2017年12月23日

12/23の模型日記



昨日陸王ランチパックのこと書いたら、奥さんが買ってきてくれるというね。

オモシロシンクロ^^
これもフォース!

(もちろんブログは読んでません)




f1a.jpg



「待てレイ、あの店にはレーザーソードも売ってるかもしれん!」



DRltrYmVoAAg0qE[1].jpg


ということで

ツイッタに載ってた、歴代のライトセイバー。


いろいろあって楽しいね。プリークウェル時代はエレガント。
シディアスのんなんて初めて見た。





と、48Xウイング。



x1.jpg
↑↑↑
ぼちぼちウエザリング中。
暮れに向けて、完成出来ればいいのだが。



x2.jpg
↑↑↑
こちらはレジスタンスセットのXウイング。
このブルーもシャロウオーシャンブルー。極細筆で塗る。
ダメロ〜ンのブーステッドも少し遅れて進行中。

48やった後だと小させえ〜、
ルーペ使うから疲れる〜




cat1.jpg



・・・癒された!



posted by アイスオーレ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年12月22日

12/22の模型日記


フォースとは

決してミディクロリアン値の高い者だけが扱える、ということじゃなく

ましてやその血統の人間だけのものではなく、

あまねく宇宙に存在し、

ワシとお前の間にも、岩や、あの宇宙船の間にも、

いたるところに在り、宇宙に命を形作る。

オマエの体も、決してただの肉ではない。

とは大昔、ダゴバでヨーダが言っていた。

それは、あらゆる者が使えるものであり

意識するすべての者が所有し、決して独占できるようなものじゃない。

しかし傲慢にも、ジェダイもシスも、自分たちだけが扱えると慢心した。

ジェダイとシス、光と闇、それらは片一方という側面でしかなく

ふたつでひとつなので

分離させたら、フォース、宇宙そのものの本質とは程遠いわけ。

だからお互い、滅びるのは自然なことかもしれない。


Yodalukedagobah.png







f1a.jpg


「待てレイ、あの店には他にもなにか、売ってるかもしれん!」



ということで、最後のジェダイランチパックに続いて



img_product_currymenchi.png


陸王ランチパック!


コラボと言えばランチパックですよ、ヤマザキパンですよ

TBS日曜のドラマといえば、華麗なる一族のカレーパンもやってたよ。

20070318051806.jpg


そして本編はいよいよ最終回 in クリスマス!


koha1.jpg

どうなるこはぜ屋! というところでね。

この日の、総集編も含めた最終回は目が離せない。




さてSW



xr012.jpg

xr013.jpg

↑↑↑

約2年前、フォースの覚醒のとき仕上げたXウイング2機、

少し修正して、高石で飾ろうかしら。

ツヨさんもブーステッド・ポー機仕上げられたようだし。


と、久々に完成キットをハコから出してみた。






posted by アイスオーレ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年12月21日

12/21の模型日記


思えばスターウォーズが公開されるたび、毎回いろんな食品会社がコラボ商品を
発売していた。

なのに、

最後のジェダイの今回、スターウォーズとコラボしている食品が消えている。

どうやらフォースの覚醒のときにコラボ食品の多くが大コケしたそうな。
(アイスオーレの情報筋による)

もうSWは伝説的コンテンツではなく、僕ら古くさいジジイどもにしかほとんど
ニーズが無い、ということが証明されたようだ。

まあ、食玩とかはあるんだけど、そういうのじゃないんだな。

EP1のときのような「スターウォーズふりかけ」や「スターウォーズカレー」
なんてのにワクワクするのよ。
ほんとこの99年当時は、まじでなんでもかんでもスターウォーズ食品がいっぱい
スーパーやコンビニに並んでいた。

とくに永谷園のEP1ふりかけは、すごく覚えてる。
シールだかカードが付いててね、当時の仲間と
「・・・ああ、またワトーやんけ!くそー」とか言ってた。
まあこれらはもっと、早々に撤退したけどね。


それらはもはや、ジェダイの伝説とともに滅び、消え去った・・・




f1a.jpg


「待てレイ、あの店にはなにか売ってるかもしれん!」




ということで見つけたのが


lp1.jpg

スターウォーズランチパック!

オモテだけ見るとフォースの覚醒と変わらんけど、裏にはちゃんとポーグやプレトリアン
ガードが描かれているので、これはれっきとした「最後のジェダイ関連食品」だ。

3種類あるんだけど、3種類ともブラック&ホワイト、というね。

ダークサイドとライトサイド、思いきりがいいよね^^


ホント、ヤマパンやってくれます。


ちゅうかヤマパン、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーやったんか。


もう、あなただけが頼りです。




「ずるいぞ・・・R2」




posted by アイスオーレ at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年12月20日

12/20の模型日記



昨日は「最後のジェダイ」 見てきたで。

面白かった〜^^


f1a.jpg
(WEB画像)


いろいろ書きたいけど、今日はミレニアムファルコン。

古参FANとしては、やっぱ「タイファイター・アタック(EP4サントラ)」が流れる
とめっちゃ嬉しくってね。短いシーンだったけど。

なので今日は、そんなミレニアムファルコンのビークルモデル。



f1.jpg
↑↑↑
あいかわらず10cmほどの長さでもUP画像に耐えうる、バンダイ驚異のディテール
成型!
塗るとより映えるね。




f2.jpg
↑↑↑
左が「最後のジェダイ」版。
前回の(右)は成型色に直接ウエザリングを施したけど、今回はアクリル・ガルグレー
を筆塗りしてからウエザリングしたよ。

