを^^


・・・・と、いろいろ書いてきましたが、

mf19.jpg
↑↑↑
テッテレー、ぜーんぶドッキリでした!
展示も受賞も、仮組の存在自体がぜーんぶウソ!

・・・とでも言いたげな、ポテト師匠のフレディ。
僕のリクエストで2日目に飾ってもらった。
ザクパーツのヘルメットと、どっきりの「ど」の点々が「★」になっている凝りよう(笑)

今年も楽しいモデラーズフェスティバルでした。
来年もありますように!

チャンチャン。

(終)


posted by アイスオーレ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2016年11月08日

モデラーズフェスティバル2016・1日め

無事終わりました、モデラーズフェスティバル・2016。

詳細はツヨさんのブログで!



mf01.jpg
↑↑↑
今回の、僕の展示スケモのテーマ。
毎回素晴らしいプレートを作っていただけてありがたい^^


mf02.jpg
↑↑↑
今年のサークルテーマ、「鉄血1/100キット祭」これは1日め。
・・・にもかかわらず、真正面に展示しているのが「姫路城」というのがすごくイイ。
こうして見るとかなりシュールかも(いい意味で^^)




そしてなんだかんだ言っても目玉はやはりコレ。

mf03.jpg

mf04.jpg
↑↑↑
ポテト師匠の1/144大作、2機。
もうこれを見に、今年も何人のモデラーが押し寄せたことか。
本当に素晴らしいです。いや、やっぱりそんなありきたりじゃない。実際に目の当たりに
すると、本当に言葉が出ません。。。。

そんなポテト師匠とは
「コンテストや選手権みたいに、期限が決まっているのはイヤ。好きに作らせてくれ!」
という点で意気投合しています^^
しかし、WEB上や表舞台に出てこない凄腕モデラーって、全国にどれくらい居るのだろう?

模型製作には、それぞれのフリーダムがある!



mf07.jpg
↑↑↑
今年は僕も、ガンプラを出展。
夏に作ったMG3部作。成型色でも汚しを施すと、我ながらなかなかの重厚感が出ます。

mf05.jpg
↑↑↑
そしてチーム・アクティヴレイド。
上のMG3機とこれらは、2日目に展示する「真打ち」のための露払いと言いましょうか。
展示は1日めだけで撤収。

それはそうと、「アクティヴレイド」は模型ではマイナーかなあ・・・と思っていたら
「Likoのカラーリングなにこれ」ってツイートされてまして、まあ、一応見てくれたひとは
居たようで。

しかし匿名とは言え、良くも悪くも「書き方」ひとつで、そのひととなりが分かるのも
ツイッターってもんですね。
まあ、アカの他人なので関係ありませんが。


mf08.jpg
↑↑↑
で、僕の今年のメイン展示は、50cmオーバーのボーイング747−8・ルフトハンザ航空と、
その周囲の飛行機群。
ちょっとゴチャゴチャしてもたかな〜、という印象。地上車両は要らなかったかもということで、
2日目はちょっと変えました。


mf06.jpg
↑↑↑
で、同じ144ということで、ツヨさんに展示してもらった航空基地管制塔と、ガンダム&MSベッド。
ともに素晴らしい存在感。ツヨさんにはこの流れのまま、ぜひ飛行機模型も作って欲しいものです^^
まあ、作らないけどね。



mf09.jpg
↑↑↑
最後に、鉄血祭枠で展示したグレイズ指揮官機&ギャラルホルンカー。
「ザ・フォースオブギャラルホルン」というたいそうなタイトルを付けてみた。
これも先のMG同様、成形色を直接汚したもの。フレームは塗り分けたけど、これもいいキット
だったな〜、楽しかった^^

(つづきます)




posted by アイスオーレ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2016年11月04日

明日からの「モデラーズフェスティバル(2016)」について

mf16.jpg

今年も「関西仮組」は、大阪南港ATCで開催される
「モデラーズフェスティバル(2016)」に参加します。

個人的には、昨年はスケモとSWプラモで参加したんだけど、今回はもうちょっと
バリエーションに富むこととなった。



まずは僕の今年のメインテーマ

144t.jpg
↑↑↑
ヒデゾウさんデザインの展示パネル。カッコエエ!

50cm越えの「1/144・ボーイング747−8ルフトハンザ航空」の周囲に、同じく144で
飛行機やMS、SWメカを並べて大きさの違いを見てみよう、というもの。
まあ、僕が一番楽しんでいるような、自己満足なテーマだけど^^; 
実際に見てくれた方がたにどう映るか?(とくに自分の)作品を観てくれるお客さんには、
こちらとしても常に興味津々だからね。



grz.jpg
そして今年の「関西仮組」サークル内コンペは、1/100「鉄血のオルフェンズ」模型を並べる、
というもの。
僕は量産型グレイズで出展。タイトルはThe Force of GIALLARHORN ”  プチジオラマ
風にしてみた。


bobazz.jpg
あとは、「スターウォーズ・コーナー」にも 1/12ボバ・フェット(夏のKCFで展示した)
と、少しなにかを飾ります。



最後に展示スペースの都合上、1日目(土曜日)のみ飾るのが以下。


logo_ta2.jpg
↑↑↑
あ、セカンドってなってるけどファースト、しか模型ないからね^^;
「アクティヴレイド」の模型3種も、この際並べさせてもらうことに。
マイナーだよね。お客さんに分かってもらえるかしら。。。。


mgrd.jpg
そしてマスターグレード・ガンダム(ORIGIN版)、ガンキャノン、グフ(2.0)。

ちなみにこの3体とグレイズは、部分塗装のみで基本的には成型色(いろプラ)を直接
汚して仕上げている。
これもお客さんにはどう見えるのか?楽しみだ。



では、

明日、明後日のモデフェスをどうぞよろしくお願いします!






posted by アイスオーレ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2015年11月25日

モデラーズフェスティバル2015(大阪・南港)

