2017年04月28日

1/72 Yウイング・スターファイター完成 &「高石模型祭り2017」

明日からの「高石模型祭り」に出展するために、先月からとりかかっていた
バンダイ「1/72 Yウイング・スターファイター」
だけど、
せっかくの展示会なので、単体で終わらせるのはなあ・・・と思い、ちょっと情景にしてみた。

・・・とはいえ、いつもエアモデルを撮影するとき用の簡易ベースに、整備員たちを並べてみた
だけなのだが^^;


y01.jpg
↑↑↑
パイロット&R5も塗る!


y02.jpg
↑↑↑
全景はこんな感じ。
左上に誰か居るね・・・・

y03.jpg

y04.jpg

ハシゴや整備員は、ハセガワ・グランドクルーセットから。
整備服の色も、いつものカーキ系では合わないので変えてみた。

y05.jpg

y06.jpg
↑↑↑
フィギュアは固定せず、いろいろ試行錯誤した結果、このような配置で行こうかと。

y07.jpg

今回も、YとAウイングのパイロットフィギュアをヘッドルーペして塗ってたんだけど、
さすがバンダイ製最新キットパーツの造形がスゴイ。
ゴーグルしてるからカオ下半分だけど、もうとてもシャープ。

ずいぶん昔のキット(グランドクルーセットが)と比べてしまうのもなんだし、確かにルーペ
で見ないと分からないレベルなんだけど・・・
しかしホント、このクオリティでエアモデルと絡められるフィギュア(僕には主に、1/72と1/48
サイズ)を製品化していただければなあ・・・と思った。

バンダイさんはユーザーの需要的にムリだろうから、やはりここはハセガワさんタミヤさんに
がんばっていただきたいところ!





続いて、今回僕が「関西仮組・SWコーナー」に展示するアイテムもご紹介。





「ホスの戦い」

at1.jpg

at2.jpg

at3.jpg

at4.jpg
↑↑↑
前にも載せたけど、今回はY撮影のついでに再度、黒背景で撮ってみた。
スケールは1/350 くらいかな?
AT−ATの足元を走るスノートルーパーズの身長も、約5mmほど。

at5.jpg

メンバーたちが最新のバンダイ・1/144AT−ATを展示するので、その横にでもこっそり置かせて
もらいます^^
ミニマムな情景も、ぜひ。






そして、





「・・・ベイダー卿って、超コワくね?」
「パネぇよな・・」
「気にくわなかったら、すぐ首しめてくんじゃん」
「それな」

tp1.jpg
↑↑↑
と、まさかの「くつろぎトルーパーズ」も展示します^^


tp2.jpg
↑↑↑
このために、1/12の雑誌類も作ったりしてね。
戦争に疲れた、その仮面に隠されたトルーパーの本音を垣間見てほしい(冗談)



あとは1/72・Aウイング、そしていくつかビークルモデルも並べてます。
バンダイキットが充実するにつれ、展示会ごとに関西仮組SWコーナーも充実していく感じが
イイわ^^


そして、
僕個人としては、そのSWコーナーのとなりにスケールモデル、
「1/200・エアラインズ」を

200al.jpg

1/200・旅客機模型を5機ほど並べてます。

こちらもぜひどうぞ^^


では明日・明後日と、高石模型祭りを(関西仮組ブースも)よろしくお願いします^^


posted by アイスオーレ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年03月29日

1/72 Yウイング・スターファイター 1


yo5.jpg

「・・・ベイダー卿って、コワすぎじゃね?」
「パネぇよな」
「気にくわなかったら、すぐ首しめてくんじゃん」
「それな」

このふたりも来月の高石で展示するので、いまポージングを研究中、、、、って、そんなたいそうな
もんじゃないけどね^^


y01.jpg
↑↑↑
で、我らが”大人の模型サークル”、「関西仮組」では定番になってきた、「スタ−ウォーズ展示コーナー」
に飾ろうか、ということで1日かけて組み上げた、
「バンダイ1/72 Yウイング・スターファイター」。

3年ほどまえにファインモールド製のYウイングを組み立てたのだが、同じように別パーツとなっている
パイピングを丁寧に組み立てていく。

ファインモールド・1/72Yウイング完成記事



シルエットではあまり違いが分からないが(偏向パドルの形状は丁寧な感じ)、バンダイ製はさすがに

@ 組み立て説明書の解説が超・親切。(1・2パーツ毎に進めてくれるので分かりやすい)
A パイプパーツが柔らか素材なので、折れる心配が少ない。

でも、折れないといってもヘンに力が入ると曲がるので、そこは注意だ。
(すぐ戻せるけどね)
ハメ込むだけでピタっと収まるけど、やはりほとんどの接続部分は流し込みセメントで固定した。
ウォッシングしたらいろいろあるだろうから。