基本色を塗ったら(他の多くは成型色のまま)、スミ入れ兼ウエザリング(その1)
として、まずスミ入れブラックを流す。
それから色違いの装甲部分を塗っていく。その方が境界線が分かりやすくってね^^
ルーペ装着して、極細筆で。

細かいトコロ塗る前にスミ入れブラック(等)を流す、というのはエアモデルの
パイロットフィギュアとか塗るときもやってますよ。
場合に拠っては2〜3回スミ入れする。

キャビン窓は、黒のマーカー(なまえペンとか)で塗る。
その後、ツヤ消しTOPコート(アクリル)を吹き、ウエザリングマスターでさらに
フィルタリングしてく、というのが今回の順番。


f3.jpg
↑↑ 側面ディテールの違い。 ↓↓
f4.jpg


f5.jpg
↑↑↑
底面も大きく形状変更している箇所があるね。(これも左がジェダイ版)





f6.jpg

f7.jpg

f8.jpg

f9.jpg

カッケエですな〜^^塗るだけでコレですもん。
78年当時1作目を見た直後の、小学生だった頃の僕自身にプレゼントしたいくらい。
どれだけ喜ぶことだろう!
・・・そう思うと夢が叶ってんのね。
バンダイに感謝。
そんな頃からバンダイプラモ作り続けててヨカッタ〜^^


f10.jpg

メイザフォース・ビーウイズアス!



posted by アイスオーレ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年12月19日

12/19の模型日記


寒いなか進めている、ファインモールド・1/48・Xウイングファイター。


x12.jpg


今回は、エンジンに電飾も装着済み!(久々^^;)

で、「ローグワン」を見たからにはやはりこの48は「ブルーリーダー」仕様で仕上げ
なくてはならない! そんな気がした。

このキットにもデカール&シールが付属しているので、シールの赤い部分を切り取って
貼り、周囲をマスキング、剥がしてからブルーを塗装した。

使った「青」は、空自洋上迷彩の特色「シャロウオーシャンブルー」。いい感じ^^
デカールも貼り終え、数日乾燥させ、ようやくツヤクリアを吹いたのが現在。

しっかり乾燥させたら、汚すで!



x13.jpg
↑↑↑
ビークルコレクション(1/144)のXウイング。
48はやっぱり大きいな〜^^


メイザフォース・ビーウイズアス!





この時期にローグワン、というね。



posted by アイスオーレ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年05月14日

1/6 マスター・ヨーダ

バンダイ最新SWキット、ヨーダ師匠が完成〜^^

高石からの1週間、ヨーダとともにありましたよ。

この1/6スケール・ヨーダは、プリークエル3部作のイメージで立体化されている。
なので、1/12(ダゴバ版・こちらはまたいずれ・・)よりも30年ほど若い感じの造形だ。


yd01b.jpg

「・・・まだまだじゃな、我が古き弟子よ!」



・・・と、
ドゥークー伯爵との対決シーンもいいんだけど(映画館で初めて観た時はビックリだったなあ・・・)、
今回は、EP3終盤の流れをなぞってみたよ。







yd01.jpg

「新しい弟子を迎えたようじゃな、皇帝よ・・・いや、こう呼ぶべきか。ダース・シディアス!」







yd17sd.jpg

「この時をどれほど待ちわびたか・・・我が小さき緑の友よ」








yd02.jpg

「ジェダイが滅びると?・・そう考えるのはまだ早いぞ!」








yd18sd.jpg








yd03.jpg

「お前の帝国は1日限り」









yd19sd.jpg









yd04.jpg

「それでも長すぎた!」








yd05.jpg


「力を自慢するなら・・・」


yd06.jpg

yd07.jpg

「なぜ逃げる・・!」









yd17sd.jpg

「いまに分かる・・・ベイダーの力は、ワシや貴様よりも強くなる!」











yd07a.jpg


「新しい弟子に期待すると裏切られるぞ・・・フォースの暗黒面のように!」


yd08.jpg

yd08a.jpg

yd09.jpg




・・・とまあ、こんな感じで^^;画像UPして、記事を書いててなんと楽しいこと(笑)
それほどのキット再現度に大満足!のヨーダ師匠だ。




yd11.jpg

yd12.jpg
↑↑↑
パッケージ写真を参考にアクションポージング!



y13.jpg
↑↑↑
内側の茶色い服は成形色のまま、ウエザリングカラーで汚した。
ちなみに腰から下のゴム製マントパーツだけど、ボディにハメ込むだけだと、ポージングでまくり
上げたときに外れてくるので、ここはエポキシ接着剤(など)で固定しておくのが良いと思う。
ゴム製だからね。

手足は接着、合わせ目を消してから指定色を調色して筆塗り。ツメはバフ。
袖のなかはハルレッド、パステルで陰影を付けた。



yd14.jpg
↑↑↑
後ろ姿。フードの下にベース接続穴があるんだけど、空中でのカッコいいアクションポーズは
ちょっと難しいような気が(手足が短いし^^;)

上着コートは、腰から上がプラ製・下はゴム素材なので、塗料で汚すとヘンになるかも・・・と思い、
フチやシワで影になっているところをパステルで汚し、上からツヤ消しコーティング。
(控えめにしたので写真ではちょっと飛んでるナ〜)
作ってると、このコートの境目があんまり気にならなくなってくるのでフシギ。
少なくともベイダー卿のときよりは気にならない。(個人的感想)

袖のヒジの部分は、前から見た時にシルエットの繋がりが悪いのでカットした。



yd15.jpg
↑↑↑
カオ(頭部)は手足同様、指定色を調色し、多少の濃淡を付けながら筆塗り。
シワ等はパークグリーン。耳たぶ内も、近似色で陰影を付けた。
(WEB上ではグレーや黒でスミ入れしてる画像もあったんだけど、メカじゃないんだから
 やはりちょっと違和感を感じて、それがおおいに参考になった^^)