昨年までの「モデラーズ・EXPO(モデスポ)」に替わり、
今年は「モデラーズ・フェスティバル(モデフェス)」というタイトルに。

会場になったATCの催事紹介欄では、
「総勢約160名の模型作家が出展する一大『模型』イベント!」
ってなってました。

いいよね、この「模型作家」って響き。
プロでなくても自称でも、模型作ってたら「模型作家」なんだよね(笑)
今年から基本的にアマチュアモデラーがメインの展示会になったんだけど、協力
してくれたプロのモデラーさん達の作品もチラホラ見られた。
とはいえ、
たとえアマチュアといえど、限りなくスゴイ作品を作るひとも数多いらっしゃるのが、
模型趣味の素晴らしいところだな〜と、こういう場に来ると強く思う。




mf1.jpg
↑↑↑
我が展示作品数は6(+1)。梱包も時間が掛かったうえ、いままでで最大級に^^;
艦船、飛行機は本当にデリケート。。。。
運搬はツヨさんの車に乗せてもらったんだけど、乗ってる間は腕で常に浮かせてた。
おかげで会場入りしたときには軽い痙攣が(笑)

mf2.jpg
↑↑↑
1時間半近くの余裕があったので、「関西仮組」ブースも設営完了。
いつもここで早々に、全員が「やりきった感」で満ちる。
午前中は放心状態。ハラが減ってきて正気に戻る感じ^^

mf3.jpg
↑↑↑
「関西仮組」の(というか、こういった模型展示会の)メインストリームはやはり
「ガンプラ」なのです。
ガンプラと、ガンプラモデラー・購買者が模型業界を支えているのでこういう展示会も
出来る、というのは間違いない事実。

mf4.jpg
↑↑↑
今回のサークルコンペは、「初期型ガンタンク」

mf5.jpg
↑↑↑
そして仮組展示内で「ガンプラ・コーナー」と双璧を成すのがこの「スターウォーズ・コーナー」
「旬」だからね。いまやらないと、なのもあるんだけど、これだけSW作品を揃えていたのは
関西仮組だけだった。

mf6.jpg
↑↑↑
SWコーナーの責任者はツヨさんなんだけど、恐れ多くも我が「ダースベイダー」を
コーナーの中央に飾ってもらえました。しかも台付きで。
ホント恐縮。ちゃんと仕上げられてヨカッタ。

mf7.jpg
↑↑↑
そしてツヨさんとくにおさん製作のトルーパーズ。
これだけは、僕も作って揃えたくなった。年間計画立てて、数体は作ろうかと・・
でも「7」を観たら、あっけなくファースト・オーダーの方に流されてしまいそう
な気もするな。

mf8.jpg
↑↑↑
そして今年僕が展示させてもらったのがコチラ、「スケールモデル・コーナー」
今回は対象を空自と海自に絞り、ひでぞうさんに「空と海と」というタイトルプレートを
作ってもらった。これ(プレートね)がまたカッコイイ^^

製作したこれら艦船・戦闘機模型は、今後作品ごとに記事をUPしようと思ってます。
それらは後日、エア・モデリングプロムナード(リンク)にて。

この会場での展示も3年目。関西仮組の展示方法にも、磨きがかかってきてます。
今年はとくに、
「各作品をじっくり見てもらいたいので、それぞれ間隔を保って展示する」
「関西仮組はガンプラだけではない、ということを強調するために、各ジャンルをバランス
 よく展示する」
というサークル内のテーマもクリアしたと思う。
ホント、年齢や性別を問わず、いろんな客層に見てもらえたから。
まあ、今後の「サークルとしての目標」はどうなっていくのか分からないけれどね。

さて、さらに仮組ブースの詳細や会場全体の、展示作品につきましては、右リンクの
メンバーブログよりどうぞ。(ツヨさん、くにおさんのブログの内容が最も濃いです)

個人的にはガンプラばかりではなく、こういう多ジャンルに渡る展示会は楽しいので、
この「モデフェス」に関しては、来年以降も参加したいと、ぜひ継続させたいと思う。



それにしてもこういう展示会を楽しめる日本は、本当に平和だ。
(TVのニュースでは、ロシアがトルコを爆撃しているところなので)
ありがたい。

ではまた。

posted by アイスオーレ at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2015年07月01日

関西仮組 in KCF展示会・2015/06

関西仮組 in 「関西キャラクターモデルフェスティバル」 (6月28日)

k013.jpg

k012.jpg

k008.jpg

k009.jpg

k010.jpg

#1 仮組卓の出迎えは、SWコンビ(ツヨさん作)
#2 中央に鎮座する、美しいMGサザビー。2月の高石模型祭り優勝作品(ゲンキさん作)
#3 もはや製作途中で飾るのが定番になってきた(ポテト師匠)の作品群。常にプロライターや作家
   たちに注目の的。


k003.jpg

k004.jpg

k005.jpg

k007.jpg

k006.jpg

k002.jpg

・・・ということで、自分の作品中心に、わずかしか写真撮ってません。スミマセン^^;
詳細なレポートは、仮組メンバーのブログへ。右リンクからどうぞ。⇒⇒⇒

今回は主に、SWモノ(ファインモールド・X、Yウイング、TIEファイター2機)で、ツヨさん作
の最新版・バンダイ・キットと並べさせてもらいました。

あと「1/72・SWミニフィギュアセット」が意外とウケてたかも^^
(下敷きの板はハガキサイズ。FM各種SWキットから寄せ集めたモノで、トルーパーは複製量産)

そして、完成が間に合ったので持ってきた「1/72 F−15I・ラーム風」
しかし会場では、ガチのスケールもの飛行機はコレだけ^^;
秋にはもっと、戦闘機を並べてやる!