機首側面の青いラインと、各エンジン先端・コーンの黄色いラインはデカールを貼った。
それと、
キットではこのコーンを外して内部メカが見える仕様だったのに、4本の支柱を接着してしまったので
見えなくなってしまったことにあとで気付いた。あーあ。


y04.jpg
↑↑↑
1本づつ、湯口と成型時の僅かな段差はなるべくヤスリを当てた。でもムリしちゃいけない!^^;
やはりパイプ類が「浮いている」立体感は、お見事!だ。



y03.jpg
↑↑↑
そして今日は、ウエザリングをスタート!
デカールを貼ったところは、アクリルのフラットクリアを塗って保護しておいた。


y02.jpg
↑↑↑
ビーコレと比べると、さすがに大ボリュームだ。
ビーコレも単色でウエザリングしただけだったから、さすがに単調だな〜。
まあ、今回はもう少し塗り重ねる予定。

久々にFMキット完成記事を見ると、めっちゃ気合入ってた感じだったし^^;
レベルダウンはやだもんね。

posted by アイスオーレ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年03月24日

WAR IS OVER! その2

「非常警報!」「戦闘態勢!」

w1.jpg
「コイツ、くつろいでやがる・・・おい、早く出動しないか!」
「・・・えー、オレ嫌ですよ」

w5.jpg
「誰も戦争なんかしたくありませんって」

w6.jpg
「でもオマエ、それじゃ銀河帝国の平安は保てないだろ!」

w5.jpg
「誰も戦争しなければ、それでもう平和じゃないですか」

w6.jpg
「・・・それもそうだな」




w4.jpg
↑↑↑
「1/12 Design Interior Collection ル・コルビュジェ LC4-シェーズ・ロング 」
トルーパーを寝そべらせたかったので、ついAmazonで衝動買いしたさ。



w2.jpg

「気持ちよさそうだろ?」

w3.jpg

とても戦争なんてやってられないよ。
目の前にはスカリフの、こんなに美しい海とビーチが広がってんのに。

c3f40b9c.jpg

thumb5.jpg

01801001424.jpg
↑↑↑
スカリフの撮影地、モルディブ。キレイだよね。


ホント、なに戦争なんてやってんだよ。バカじゃねえの?

・・・・ということで、

トルーパーに入ってるのは僕かも知れません。
もう戦争はいいんだよ、ってハナシ。
(いや、「ローグワン」は面白かったのよ!)



xr016.jpg
↑↑↑
WAR IS OVER! その1






ボーイ・ジョージも拙い日本語で叫んでたよ。
「戦争反対!戦争反対!」
ってさ。


それはそうと、TOP画像をRGクアンタにしたのに記事後回し、っていうね。
まあ、いつものことだけど!


posted by アイスオーレ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2017年03月04日

ハートにファイア

興味深い「SWかえうた」を見つけた。


SW版「ハートにファイア」





これはビリー・ジョエルの「ハートにファイア」(1989年)が元歌だ。




もとうたの歌詞はコチラ


歌詞付きPV
↓↓↓



当時も聞き覚えがあったんだけど、物騒な歴史を羅列したうただったんだよねー。
知らなかった。



〜俺たちが火をつけたんじゃない

いつだって炎は燃えていた

世界がまわり始めてからずっと

俺たちが火をつけたんじゃない

そう、俺たちが火を足したんじゃない

俺たちは戦おうとしてきたんだ!



padmeamidala.jpg



〜フォースのともにあらんことを〜


posted by アイスオーレ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月30日

スターウォーズ・ビークルモデル 4

暮れも押し迫ってますが、まだまだスターウォーズで遊びますよ。

最近のお気に入り、ビークルモデル ✕ アクションベース3(背景付け)。

sw21.jpg
↑↑↑
支柱を3のものに変えたけど、やはり少し大きいかな。
でも机上でこの疾走感はたまらない!^^



さらに、ターボレーザーを配して立体的に。
こうすると、疾走感がなくなっちゃうけど、まあ仕方ない。
(レーザーは緑がいいけど、まだ手元にない^^;)

sw227.jpg
↑↑↑
これもなかなかイイ(いつもの自画自賛)。
全部をナナメに配置すると、浮遊感が出る(気がする^^)



最後にビークルではないけれど、コンビニで見つけたキリンFIREのオマケトルーパー。
これ、ブラインドじゃないのがいい。各フェイスキャップのキャラクターがそのまま入ってる。
表面を整えて、スミ入れと部分塗装をしてみた。(ちなみに柔らか素材です^^;)

fst.jpg

fst2.jpg

fst3.jpg
↑↑↑
なかなかいい感じ^^ 身長は約35mmで、1/48サイズに近い。
AT−STあたりを買ってきて、情景を作りたくなった!




posted by アイスオーレ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月29日

1/72 Aウイング・スターファイター

デススター・サーフィスのターボレーザー・タワーが目的で購入したAウイングだったけど、
いざ仕上げてみると、
カッコイイよね、Aウイング!となる^^

aw1.jpg

aw2.jpg
↑↑↑
「ジェダイの帰還」においてAウイングは新鋭機という設定だったが、登場シーンは少ない。
さらに着陸脚を出している状態、となれば皆無だった(と思う)ので、組んでみるとこれがなかなか
珍しくっていい感じ。
もちろん脚は差し替え可能だけど、抜き差ししていると折れそうなのでこのままにしておく。