黒目部分(黒くないけど^^)はデカール。一旦、全体にツヤ消しクリアを吹いたので、
眼球は最後にUVクリアジェルを塗っている。(初めてフィギュア用途に使った^^;)



yd13.jpg
↑↑↑
頭髪有り・流し目ヘッド(左)は合わせ目をパテで埋めて、(調色した)地肌色を塗ってから、細筆で髪を
描いた。(バフ⇒ホワイト⇒フラットアルミ) 地肌色を少々残す感じ。

髪ナシヘッド(右)は最初、両面テープ⇒コットンで植毛したんだけど、どうもオバチャンパーマ
にしかならず・・・(難しかった)
思い直して、モデリングペーストを塗って髪っぽくしてみた。
塗装は左に同じくなんだけど、生え際がなんか違うなあ・・・それにしてもシュール画像^^;


というか、
このヨーダでポージングあれこれしていると、常にそばにどちらかのヨーダヘッドが転がって
いるのでちょっとブキミ(笑)なるべくすぐ、小袋に仕舞う。



yd16.jpg
↑↑↑
手持ち用のライトセイバー(上)は、ミライトを仕込んだ。柄の幅とほぼ同じなのでひと苦労。
腰吊り用(下)よりもちょっと長くなったけど^^;写真もいい感じに撮れたので、やってヨカッタ。
(これはまだ塗装が仕上がってないときの画像)


それにしても今回のヨーダキット、カオの造形のスゴさを見るに、人間キャラのキット化も
そんなに遠い未来じゃなく、いけるんじゃない!?と思ってしまった。
フィギュアライズバストも進化してるみたいだしね。
なんとか・・・・

とにかく、そこまでSWキットシリーズがつづくように願うばかりだ。
出来る限りは協力しようじゃない^^

では、フォースのともにあらんことを!



posted by アイスオーレ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年04月28日

1/72 Yウイング・スターファイター完成 &「高石模型祭り2017」

明日からの「高石模型祭り」に出展するために、先月からとりかかっていた
バンダイ「1/72 Yウイング・スターファイター」
だけど、
せっかくの展示会なので、単体で終わらせるのはなあ・・・と思い、ちょっと情景にしてみた。

・・・とはいえ、いつもエアモデルを撮影するとき用の簡易ベースに、整備員たちを並べてみた
だけなのだが^^;


y01.jpg
↑↑↑
パイロット&R5も塗る!


y02.jpg
↑↑↑
全景はこんな感じ。
左上に誰か居るね・・・・

y03.jpg

y04.jpg

ハシゴや整備員は、ハセガワ・グランドクルーセットから。
整備服の色も、いつものカーキ系では合わないので変えてみた。

y05.jpg

y06.jpg
↑↑↑
フィギュアは固定せず、いろいろ試行錯誤した結果、このような配置で行こうかと。

y07.jpg

今回も、YとAウイングのパイロットフィギュアをヘッドルーペして塗ってたんだけど、
さすがバンダイ製最新キットパーツの造形がスゴイ。
ゴーグルしてるからカオ下半分だけど、もうとてもシャープ。

ずいぶん昔のキット(グランドクルーセットが)と比べてしまうのもなんだし、確かにルーペ
で見ないと分からないレベルなんだけど・・・
しかしホント、このクオリティでエアモデルと絡められるフィギュア(僕には主に、1/72と1/48
サイズ)を製品化していただければなあ・・・と思った。

バンダイさんはユーザーの需要的にムリだろうから、やはりここはハセガワさんタミヤさんに
がんばっていただきたいところ!





続いて、今回僕が「関西仮組・SWコーナー」に展示するアイテムもご紹介。





「ホスの戦い」

at1.jpg

at2.jpg

at3.jpg

at4.jpg
↑↑↑
前にも載せたけど、今回はY撮影のついでに再度、黒背景で撮ってみた。
スケールは1/350 くらいかな?
AT−ATの足元を走るスノートルーパーズの身長も、約5mmほど。

at5.jpg

メンバーたちが最新のバンダイ・1/144AT−ATを展示するので、その横にでもこっそり置かせて
もらいます^^
ミニマムな情景も、ぜひ。






そして、





「・・・ベイダー卿って、超コワくね?」
「パネぇよな・・」
「気にくわなかったら、すぐ首しめてくんじゃん」
「それな」

tp1.jpg
↑↑↑
と、まさかの「くつろぎトルーパーズ」も展示します^^


tp2.jpg
↑↑↑
このために、1/12の雑誌類も作ったりしてね。
戦争に疲れた、その仮面に隠されたトルーパーの本音を垣間見てほしい(冗談)



あとは1/72・Aウイング、そしていくつかビークルモデルも並べてます。
バンダイキットが充実するにつれ、展示会ごとに関西仮組SWコーナーも充実していく感じが
イイわ^^


そして、
僕個人としては、そのSWコーナーのとなりにスケールモデル、
「1/200・エアラインズ」を

200al.jpg

1/200・旅客機模型を5機ほど並べてます。

こちらもぜひどうぞ^^


では明日・明後日と、高石模型祭りを(関西仮組ブースも)よろしくお願いします^^


posted by アイスオーレ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年03月29日

1/72 Yウイング・スターファイター 1


yo5.jpg

「・・・ベイダー卿って、コワすぎじゃね?」
「パネぇよな」
「気にくわなかったら、すぐ首しめてくんじゃん」
「それな」

このふたりも来月の高石で展示するので、いまポージングを研究中、、、、って、そんなたいそうな
もんじゃないけどね^^


y01.jpg
↑↑↑
で、我らが”大人の模型サークル”、「関西仮組」では定番になってきた、「スタ−ウォーズ展示コーナー」
に飾ろうか、ということで1日かけて組み上げた、
「バンダイ1/72 Yウイング・スターファイター」。