あー、つかれた。
みなさん、ありがとうございました。

posted by アイスオーレ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2014年12月31日

プロムナード 2014

こんばんは。
あと数時間で2015年ですが、ようやく今年製作した作品群のまとめが出来ました。


「カイに乗るナウシカ」
2013年暮れからの、「マトリックス」「ズゴック浮上」に続く情景作品です。


「1/72 TIEアドバンスド」
「1/72 TIEファイター(2機)」

「1/72 TIEインターセプター」
「1/48 TIEファイター」
「1/72 Xウイングファイター」
「1/72 Yウイングファイター」
もう年初は、ファインモールド・SWキットばかりを作り倒してました。
あとは1/48Xウイングを・・・というところで興味が薄れて^^;そうこうしているうちに、今年は
バンダイがSW模型に参入することになりましたが、これは2014年でも大きな(模型)ニュース
でした。
なので来年のSW模型製作は、ダースベイダー、もしくはトルーパーからになりそう。


「RG・シャア専用ザク」
「RG・量産型ザク」
初めて「ちゃんと作った」RG。これ以降、時折作りたくなるRGですが、今朝は映画「Zガンダム」が
放送されてましたので、ぜひマーク2を作りたい気分。多分、いまだけ!


「レイダース失われたアーク」(情景フルスクラッチ)
春に映画館で観て「やっぱり作りたい!」と衝動的に製作しました。
「フォレスト・ガンプ」製作のときと同じく、映画を観終った後に、ヨドバシではなく画材店、東急
ハンズなどで主な素材を探し回ったのが楽しかった。


「回転式格納パレット(1/72コスモファルコン加藤機・篠原機)」(スクラッチ)
今年の代表作品が在るとするならば、やはりコレです。
モデスポでも「プロの作家さんが感心してたよ〜」と教えてもらったり、モデルグラフィックスでおなじみ
のどろぼうひげさん、SOLさんや、けっこうな方々のブログでも紹介していただいてました。
きっちり参加出来なかったモデスポですが、作品を気にしてくれていた仮組メンバーのみなさんには、
非常に感謝しています。

この作品、実はこの夏の、バンダイ主催の公式ヤマトコンテストにも投稿しようとしていたのですが、
おかしなことに、何度トライしてもエラーが出続けたので諦めた、という経緯があります。
なのでまた、こういう機会があればなんかヤマトモノ、製作したいと思ってます。


「1/72 ハリアーII」
「1/72 F-22ラプター・洋上迷彩」

「1/35 ガマゴート」

「1/72 F−2B」
「1/48 T−4・洋上迷彩」
ここから、怒涛の「洋上迷彩」マイブームが始まったのですが・・・
ちょっと諸事情で、夏から秋にかけて、模型製作生活そのものが頓挫。
モデスポ本格参加も、断念しました。


「MG シェンロンガンダム(アーリータイプ)」
奥さんの実家の部屋の片隅で、ひたすら表面処理をしていたのがコレ(それしか出来なかった)
あと、ヘビーアームズとサンドロックも控えてますので、早いうちに完成させたいと思います^^


「HG ドラド」
「HG ジェノアス」
これも今年、秋以降火が付いた「ガンダムAGE」マイブーム。きっかけは、
「作品の印象を、模型にまで持ち込む必要はない」 という、あるコラムの言葉でした。

この秋〜冬にかけて、各地の量販店「AGE模型探し」が楽しかった。なんせ、再販されてません
からね。近所のジョーシンやヨドバシとかにないキットを発見すると、まさに発掘した気分(笑)
仮組メンバーも乗ってくれて、おかげで欲しいものも手に入りました^^
そして来年2月、久々に再販決定の報は嬉しかった。


「BC・サンドクローラー」 「1/144・61式戦車(2台)」
「アントニオジュニア(エポパテスクラッチ)」
小物群も楽しみました。筆塗りして、最後にTOPコートするだけで完成!


「1/72 T−4ブルーインパルス(2機)」
「HG ゼイドラ」
↑↑↑
これらも実は仕上がってるんですが・・・撮影するタイミングを逃しました。
とくにブルーインパルスの方は、早めにUPしたいです^^


「1/72 機動戦闘車」
これは珍しく、リリース直後に完成、我ながら新製品レビュー!を書いたような気分でした。
頻繁に製作するエアモデルと同スケール、というのが非常に楽しい。

「1/72 F−14A・洋上迷彩」
どうしても、トム猫を洋上迷彩にしたかった・・・という思いは、今年最後に叶いました。
来年も、実在・架空、関係なく、「洋上迷彩モノ」を作る!



こうして見ると、夏に模型製作が出来なかった割りには、かなり作ってた^^
とはいえ、じっくり時間を掛けて製作したのは、ナウシカ・レイダース・ファルコン回転パレット
くらいで・・・その他は、合わせ目消して塗装しました、というものばかりです。

最近では以前よりもエアモデルが楽しくなって製作メインになってきていることもあり、ガンプラも
ほとんど作り込むことがなくなりました。
ほぼストレート仕上げで「基本、白いトコは塗らない」という心情のもと、十分に満足出来てます。
でもやっぱり、ウエザリングはしてしまいますが^^

さあ、来年はどういう方向に向かうのか?
我ながら非常に楽しみにしているところです。


今年も、なにかと自己満足で成り立っているこのブログを読んで下さり、ありがとうございました。
本当にいつも、覗いて下さって、読んでくれて、ありがとう。
今年は特に、気持ちを支えられたことも事実です。

引き続き来年も、どうぞよろしくお願いします^^

「フォースが共に在らんことを!」




2014年・アイスオーレ


posted by アイスオーレ at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2014年11月03日

モデスポ2014・作家作品編

こんばんは。
モデスポ2014記事の2回目です。


kk01a.jpg
今日もMen・in・Blackこと、このふたりでお送りします(だいぶ気に入っている^^)




me01.jpg
↑↑↑
SOLさんのSWジオラマ。
暗がりの中で、四方をミラーに囲まれたBOXに携帯をくっつけて撮影して下さい、とのことで
撮ったのがこれ、「ジェダイの帰還」でデススター内部に突入しているファルコンです。
見えにくいんですが、後方でTIEが迫って来てたり爆発が起こってたりと、すごい作り込みでした。
デジカメじゃなく、携帯で撮ったほうがパースが効いてるようなんですが・・・・
このときばかりは我がガラケーじゃなく、高性能のスマホで撮りたかった^^;



続いて未確認でしたが・・・・
me02.jpg
↑↑↑
全体像を撮ってない豪華客船(撮っとけよ)・・・・の甲板上、にいる大勢の船客。
ひとりひとりが、米粒ほどの大きさでした。アメージング!




以下、どろぼうひげさんの作品。
スーパー電飾モデラーの方で、模型雑誌にも掲載された作品群です^^
me04.jpg

me03.jpg
↑↑↑
「GALACTICA/ギャラクティカ」より、空母「ギャラクティカ」



me08.jpg

me07.jpg
↑↑↑
「宇宙戦艦ヤマト2199」より、ガミラス軍・ガイペロン級多層式航宙母艦「バルグレイ」


そして、ゼルグート級・超弩級一等航宙戦闘艦「ドメラーズV世」!
先月の「モデルグラフィックス」にも掲載された、第15話「帰還限界点」クライマックスでの、互いの
船体を激しくぶつけながら一撃を加える、あの「超・燃える!」シーン。
↓↓↓
meymt.jpg

この雑誌作例を、こんな間近に見れるなんてね!
↓↓↓

me05.jpg

me06.jpg
↑↑↑
そう、まさにこのアングル!ぶつかってる船体同士の間には光ファイバーが配され、ただ光っている
だけでなく、点滅させることで火花が散っている瞬間を再現されてます。
ホントにスゴいよね・・・・




さて、お次は
プライベートで参加しておられた、柳井建二さんの作品。

me09.jpg
↑↑↑
こ、これは・・・!と、思わず展示台に釘付けに。
この夏に知り、夢中になった空自機の「洋上迷彩」、それも「モデルアート」掲載の、あの2機じゃないか!
コレね
↓↓↓
me22.jpg

me20.jpgme21.jpg

思わずつい、いろいろとお話伺ってしまいました^^
そして気になっていましたが、まだ使用していないクレオスの「洋上迷彩カラー」が、実際どういう色合い
なのかを、直接確認できて嬉しかった。。。。。

次の洋上迷彩塗装には、ぜひ使おうと思います!

me10.jpg
↑↑↑
いろいろありそうだけど、これも作りたいオスプレイ。

me11.jpg

me12.jpg
↑↑↑
その他も、模型誌作例が並んでいて非常に喰いついてました^^;
しかし、僕がいま最も関心が在ると言えるのが、こういう現用ジェット戦闘機などの飛行機類なのですが、
残念ながらそれらはほぼこちらのブースのみでした。(零戦とかはあったんだけどね)
なので、ハセガワ主催のJMC展示会(飛行機たっぷり^^)もいつかまた、復活してほしいなあ・・・
と、切に願っています。





続いて「情景師アラーキー」でおなじみ、荒木さとしさんの作品。

me13.jpg
↑↑↑
洋上空母の滑走甲板上に、城郭が配置されておると言う^^不思議な作品。
船首には、しめ縄飾りも。

me14.jpg
↑↑↑
昨年はこういう「サビ表現」講座も見れたのですが、相変わらず非常に素晴らしい。
しかし今年は全体的にも、こういったランドスケープモデリング自体の数が少なかったのが少し残念でした。





そして身近な情景を切り取る作家、シックスカートさんの作品。
このモデスポ運営の、中心的人物でもあります。

me16.jpg

↓↓全景↓↓

me17.jpg



me18.jpg
↑↑↑
海外の風景があると思えばこれ、「大阪市」、御堂筋やん^^
この初冬も、あのいちょう並木の下で、こういう風景が見れるかもしれません。それにしても
落ち葉舞い散る静かな動き・・・ため息ものでした。



と、
今年は滞在時間が短かったこともあり、撮影したのは以上です。

個人的に・・・
どうも去年から、戦場や廃墟、といった殺伐とした情景作品に喰いつけません。もちろんプロの作家さん
たちの作品群は、技術から見せ方まで、トータルでものすごいレベルなのは言うまでもありませんが。
出来れば(昨年のように)もっと明るい、カラフルなものを、もっと見たかったな・・・と、ふと思いました。

だから「戦闘兵器」の模型にしても、架空上のカラフルなロボや、空自機の洋上迷彩などに惹かれるのかも
しれません。

なので、よし、ないなら作ろう!と。。。。去年よりも漠然と思った、短い今年のモデスポ見学でした。




me15.jpg
↑↑↑
そうそう、オードリー・ヘプバーン^^こういうのもありましたよ。かわいいね。



kk07.jpg
↑↑↑
帰途、南港ポートタウンの外周に周り、10年前住んでいたマンションを眺めて帰りました。


そして今日はモデスポ3日目、関西仮組のみなさん、参加されたすべての方々、おつかれさまでした^^
また素晴らしい作品を持ち寄り、楽しみましょう!

ありがとうございました。
posted by アイスオーレ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2014年11月02日

モデスポ2014・関西仮組編

おはようございます。

11/1〜3 の三連休、大阪南港・ATCにて「モデラーズEXPO2014」が開催中です。
僕の所属する模型サークル「関西仮組」も、サポーターズエキシビジョンとして展示参加して
います。
今年は僕は不参加なのですが、せっかくなのでという、メンバーのみなさんのご好意で「コスモ
ファルコン格納パレット」を3日間置かせていただけることに。
ということで、昨日はお昼前にATCに向かいました。仮組メンバーとは、春以来の再会です。
そのまえに・・・

2014_chorei.jpg
(公式サイトより転載)
↑↑↑
今朝モデスポ公式サイトを見ると、会場前のミーティングの様子がUPされていました。
最前列で、揃いのグレーTシャツを着ている一団が「関西仮組」!
存分に楽しんでやる!という気合の入れようが伺えます。


kk01.jpg
↑↑↑
そう、「関西仮組」とは、オッサンたちがひたすら模型を楽しむために結成された模型サークル
です(現状)^^
グリモアたち・・・いや、ひでぞうさん、しゅうごろうさん、サングラス風にしてみましたよ。お気に
召さない場合はすぐ削除しますからね!
しかしなんだろう、このポーズは。



kk02.jpg
↑↑↑
で、今年の関西仮組の目玉のひとつ、「赤の系譜」
シャアが乗った、歴代のモビルスーツを展示するというものです。
この堅牢な台座の製作はツヨさん、ロゴデザインはひでぞうさん。