3年ほどまえにファインモールド製のYウイングを組み立てたのだが、同じように別パーツとなっている
パイピングを丁寧に組み立てていく。

ファインモールド・1/72Yウイング完成記事



シルエットではあまり違いが分からないが(偏向パドルの形状は丁寧な感じ)、バンダイ製はさすがに

@ 組み立て説明書の解説が超・親切。(1・2パーツ毎に進めてくれるので分かりやすい)
A パイプパーツが柔らか素材なので、折れる心配が少ない。

でも、折れないといってもヘンに力が入ると曲がるので、そこは注意だ。
(すぐ戻せるけどね)
ハメ込むだけでピタっと収まるけど、やはりほとんどの接続部分は流し込みセメントで固定した。
ウォッシングしたらいろいろあるだろうから。

機首側面の青いラインと、各エンジン先端・コーンの黄色いラインはデカールを貼った。
それと、
キットではこのコーンを外して内部メカが見える仕様だったのに、4本の支柱を接着してしまったので
見えなくなってしまったことにあとで気付いた。あーあ。


y04.jpg
↑↑↑
1本づつ、湯口と成型時の僅かな段差はなるべくヤスリを当てた。でもムリしちゃいけない!^^;
やはりパイプ類が「浮いている」立体感は、お見事!だ。



y03.jpg
↑↑↑
そして今日は、ウエザリングをスタート!
デカールを貼ったところは、アクリルのフラットクリアを塗って保護しておいた。


y02.jpg
↑↑↑
ビーコレと比べると、さすがに大ボリュームだ。
ビーコレも単色でウエザリングしただけだったから、さすがに単調だな〜。
まあ、今回はもう少し塗り重ねる予定。

久々にFMキット完成記事を見ると、めっちゃ気合入ってた感じだったし^^;
レベルダウンはやだもんね。

posted by アイスオーレ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年03月24日

WAR IS OVER! その2

「非常警報!」「戦闘態勢!」

w1.jpg
「コイツ、くつろいでやがる・・・おい、早く出動しないか!」
「・・・えー、オレ嫌ですよ」

w5.jpg
「誰も戦争なんかしたくありませんって」

w6.jpg
「でもオマエ、それじゃ銀河帝国の平安は保てないだろ!」

w5.jpg
「誰も戦争しなければ、それでもう平和じゃないですか」

w6.jpg
「・・・それもそうだな」




w4.jpg
↑↑↑
「1/12 Design Interior Collection ル・コルビュジェ LC4-シェーズ・ロング 」
トルーパーを寝そべらせたかったので、ついAmazonで衝動買いしたさ。



w2.jpg

「気持ちよさそうだろ?」

w3.jpg

とても戦争なんてやってられないよ。
目の前にはスカリフの、こんなに美しい海とビーチが広がってんのに。

c3f40b9c.jpg

thumb5.jpg

01801001424.jpg
↑↑↑
スカリフの撮影地、モルディブ。キレイだよね。


ホント、なに戦争なんてやってんだよ。バカじゃねえの?

・・・・ということで、

トルーパーに入ってるのは僕かも知れません。
もう戦争はいいんだよ、ってハナシ。
(いや、「ローグワン」は面白かったのよ!)



xr016.jpg
↑↑↑
WAR IS OVER! その1






ボーイ・ジョージも拙い日本語で叫んでたよ。
「戦争反対!戦争反対!」
ってさ。


それはそうと、TOP画像をRGクアンタにしたのに記事後回し、っていうね。
まあ、いつものことだけど!


posted by アイスオーレ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年03月04日

ハートにファイア

興味深い「SWかえうた」を見つけた。


SW版「ハートにファイア」





これはビリー・ジョエルの「ハートにファイア」(1989年)が元歌だ。




もとうたの歌詞はコチラ


歌詞付きPV
↓↓↓



当時も聞き覚えがあったんだけど、物騒な歴史を羅列したうただったんだよねー。
知らなかった。



〜俺たちが火をつけたんじゃない

いつだって炎は燃えていた

世界がまわり始めてからずっと

俺たちが火をつけたんじゃない

そう、俺たちが火を足したんじゃない

俺たちは戦おうとしてきたんだ!



padmeamidala.jpg



〜フォースのともにあらんことを〜


posted by アイスオーレ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月30日

スターウォーズ・ビークルモデル 4

暮れも押し迫ってますが、まだまだスターウォーズで遊びますよ。

最近のお気に入り、ビークルモデル ✕ アクションベース3(背景付け)。

sw21.jpg
↑↑↑
支柱を3のものに変えたけど、やはり少し大きいかな。
でも机上でこの疾走感はたまらない!^^



さらに、ターボレーザーを配して立体的に。
こうすると、疾走感がなくなっちゃうけど、まあ仕方ない。
(レーザーは緑がいいけど、まだ手元にない^^;)

sw227.jpg
↑↑↑
これもなかなかイイ(いつもの自画自賛)。
全部をナナメに配置すると、浮遊感が出る(気がする^^)



最後にビークルではないけれど、コンビニで見つけたキリンFIREのオマケトルーパー。
これ、ブラインドじゃないのがいい。各フェイスキャップのキャラクターがそのまま入ってる。
表面を整えて、スミ入れと部分塗装をしてみた。(ちなみに柔らか素材です^^;)

fst.jpg

fst2.jpg

fst3.jpg
↑↑↑
なかなかいい感じ^^ 身長は約35mmで、1/48サイズに近い。
AT−STあたりを買ってきて、情景を作りたくなった!




posted by アイスオーレ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月29日

1/72 Aウイング・スターファイター

デススター・サーフィスのターボレーザー・タワーが目的で購入したAウイングだったけど、
いざ仕上げてみると、
カッコイイよね、Aウイング!となる^^

aw1.jpg

aw2.jpg
↑↑↑
「ジェダイの帰還」においてAウイングは新鋭機という設定だったが、登場シーンは少ない。
さらに着陸脚を出している状態、となれば皆無だった(と思う)ので、組んでみるとこれがなかなか
珍しくっていい感じ。
もちろん脚は差し替え可能だけど、抜き差ししていると折れそうなのでこのままにしておく。

脚庫扉のウラを白く、フチを赤く塗っているのは、自称エアモデラーのご愛嬌^^


aw3.jpg

aw4.jpg

aw5.jpg
↑↑↑
キットには電飾する余地はあるけど、今回は気分ではないので^^;ミラーフィニッシュを貼ってみた。
まあ「あとは電飾するだけ」っていうほどキットのクオリティが高いということだけど、気楽に
作りましょ^^
いや、でもキット自体がホント「電飾もどうぞ!」な感じなのがニクイ。

aw6.jpg



aw7.jpg

aw8.jpg
↑↑↑
いい成型色^^
グレーのところはデカール。乾燥後、全体にツヤ消しを吹いてMrウエザリングカラーを薄めに、
まだらに塗布。
さらに乾燥後、様子を見ながらスポンジヤスる。(⇐新語?^^;)
オイル垂れは、チョンと置いたガンダムマーカーを指で後ろ方向にこすり付ける。
銀ハゲチョロも、ガンダムマーカー。
あとはデザインナイフで削ったり、スポンジヤスったりで調整する。
ビーム砲は、シルバー(エナメル)でドライブラシ。



aw11.jpg

aw12.jpg
↑↑↑
(撮影してしもたけど)せっかくなので、ハセガワ1/72スタッフフィギュアを使って情景にして
みたい気もする。



aw9.jpg

aw10.jpg
↑↑↑
意外と楽しい、ビームエフェクトパーツ。
さすがバンダイ、スケモメーカーではやらないことをやってくれるのがイイ。
これ、トルーパーにも使えるしね^^

もともとは「Aウイング・インターセプター」だったらしいけど、確かにその方がしっくりくる
かも。TIEインターセプターの対抗機、という設定がイイ^^

小振りな機体だけど、スケール的にはプロップを再現しているために少し大きめ?
とはいえYウイングを並べたら小ささは際立つことだろうなあ。

Yウイングか・・・

作りたいな。





posted by アイスオーレ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月28日

1/12 ショアトルーパー

Aウイングを載せようと思ったんだけど、先にショアトルーパーのほうを。

st2.jpg

惑星スカリフの、美しいビーチに建つ帝国研究施設を警護するトルーパー。
なので「ビーチトルーパー」でもいいんじゃない^^(超リゾート感!)

というか、こんな美しい場所に無粋なタワー建てるな、って思わせる施設。
撮影地はモルディブだって。

で、あくまでもこの地方(惑星)だけのローカル・トルーパーなので、EP4以降には登場しない、
ということらしい。
トルーパーも銀河の各地で、現地改修されたバリエーションが無数にあるってことだね。
形状はスカウトトルーパーっぽくもあり、サイロン歩兵っぽくもあるな。

st1.jpg

st4.jpg

これもいい成型色してる。
表面処理後、いつもどおり直接汚して、ヤスって整えたんだけど、1/12スケールプラモでも、
なかなかいい感じ(薄汚れた感じ)に仕上がったと思う^^
銃のみ、ツヤ消し黒(アクリル)を塗って、メタリックグレー(エナメル)でドライブラシ。

st3.jpg
↑↑↑
ヒザ後ろの関節パーツ、間違って黒いのを使ってしまった^^;
キットにはちゃんと、関節色の別パーツがある。

st6.jpg

st7.jpg

ダースベイダーを作ったときもだったんだけど、真っ黒のキットを作ってるとなんか気分が
沈んでくるんだよね(笑)
なのでローグワン・キットは、デストルーパーでもKでもなく、まずはショアトルーパーを
選んだ。

このキットはキャプテン、スクワッドリーダー、レギュラーの仕様を作り分けられるんだけど、
個人的に「トルーパーは白黒」という刷り込みがあるので、まずは「レギュラー(一般兵)」
で仕上げてみた。
ただ他のカラーリングも面白いので、また別仕様で作ってみたいと思う。



で、これを機に我が家のトルーパーも見直すことに。
テケトーに作ってたので^^; ちゃんとシール貼ったり、部分塗装もしてみた。



st5.jpg

st8.jpg

st9.jpg
↑↑↑
スカリフの仲間たち。
映画ではストームトルーパーもけっこう汚れてたので、またそのバージョンも作ったら
楽しそう。汚してからツヤを吹いたような感じだった。


そしてテケトー2の、ファーストオーダー・トルーパーも見直し。
さらに今回は、手首ごとストームトルーパーのライフルを持たせてみた。

st11.jpg

st10.jpg


これはこれでカッケー!^^
でもやはりもう少し、脚はシュッとしたほうがいいかな・・・

最後にショアトルーパーも追加して、我が家の現トルーパーたち。


st12.jpg

st13.jpg

いい感じに充実してきた^^ 

いまのところ統一感はないけど、まあいいや。

posted by アイスオーレ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月23日

スターウォーズ・ビークルモデル 3

アクションベース3のフレームに背景を入れて、

その前にビークルモデルを置いて楽しんでみる。

sw21.jpg



まずは、デススター・トレンチ!