ちなみに揃いのTシャツのデザインや発注も、ひでぞうさんがされて、ツヨさんは、今年は模型よりも
これらベース台座の製作に尽力されたそうです。
こうやって引っ張るひとが居てくれるから、みんなで協力して、サークルは成立するんですよね。
ブラボー!!


kk03.jpg
↑↑↑
そしてもう一つの目玉が、フィクシーさん作 1/48・メガサイズガンダムのデコレートバージョン
「ラストシューティング」(高さは50cm越え!)
ブログを拝見しますと、使用したラインストーンはなんと 26,110個だそうで。。。。
時間掛かってます。お金も掛かってます。
そしてそれ以上のインパクトで、昨日僕がいた3時間あまりでも「すごい!」と驚く見学者さんが続出
でした。
おつかれさまでした。もう関西仮組の展示には、フィクシーさんのデコメプラモが必須でっせ^^




さて、先ほどの「赤の系譜」に戻りまして

kk04.jpg
↑↑↑
ゲンキさん作・1/100MGサザビー。
超絶仕上がりです。素のままでは、こんなにディテール入ってないんだよ!お忙しいなかで、追込み
作業は寝る時間も削られたご様子。。。。

普段ヘラヘラと模型作ってる身としては、その情熱に感服です!^^;


kk05.jpg
↑↑↑
しゅうごろうさん作・1/100MGシナンジュ。
こちらも最高に美しい仕上がり。やはりシャア系統MSの「赤」はツヤありが似合うなあ。
しゅうごろうさんも、単身赴任、大阪/今治往復と非常にお忙しいなかで、ひたすら作業されたそう
です。

普段だらだらと模型作ってる身としては、その情熱に感服です!^^;


kk10.jpg
↑↑↑
その下に座する3機も、とても「引き立て役」なんて言えない輝きを放つ、丁寧な仕上がりです。
ズゴック・ひでぞうさん
ザク・ツヨさん
ゲルググ・iiba川畑マスター


しかし・・・


画像は「サークルの目玉」だけで、持って行ったファルコンはさておき、くにおさんのペズンドワッジ!
のぼさんのネモスナイパー!如水師匠の作りかけハイディテールジオング!などなど。。。。
せっかくの超絶作品群、写してへんやないかー!(ホントすみません!!!)
ということで・・・

← ブログ左のリンクより、みなさまのブログにておいおい画像等UPなされると思いますので・・・・
← どうぞ、ぜひとも、そちらからご覧くださいませ^^;


では、
次回は作家さんの作品編を掲載しようと思います。
あまり撮ってないけどね。

ありがとうございました^^
posted by アイスオーレ at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2013年12月27日

プロムナード 2013

さて、今年も最期にアイスオーレの個人的な総括記事です。

モデリングプロムナード、2013年度作品。


1/100 バイファム
v001.JPG

R3 エルガイム MK-II
e10.JPG

以下、食玩「ビークルコレクション」のプチ改修&リペイントです。
ミレニアムファルコン
RIMG0603.JPG

AT−ST 2機セット
RIMG0617.JPG

AT−AT 3機揃えました^^;
atat03.jpg

ガンプラも作ってます。
HGUC シナンジュ
s5.JPG

HGUC ギラ・ズール親衛隊仕様
RIMG0673.JPG

今年最大に熱中した「ヤマト2199」より地球艦隊旗艦キリシマ
k6.JPG

同・巡洋艦ムラサメ
m3.JPG

電撃ホビー誌付録の、メカコレ・コスモファルコンと、ガミラス艦セットより「反射衛星」
rs5.jpg

ガミラス艦・デストリア級
dst2.jpg

EXモデル・強襲揚陸艦アルビオン
al0001.JPG

1/72 コスモゼロ・アルファ2(冥王星基地攻撃装備)
a202.jpg

1/72 グリペン・関西仮組仕様
g005.jpg

1/48 ハリアーII 初のエアフィックス・キットを製作。
hr1.jpg

1/48 ハンビー
hr9.jpg

これに伴い、1/48基地スタッフも製作。
hr7.jpg

1/48 YF−19
48006.jpg

1/24「フォレスト・ガンプ」 
fg4.jpg

ガミラス艦・ケルカピア級(この数か月後、ツヤ消し仕上げに)
kc2.jpg

1/48 VF−1J・バルキリー
j001.jpg

HGUC ドムトローペン モデスポ出展用に、5年振りに完成^^;
dt7.jpg

新劇場版・EVA2号機「改」
kai204.jpg

今年度最大のイベント、「モデラーズエキスポ2013」に「関西仮組」が出展!
mdsp2013.jpg

ガミラス艦・クリピテラ級
cp01.jpg

1/72(スーパー)ホーネット
sh03.jpg

ガミラス特務艦・次元潜航艇UX-01
ux02.jpg

「ガミラス艦セット」よりメカコレ・ツヴァルケ(メルダ機)
mc003.jpg

同メカコレ・重戦車サルバーS
mc005.jpg

初の水情景・ズゴック「会敵!」
zg01.jpg

1/24「マトリックス」
neo13.jpg


今年はロボに始まり、メカコレやビークルコレクションのように小さいモノ(それも、1コの完成品
としてますが^^)宇宙戦艦、戦闘機、ムービーシリーズ(自称^^)のようなフルスクラッチもの、
そして初の透明ねんどを使った水情景など・・・
多岐に渡って作りました。

来年以降の傾向としても、ますますSF/スケール・ビークル系多め、ロボ(MS)少なめ・・・
ジオラマ(情景)をもっと!
という感じにしたいです(いまのところ。)