「こちらゴールドリーダー、突入する!」


sw23.jpg


「急いでくれ!」
「あともう少しだ〜・・!」 ⇐ レッドリーダー


sw20.jpg


なんともアナログな手法だけれども。。。。
プラモ製作趣味、というもの自体がアナログそのものなんでまあいいや^^;

飛び出る!感じが3D映画の宣伝っぽいのよね。
まあ、実際に飛び出てるから。


続いて第2デススター!



sw24.jpg

sw25.jpg


これ、目の前に置いているとホント面白いんだよね^^
画像にしてみると正直、半分くらいしか伝わらないんだけど・・・



では、もう一度デススター・トレンチ!
ローグワンの決死の行動がここに繋がる!と思うと改めてひとしおだ^^




「敵に追いつかれないよう、フルスロットルでターゲットに向かう!」
「ついてくぜ、ボス!」


sw22.jpg



「飛ばし過ぎてぶつかるなよ!」
「(大丈夫、)故郷のベガーズ渓谷のようなもんだ!」


sw26.jpg


「後ろはまかせろ、カバーするぜ!」
「スコープにターゲットが映らないぞ!当てられるのか!?」


sw29.jpg


「敵機を警戒してくれ、砲台はまかせろ!」

「・・・3時の方向から敵機!」


とまあ、

つづきは来年2月発売の、TIEファイターを作ってからにしよう^^


あー、楽しいこと思いついた。
ブログでいくらかでも伝わるといいんだけど!



sw27.jpg


フォースとともにあらんことを!


posted by アイスオーレ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月22日

スターウォーズ・ビークルモデル 2

スターウォーズ・ビークルモデル記事、

今回はスター・デストロイヤー。

「ローグワン」に出てきたスター・デストロイヤーは真っ白だった。(厳密には薄ーいグレー
なんだろうけど・・・)
でもこれは、僕が子どもの頃から強く残っているスタデの印象そのままだったので、スクリーンを
見ながら、ここでも懐かしい思いだった^^

なので我が家のスタデも、すでにグレーで塗装&スミ入れもしてたんだけど、もう少し白っぽく
吹きなおしてみた。

それにしても、黒の背景紙に白い艦体の撮影って難しい。。。。


sd3.jpg

sd4.jpg
↑↑↑
11cmほどのサイズにこのディテールはまさに驚愕。というかこのシリーズ全部スゴイんだけれど、
もうこんなキットが「存在している」ということだけで素晴らしい。
3PO風に言うなら、「・・・製造者(メーカー)に感謝!」
バンダイさんにはこの勢いで、30cmクラスのキットをぜひリリースしていただきたい^^



sd5.jpg

sd7.jpg
↑↑↑
さらに2隻並べると楽しさは倍増する。
これだけでひとつの情景になる。

さらに、


sd8.jpg

sd9.jpg
↑↑↑
3隻並べると、もう完全に封鎖線だ^^
威圧感と不気味さもさらに倍増(フレームからもはみ出るほど!)

3隻あると、


sw28.jpg
↑↑↑
「衝突に備えろ!」
帝国の逆襲、アステロイドベルトのシーン(ファルコンが逃げていくところ)も楽しめたりする。
(2隻でもOKだけど^^;)

ビークルモデルシリーズはお求めやすいゆえに止めどなく買い続けてしまいそうだけど、とりあえず
スタデはここで小休止。

帝国軍も反乱軍も、キット化してほしい艦艇はいっぱいあるので、今後どういうものが発売されて
いくのかが非常に楽しみ。
というか、ぜひ艦艇シリーズを繋げていってほしい!
個人的には、まずは病院船かな〜^^


sd10.jpg
↑↑↑
最後に、アクションベース3のフレームに背景を入れてみた。
これがけっこう楽しいので、もう少し遊んでみようと思う。

posted by アイスオーレ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月21日

ターボレーザー 1

さて、昨日フィーチャーした
デススター表面に、無数に配備されている「ターボレーザー」

1/72・Aウイングファイターのキットに付属する。

tl1.jpg

tl2.jpg
↑↑↑
これだけを記事にするのはかなり地味だが^^;
主役のビークルを引き立てるには最高のアイテムだ。


tl4.jpg
↑↑↑
映像と比較してみても、そのディテールは完璧だ。
このキットが無いとして、もし思い立ってスクラッチしようとしても、おそらく僕にはここまでの
熱意は生まれずせいぜい「なんとかそう見えなくもない」ターボレーザーしか作れないだろう。
だからもう、この存在自体が素晴らしいこと。
3PO風に言うと「製作者(メーカー)に感謝!」なのだ^^


tl3.jpg
↑↑↑
やっぱりいままで映画を観続けてきたイメージでは、この大きさ対比の方がしっくり来る
んだよね。
ホント楽しくなっちゃって・・・・^^
これ、塔の中間あたりでカットしたら、側溝内に配置されているターボレーザーも再現できそう
だしね。

ということで、もう1セット欲しいところ。
そしてあとやっぱり、ビームエフェクトパーツ(緑)も欲しい!
うーん、ホントうまいことやるなあ^^;

posted by アイスオーレ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月20日

スターウォーズ・ビークルモデル 1

ボチボチと作り続けているスターウォーズの「ビークルモデル」シリーズも、ようやくこれくらい
揃ってきた。
bc06.jpg
↑↑↑
クリックで最大

基本的に表面処理(たまに合わせ目処理)後、ちょっと塗って汚してツヤ消し吹いて完成!
と、お手軽に仕上げている。
それでも十分雰囲気が出る(と思う)ハイレベルキットなので、楽しくってどんどん
増えてく感じ。Xウイングなんかはもう少し欲しい^^