世のガンプラシーンからますます離脱しそうな気もしますが^^;なにより大事なのは、まず作る本人が
最大限楽しむために「何を選ぶか」。

−「大事なのは、選択だ」(ネオ「マトリックス」)^^

もちろん、完成した作品をひとに見てもらえるのは楽しいコトですが、その前にまず自分自身が、
趣味として「それ」を作っているとき、サイコーにワクワクできているか?
・・・こそが大事だと思います。

では「関西仮組」のみなさま、このブログを覗いて下さるみなさま、
2014年もどうぞよろしくお願いします^^

今年もたくさん、ありがとうございました。



アイスオーレ・2013
posted by アイスオーレ at 23:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2013年11月09日

モデスポ2013 〈3〉

おはようございます。

熱かったモデスポ2013の日々から、もう1週間経ったんですが・・・
いまだ情熱冷めやらぬ、といった感じ。
ということで今日は、撮らせてもらったプロの作家さん達の作品を。


ms4.jpg
↑↑↑
コチラ、昨年のJMCでも見たことある!と再び見入った作品です。
この日は側に、製作者のシックスカートさんがいらっしゃったので、いろいろお話を伺えました。

ms5.jpg

ms6.jpg
↑↑↑
「ひとのいない、平和な情景」が作風のテーマなのだと話されてました。
確かに構成的にも、ひと、もしくは複数の人物、動物が配置されているよりも、この「一匹」に「キャラ
クター性」が集約されることで、よけいにこのワンコロが可愛く思えます。
(エラソウに書いてスミマセン)

そうか〜、留守番してくれてるんだな!エライ!というイメージ。


ms2.jpg

ms3.jpg
↑↑↑
このネコチャンもそうですね。
主役のバイクに負けない存在感、というよりこの2キャラが揃っての、この作品の雰囲気が強調されて
います。(これまた、エラソウに書いてスミマセン)

盆踊り・・季節は夏、ハラ壊すなよ!って感じ。

世界ねこ歩き

ms1.jpg
↑↑↑
そして、このレンタ・バイク(自転車)作品もスゴイです。
後ろの金網に引っ掛けてある、無数の錠前。幸運のおまじないなんでしょうね。
これもお聞きしたところ、ひとつひとつ、真鍮板を巻いて、真鍮棒をさして作られたとのこと。
しかも「300コ」!金網に、その爪の大きさにも満たない小さな300コの錠前が取り付けられて
いるという・・・

しかし改めて拝見すると、台座がすべて円形。そうか、だから優しい雰囲気が出ているんだ。
ナルホド!
・・今回のモデスポで常に奔走されていた、シックスカートさん(写真)。
良い作品を見せていただき、ありがとうございました^^


続いては、情景師アラーキーさん「滅びの美学」
↓↓↓
ms8.jpg

「リアル・サビ表現」がすごいです。これも自らやり方を考案されて、今回はその作業実演を見る機会に
も恵まれました。
思ったのは、ああ、やっぱり僕が普段やってる「なんとなく」な表現じゃなく、しっかりと観察なさって
その上で「ワザ」を編み出しておられるんだな、ということ。
そして、「実際にいろいろ見れないから、オレには作れない」と、モデラーが言い訳できないように(!?)
作品のすべてはグーグルなどで検索した画像を参考にしているんだって。だよね。
言い訳するまえに、

−まずは「観察」、そして手を動かす!

なかなか痛いトコ突かれました^^;そこをしっかり取り込むことが、より「リアル」な表現に繋がる。
アタリマエかもしれませんが、実はいつもテキトーに省いている部分でもありました。

ms7.jpg

ms7a.jpg
↑↑↑
「ゴッサムシティ」もスゴイ。
小っちゃくて見えないけど、転がってる空き缶なども、1コ1コ、ミリ単位の紙を巻いて作っておられ
ます。奥様が作られたものだそう。
しかし作品もさることながら、台座に使っているのはパン屋さんなんかで見られる「番重(パンを運搬する
入れ物)」
でもちゃんと、地下駐車場などの構造物に見えますもんね・・。
日常での観察眼も、これまた大事ということです。


続いてはチューンナップさんの「水表現」
↓↓↓
ms9.jpg
↑↑↑
右下にイルカが並走して泳いでいるのが見えますでしょうか?
フネと合わさることで、海上の疾走感が感じられます。

ms10.jpg
↑↑↑
「ビッグウエンズデー」
これ、ちゃんと波の向こう側が見えます^^;後ろにホンモノの波の写真があるんですけど、まさに
見紛うばかり。
・・・っていうか、よくよく見てみると、これいったい、どうやって作ったんでしょ??!!
目の当たりにしたときはその迫力に、もうそれどころじゃなかったんだよな・・・

ms11.jpg
↑↑↑
こちらも急流の、前方向だけじゃなく、上下の動きさえも感じられます。
で、チューンナップさんの作品を見ていて思い出したのが「スピード2」という映画。
あの映画を観た当時、批評家たちが言ってたのが「海(水面)はスピード感が出しにくい」ということ。

水上のスピード感、疾走感、動きってものすごく難しいそうです。
映像と造形はベツモノかもしれませんが、それにしてもこの、一瞬を切り取ったなかに見られる「動き」
はどうでしょう。見れば見るほど、言葉を失いました。

チューンナップさんにも少しお話を伺えたんですが、そのとき実際に作品の「重さ」を確かめさせて
もらうことが出来た(実際に、持ち上げてみる、ということです^^)のですが、もう、めっちゃ重たい
(笑)なんせ、「水部分」はカタマリだから!