あと大ヒットなのが「1/72・Aウイング」のキットに入っているターボレーザー塔。
これでデススター表面を再現できるのだが、個人的にはビークルモデルのサイズに合わせた方が
しっくりくるように思う。
これはもう・・・もうひとつ揃えるか。


そして、先週末発売されたミレニアム・ファルコン。

bc01.jpg
↑↑↑
またひとつ、カッチョええファルコンモデルが手に入った。
このサイズでこの造形、本当にバンダイの技術は素晴らしい^^
これもシールの部分は塗装、そのままウエザリング ⇒ ツヤ消しTOPコートしたもの。

bc02.jpg
↑↑↑
以前入手した、エフトイズ・ビークルコレクションのファルコン(右)と比べると、少し
大きかったので嬉しかった^^
(そういえば、1/72ファルコンも、ファインモールド製よりも少し大きめだった)


ということで、
黒画用紙をバックに、ターボレーザーとともに簡単に撮ってみた。


bc05.jpg

bc03.jpg

bc04.jpg

机上に、こうもカンタンにSW世界が広がるなんて・・・
う〜ん、マジでチョーカッケエエ!!(いつもの自画自賛^^;)
今度はいろいろ絡めて撮ってみよう。

やっぱターボレーザー最高なんだけど、帝国軍用ビームエフェクト(緑)があればさらに楽しい
だろうね(先日ツヨさんが付けてたので・・・)
台座パーツももう少し連結したいので、1/72キットもボチボチ揃えようかな。。。

願望としては・・・1つの1/72キットに、ぜひ2枚の台座パーツを封入してほしかったんだよね。
(Aウイングはターボレーザー塔・プラスワンなのでおトク感^^)
もしくは、プレバンなどで台座パーツセットとかね。


bc07.jpg
↑↑↑
クリックで最大

来年はローグワンキットや、いよいよTIEファイターも出るようなので非常に楽しみ!

ローグワンといえばベイダー卿、恐かったなあ〜・・・・
ホント「暗黒卿」だった!


posted by アイスオーレ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年11月25日

ミニジオラマ「ホスの戦い(1/350)」

2014年の暮れ、
エフトイズの「AT-AT2機セット」を手にしてから早や2年・・・!(寝かせたな〜^^;)

最近のバンダイメカコレに触発され、ようやく仕上げることが出来た。

at13.jpg

※「ホスの戦い」とは、映画「スターウォーズ・帝国の逆襲」の、ワンシーンです。



at11.jpg
↑↑↑
大きさは、ちょっと大きめのお茶碗サイズ。


俯瞰で見るとこんな感じ。
まあ、これくらいの角度から見るのがほとんどでしょう。
↓↓↓
at4.jpg

at7.jpg
↑↑↑
ベースは、BDディスクのケース。
地面は、プラスチックの保護ディスク上に紙ねんどを敷きつめ、上からタミヤの情景スプレー・
スノーホワイトを吹いた簡易的なもの。
AT-ATの足跡も、薄っすら付いてます。

at9.jpg
↑↑↑
コチラは脚の裏が見えるので塞いだ。

at5.jpg
↑↑↑
「AT-ATの2機セット」となるとやはり、片方は崩れ落ちたシーンにしたい!という
モデラー願望(笑)

at8.jpg
↑↑↑
ケーブルをつないだスノースピーダーは前回(2011年07月29日記事)やったので、
今回は被弾した機体にした。
しかし、あのスノーウォーカー作ったのってそんなに前なのか・・・・


at6.jpg
↑↑↑
スノートルーパーは、艦船用アップデートパーツを使用。身長約5mm。
プラ板でバックパックと腰スカート、手に銃(と言っても画用紙の切り出し)を持たせたら、
なんとなくスノートルーパーな後ろ姿に・・・(見えなくもない^^;)


at10.jpg
↑↑↑
「ホスの戦い」というジオラマ作品なんだけど、エフトイズ付属のプレートがカッコイイので
貼ってみた。


AT-AT本体は一部整面した程度で、汚したのみ。
けれど雪面を作って模型の位置を考えたり、スノースピーダーを作り起こしてみたり、
綿の煙を作ったり、極小トルーパーを配置したりと・・・
簡易的なミニサイズとは言え、久しぶりに情景模型製作は楽しかった〜!
けっこう目が疲れたけどね^^;
ホント、作ってよかった。


at1.jpg
↑↑↑
先にも書いたけど、スノースピーダーは、プラ板とプラ棒のスクラッチ製作。
大きさもあるけど、精度よりもイメージ優先でしか作れませんので^^;ほどほどに。

(製作には、モデフェスにも展示されていた有名モデラー・SOLさんのブログ記事を、大いに
 参考にさせていただきました^^)

固定する角度もある程度決めていたので、右側のエアブレーキを展開状態にしてみた。
(多分、書かないと気付かれない!)