実際、東京から大阪までの輸送はめっちゃタイヘンだったそうです。
ありがとうございました。
3日目はもう撤去されていたので、直にお話しできてよかったです。

ms12.jpg
↑↑↑
もうホント、圧倒的な水表現でした。
僕もいままで避けていた(?)水表現。しかし、ますます興味が湧きました。
まずは、こういう凪いだ水面からチャレンジだな。


・・・・ではさらに会場を周りましょう。

ms13.jpg
↑↑↑
これも優しいね。ここ数年は、優しい雰囲気のジオラマに強く魅力を感じます。
相変わらずガンダムやEVA作ってますが、そういうのでも、どちらかというと非・戦闘時のものを作る
傾向にありますし・・

ms14.jpg
↑↑↑
これ、模型雑誌ホビージャパンの表紙になってた作品でした^^

ms15.jpg
↑↑↑
作り込みのみならず、コアファイターのコンソールまでもがチカチカしてました☆
ホント、電飾さえ不要だと思えるほどの完成度なのに、コダワリがまさに「職人」であります。

ms16.jpg
↑↑↑
コチラも最近、モデルグラフィックス誌面で見たような・・・
全国レベル(いやもう世界レベルですな)の作品を、こうも間近に見られたのはホントに嬉しい。

ms17.jpg
↑↑↑
うーん、まんま、70年代の雰囲気。小さいころ、こういう団地に住んでました。
ここまで再現されると、見慣れた、ありふれた風景と言えどもつい足が止まってしまいます。

ms18.jpg
↑↑↑
僕も重機大好きなんで・・・
もう、「重機っぽい」メカじゃなくって「重機」そのもの、または「特殊車両」をもっと作りたい。
戦争もの以外で、もっと身近なやつを。

でも日本じゃ、そういうキットがほとんどなく・・・そういった意味では、SFの題材のものよりも、
こういう「ありふれた風景(に見える)ジオラマ」などのほうが、かなりハードルが高いように思い
ます。

さて、今回もアイスオーレ目線なので、ほとんど「戦争もの」がなくってスミマセン。
しかも、サポーター卓の方は、お話しするのに夢中でほとんど写真を撮ってないという(失笑)
まあ、WEB上に、いっぱいアップされていると思うので、ぜひ「モデスポ2013」で検索いただけ
ればと思います。

とりあえず、以上でモデスポレポートを終わります。

さて、この1週間「プ」に関しては放心状態です。
何を作っていいのか分かりません。
「見に行くだけ」だった去年までは、なかった現象です。

とりあえず、作りかけのあれやそれを触ってはハコに戻し、を繰り返しそうです(笑)



posted by アイスオーレ at 14:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2013年11月06日

モデスポ2013 〈2〉

みなさま、こんばんは^^

今日は僕の撮影したモデスポ画像、関西仮組卓のものを。
もうすでに、メンバーのみなさんがブログに載せておられるので、少しだけ・・・

kk1.jpg
↑↑↑
圧倒的な物量、「ザ・ガンプラ!」あ〜、まだポテト師匠のザクがまだだ!

kk2a.jpg
↑↑↑
その他、キャラクターコーナー!

kk2.jpg
↑↑↑
ゲスト作品・SDガンダム(他)コーナー!

kk3a.jpg
↑↑↑
そして今回の目玉「熱砂の攻防戦」ジオラマ!!
卓の中心に据えられたこのジオラマ、多くの方々に注目していただけました。
作家の方からも「楽しそうでいいな〜」というお言葉も^^(まあ、これは全体的に?)

kk6.jpg
↑↑↑
発見、キンバライト鉱山基地!

kk7.jpg
↑↑↑
反対側、僕らからはこういう風に見えてました。
見て下さる方の表情が非常に興味深かった。「めっちゃ置いてるやん!」と思ってる方は100%
笑ってましたし^^



さてさて、自分作品を載せさせていただきますね・・・

kk010.jpg
↑↑↑
今回直前でいろいろ思いついた、EVA2号機改ジオラマ「Asuka strikes!」
零号機を間引いたので、ベース上の「インフィニティ」も見やすくなったような・・

kk011.jpg
↑↑↑
同じくEVA初号機・F型装備。上にも書きましたが、実は初日は零号機も並んでました。ただ、ちょっ
と混み合ってたので2日目からはこの2機のみの展示にしました。

EVA作品に関しては、ちょうど僕が席を外しているときに何度か質問をいただいたようで・・・
でもなぜか、僕よりも設定に詳しいひでぞう大将が答えて下さってました(パチンコ知識!?笑)
ありがとうございます。

kk012.jpg
↑↑↑
ついに実現!しゅうごろうさんのアルファ1との「冥王星基地攻撃仕様」揃い踏み!
嬉しかったなあ。
ちょっと斜角に飾ってあるのがミソでした。

kk015.jpg
↑↑↑
一応、TOP画像にもありますが「19」 ロボの多い中、平面を独占してしまってスミマセン・・
しかしハンビー・統合軍整備スタッフも、日の目を見られてヨカッタ!

kk013.jpg
↑↑↑
ジオラマ上に展開している、ドムトローペン!
今回のイベントのおかげで、「3年ぶりに」完成出来ました^^

kk014.jpg
↑↑↑
最後に、やはり少し浮いてた「フォレストガンプ」・・・
もう少しこのテイストのシリーズを作って並べた方が良かったようです。そのような指摘も受け
ました。


この度の展示では、やはりひでぞうさんに作っていただいたPOP類が大きなイメージアップに
つながりました。
かなり本格的に見えますもんね。いや、本格的ですよ!
ガンプのPOPは嬉しくっていただきましたし。

他の方の卓を見せていただいたりして、もっと「見せ方」も考えると面白いね、という話になり
ました。この数でも、もっと縦方向に展開させればまた違った形にもなりますしね。

まあ、そういう話もまた、忘年会で(笑)
posted by アイスオーレ at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2013年11月05日

モデスポ2013

みなさま、こんばんは^^

この3連休、大阪南港ATCで開催された「モデラーズエキスポ2013」も無事終了しました。

我らが「関西仮組」も、同様に無事この3日間を乗り切りました。

いちモデラーとして、こういうイベントに参加したのは初めてでしたが、改めて「関西仮組」に
所属させてもらってることに感謝です。

そしてもちろん、今回のイベントに参加されたすべての方々、来場してくれたすべての方々にも
大いに感謝しています。

すべてが組み合わさり、大盛況に(ホントですよ!)行われたこのイベントは、何一つ欠けても、
あのビリビリくるような感覚はなかったかもしれません。

そう思うと、ATCに居たすべてのひと、モデスポのことを知っている人もそうでないひと、なにが
欠けても、いま感じている成功はなかったのかも。
コスプレしてたひと、NMBファンのひと、他のイベントでATCに居たひとでさえもね^^

すべてに対しての大きな感謝、それがこの3連休の、至福の時間に繋がっているように思います。
「来てくれたひとにも、そうでないひとにも、すべてのひとに感謝」
(タモリ的発想?^^)


さて、やはりこういうイベントの醍醐味は「作品を直に見られる」ということです。
僕もたくさん写真は撮りましたが、やはり「ブツ」を「至近距離」で見る、と言う行為は「見る」に
「感じる」がセットで加味されます。しかも想像以上に強烈に!
さっき書いたような「ビリビリくる感覚」です。

僕らは、3日もあの場所に居れて幸せでした。3日間、繰り返し、その感覚を取り込めたのだから。
理屈じゃなく、ハートで感じる、そんな経験がこういうイベントでは出来ます。
作者が席を外していても、作品が、作者の情熱を代弁します。
見ている側も、作品に「命」を感じます。

もちろん、直接「作ったひと」に話を聞けることも、とても大きな経験になります。
作品を作るのには、もちろんテクニックやスキルが必要だけど、まずは「情熱」、なによりも集中して
作品に吹き込む「情熱」がなければなあ、と思い直しました。
(僕の場合、持続はしないので、来年も積みながら、になるでしょうけどね)


そして今回僕らは初めて、「作品を見せる側」も体験しました。
「もう、欲張って乗せすぎやろ!」というぐらい、指定卓上に並べました。(これも経験です^^)
ある意味、サポーター参加の中では、圧倒的な物量を誇ってましたから(笑)
どれほどの見学の方々、他のサポーターさん方に「どんだけ〜!」と思わせたことでしょうか。

そう思うと、そんなに反省ばっかりしなくていいと思ってます。
これが、今年の、仮組スタイル。
来年もし、また展示できたら、また新しい見せ方を考えよう。(そして今年の写真を見て、爆笑したら
いいじゃない!^^)


最終日の海・・・.jpg
↑↑↑
最終日の、ATCから望む夕方の大阪湾。モデスポ閉幕を惜しむように、天使のハシゴが降りていたん
だぜ・・・^^

では、いろんな超絶作品画像は、仮組メンバーがUPされてますので、左のリンクからドウゾ!
僕が撮ったのは、まとめ次第掲載していきます。

posted by アイスオーレ at 19:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括

2012年12月30日

プロムナード 2012

みなさま、こんばんは^^

今年は僕も、年間の完成プラモをまとめてみたくなりました。
(完全に自分向けの総括ですが^^笑)
毎年やろうかな?




「MGソードインパルス・ガンダム」
今年も前半は、ちゃんとガンプラ作ってました・・・^^
01.jpg

「MGガンダムVer.OYW(一年戦争)」
G3カラーをアレンジしました。ツインアイも光ってますね!
02.jpg

「HGゼダスR」
ガンダムAGEより。AGEキットも素晴らしいので、またいずれ、作りたくなることと思います^^
03.jpg


来ました〜^^
今年のメインストリームその1!栄光の80年代アニメ「銀河漂流バイファム」より、
「1/144 バイファム」
04.jpg

同じくバイファムより、製作にさらに気合の入った敵メカARV
「1/100 ウグ」
05.jpg

少し間が開いてしまいましたが、ナントカ完成できました
「1/144 ネオファム」
06.jpg
バイファムのキットはイキオイで積んでおりますので^^また来年も作ろうと
思います!


さて、梅雨時期に試してました「シリコーンバリアー塗装法」にて、
段差の生じる、リアルな塗装はがれが楽しめました^^
「MG ボール」
07.jpg

ちょっとオマケ的ですが・・・・^^「伝説巨神イデオン」より
「バイラルジン&ソロシップ」
こんなの作ってるのは、僕だけだろうな〜なんて思ってたら、世間ではガンドロワ付きで(!)超絶作品が発表されてましたね^^
08.jpg


さて、2012・続いてのメインストリーム!「宇宙戦艦ヤマト2199」より
「宇宙戦艦ヤマト」・・バンダイ技術の粋を集めた最新ヤマトキットでした!
09.jpg

そして、これまたイキオイで作った「主力戦艦(ひゅうが)」!
10.jpg

さらに興味は、メカコレクションへ・・・子供の時に作ってたプラモを、いまに
なってまた作ることになるとは!
ある意味ではものすごく幸せなのであります^^v☆
「デスラー艦」「空母ナスカ」「空母バルゼー」
11.jpg
伸ばしランナーなんて、何年振りだったでしょう!?^^
地球連合・駆逐艦ゆきかぜ「古代艦」
12.jpg
そして・・・「コスモゼロ」!!
13.jpg
「2199」関連は、リニューアルキットがリリースされますので・・・・来年はふたたびマイ・ヤマトブームが来ることでしょう。1月から第4章始まりますしね!


ハセガワ「1/72 VF11サンダーボルト」
14.jpg

同じく「1/72 VF19エクスカリバー・HMミサイル装備」
15.jpg
48ジュークは・・・?いやはや(来年こそ完成させます!笑!!)
毎年必ず、なにかしらハセガワのマクロス・キットは作りたくなるのです。


今年の初挑戦たる「バイクプラモ」です。
「V−MAXアーミー仕様」
18.jpg
まだ作りたいバイクあります^^来年もゼヒ!


そして・・・・
BTTFに至ります!
16.jpg

17.jpg

と、まあ
駆け足でしたが、以上が2012年度の、アイスオーレ完成作品です。

思えば今年は前半、ほとんどさぼってました^^
なのでホントなら、もうちょっと作れてたのかな?とも思いますが・・・・また
来年も存分に!マイペースで!!プラモを楽しもうと思います。

では今年も、本当にありがとうございました!

どうか良い新年をお迎えください!



アイスオーレ^^v☆2012☆
posted by アイスオーレ at 19:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 展示会・年間総括