そしてベースに固定する前に・・・・


at2.jpg

「・・・装甲が厚くて、ブラスターが効かない!」とか言ったりして、

at3.jpg
↑↑↑
まあ、遊ぶよねー^^
せっかくなのでそのうち、屋外でも撮影してみようかな。



at14.jpg
↑↑↑
最後に、これが商品のパッケージ。
そういえばサンドクローラーもこのとき入手し、さきにウエザリングしたなあ。
2014年11月05日記事
↓↓↓
sc05.jpg


posted by アイスオーレ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年02月02日

1/12 ボバ・フェット 4

さんざん遊んだボバ・フェットだけど、
そろそろここらで一段落しようかな。


bf301.jpg


bf401a.jpg


bf302.jpg


bf304.jpg


bf305.jpg

ホント、人間っぽい動きをトレースしてくれるので、ポージングが楽しい。
ちなみにライフルのスリングは、製作途中で案の定切れてしまったので極細リード線と
プラ板に交換。


bf303.jpg

bf306.jpg
↑↑↑
バックパックの下にスタンドを接続できるので、空中姿勢も想像で再現。
この角度だと、マントのたなびき加減がいい感じ(上)。
足裏の砂埃もぬかりなく^^



そしてそして・・・



bf307b.jpg
↑↑↑
ボバ  「死んだらどうする?こちらは大損だ!」
ベイダー「損害は帝国が補償する」

(帝国の逆襲)

とまあ、並べるだけであのシーンを彷彿させていい感じ!
こうなったら、背景とか照明とかも凝ってみたらもっと面白いかもね。
ホント気に入ったので、もう少し部屋に飾っておこう^^


今回も投稿サイト「ホビコム」に投稿してます。


・ボバのファンムービー。
「ローグ・ワン」でもこういう描写がほしいなあ。

・旧3部作(特別篇)、ボバの活躍シーンまとめ
というか、このように本編ではほとんど活躍していない。

posted by アイスオーレ at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年01月30日

1/12 ボバ・フェット 3(久々のシリコンバリア)


「・・・・・・呼んだ?」


bf206.jpg

今日も前回につづき、
バンダイ・1/12 「バウンティ・ハンター」ボバ・フェット。

人間っぽいシルエットの再現度は、今回もかなり高い。
さすが世界のバンダイプラモだ。

bf202.jpg

bf203.jpg

今回の「装甲ハゲチョロ表現」は、以前書いたようにシリコンバリアを使ったもの。

1.下地はタミヤ缶スプレーのメタルシルバー。
2.その上に、シリコンバリアを筆塗り。これは塗料ではないのでムラは出ない
 (エアブラシで吹いてもいいかと)。
3.じゅうぶん乾燥させたら、僕の場合ここでホワイトサフを吹く。ここで塗膜にやや厚みを
  作ることで、剥がした部分にわずかな段差を作りたいから。
4.装甲表面の色を吹く。
5・デカールを貼り、TOPコート・ツヤ ⇒ ツヤ消しを吹く。

6・インストや資料になる画像を見つつ、エッジ部分からデザインナイフで削っていく。

dk.jpg
 ↑↑↑
 まっすぐの刃だけだと場所によっては削れ過ぎたりするので、Rが付いている刃を併用
 するといいように思う。

rt.jpg
 ↑↑↑
 被弾痕のへこんだところは、リューター用の球形ヤスリアダプタを使う。
 慎重にグリグリしてると、キレイに剥がれる。
 (アタリマエだけどリューター使っちゃダメよ)

7・エナメルのシルバーで、部分的にチッピングを追加し、全体のバランスを見る。

8・ウエザリングマスター・オイルなどのパステルでくすませる(完了)



bf205.jpg
↑↑↑
レーザー銃等、固定装備は左腕。ジャンゴのときは火炎放射器だった。

「ジェダイの帰還」を見ると、右腕側シルバーの部分はワイヤー射出器だった。
ヒジの配線パーツは、極細リード線に変更。
↓↓↓
bf208.jpg
↑↑↑
削った部分、地の金属色(シルバー)と表面色の間に、下地色(ホワイト)が入ってくる
のがいい。
でもこういうのは、アップ画像にしないとなかなか分かりにくいかもしれないね。
↓↓↓
bf209.jpg


bf212.jpg


bf204.jpg
↑↑↑
膝の突起パーツは、最後の最後に取り付ける。
接着必須。


bf207.jpg
↑↑↑
頭側のミサイル照準器は可動する。軟質樹脂なので折れにくそう。このへんの配慮がニクいね。
背中のミサイルは取替えているであろうから、汚していない。
(というか、エナメル割れっぽいのが・・・!ああ)




bf210.jpg
↑↑↑
腰ベルトのバックルは、エナメル・シルバーで筆塗り。穴はガンダムマーカー(黒)
ベルトの下(オシリの上)も少し装甲になっているようなので、ここも削ってハゲチョロ処理を。
マントには少しグラデーションを付けた。
↓↓↓
bf211.jpg



bf201.jpg
↑↑↑
センサーを操作しているようなこのポーズ好きなんだけど、右腕に操作盤が付いてるか
どうかは不明^^;
ヘルメットのバイザーは、コーティングポリマーで少し磨いてみた。
足元、ズボンすそはパステルのサンドを使用。クツはパステルを水で溶いて塗り、ややホコリっ
ぽくした。

・・・・・・・・・・・・

なんかホント、コスチューム着てる人間の雰囲気がよく出ているキットだった。
ベイダーやトルーパーとはまた違う雰囲気がいい。
しかしここまで仕上げると正直、可動部分の違和感がやはりちょっと気になってしまうんだ
けど・・・
まあ、見る角度によってはあまり目立たないので良しとしよう。
手間をかけただけ、愛着も沸くしね。

今度は、ベイダー&トルーパーとも並べて撮影しようと思う。
それにしても、せっかく新章が始まったのに、いま旧3部作キャラで楽しんでいるのは
どうなんだろう?って気もするけど。
まあ、いいか^^


posted by アイスオーレ at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