脚庫扉のウラを白く、フチを赤く塗っているのは、自称エアモデラーのご愛嬌^^


aw3.jpg

aw4.jpg

aw5.jpg
↑↑↑
キットには電飾する余地はあるけど、今回は気分ではないので^^;ミラーフィニッシュを貼ってみた。
まあ「あとは電飾するだけ」っていうほどキットのクオリティが高いということだけど、気楽に
作りましょ^^
いや、でもキット自体がホント「電飾もどうぞ!」な感じなのがニクイ。

aw6.jpg



aw7.jpg

aw8.jpg
↑↑↑
いい成型色^^
グレーのところはデカール。乾燥後、全体にツヤ消しを吹いてMrウエザリングカラーを薄めに、
まだらに塗布。
さらに乾燥後、様子を見ながらスポンジヤスる。(⇐新語?^^;)
オイル垂れは、チョンと置いたガンダムマーカーを指で後ろ方向にこすり付ける。
銀ハゲチョロも、ガンダムマーカー。
あとはデザインナイフで削ったり、スポンジヤスったりで調整する。
ビーム砲は、シルバー(エナメル)でドライブラシ。



aw11.jpg

aw12.jpg
↑↑↑
(撮影してしもたけど)せっかくなので、ハセガワ1/72スタッフフィギュアを使って情景にして
みたい気もする。



aw9.jpg

aw10.jpg
↑↑↑
意外と楽しい、ビームエフェクトパーツ。
さすがバンダイ、スケモメーカーではやらないことをやってくれるのがイイ。
これ、トルーパーにも使えるしね^^

もともとは「Aウイング・インターセプター」だったらしいけど、確かにその方がしっくりくる
かも。TIEインターセプターの対抗機、という設定がイイ^^

小振りな機体だけど、スケール的にはプロップを再現しているために少し大きめ?
とはいえYウイングを並べたら小ささは際立つことだろうなあ。

Yウイングか・・・

作りたいな。





posted by アイスオーレ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月28日

1/12 ショアトルーパー

Aウイングを載せようと思ったんだけど、先にショアトルーパーのほうを。

st2.jpg

惑星スカリフの、美しいビーチに建つ帝国研究施設を警護するトルーパー。
なので「ビーチトルーパー」でもいいんじゃない^^(超リゾート感!)

というか、こんな美しい場所に無粋なタワー建てるな、って思わせる施設。
撮影地はモルディブだって。

で、あくまでもこの地方(惑星)だけのローカル・トルーパーなので、EP4以降には登場しない、
ということらしい。
トルーパーも銀河の各地で、現地改修されたバリエーションが無数にあるってことだね。
形状はスカウトトルーパーっぽくもあり、サイロン歩兵っぽくもあるな。

st1.jpg

st4.jpg

これもいい成型色してる。
表面処理後、いつもどおり直接汚して、ヤスって整えたんだけど、1/12スケールプラモでも、
なかなかいい感じ(薄汚れた感じ)に仕上がったと思う^^
銃のみ、ツヤ消し黒(アクリル)を塗って、メタリックグレー(エナメル)でドライブラシ。

st3.jpg
↑↑↑
ヒザ後ろの関節パーツ、間違って黒いのを使ってしまった^^;
キットにはちゃんと、関節色の別パーツがある。

st6.jpg

st7.jpg

ダースベイダーを作ったときもだったんだけど、真っ黒のキットを作ってるとなんか気分が
沈んでくるんだよね(笑)
なのでローグワン・キットは、デストルーパーでもKでもなく、まずはショアトルーパーを
選んだ。

このキットはキャプテン、スクワッドリーダー、レギュラーの仕様を作り分けられるんだけど、
個人的に「トルーパーは白黒」という刷り込みがあるので、まずは「レギュラー(一般兵)」
で仕上げてみた。
ただ他のカラーリングも面白いので、また別仕様で作ってみたいと思う。



で、これを機に我が家のトルーパーも見直すことに。
テケトーに作ってたので^^; ちゃんとシール貼ったり、部分塗装もしてみた。



st5.jpg

st8.jpg

st9.jpg
↑↑↑
スカリフの仲間たち。
映画ではストームトルーパーもけっこう汚れてたので、またそのバージョンも作ったら
楽しそう。汚してからツヤを吹いたような感じだった。


そしてテケトー2の、ファーストオーダー・トルーパーも見直し。
さらに今回は、手首ごとストームトルーパーのライフルを持たせてみた。

st11.jpg

st10.jpg


これはこれでカッケー!^^
でもやはりもう少し、脚はシュッとしたほうがいいかな・・・

最後にショアトルーパーも追加して、我が家の現トルーパーたち。


st12.jpg

st13.jpg

いい感じに充実してきた^^ 

いまのところ統一感はないけど、まあいいや。

posted by アイスオーレ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月23日

スターウォーズ・ビークルモデル 3

アクションベース3のフレームに背景を入れて、

その前にビークルモデルを置いて楽しんでみる。

sw21.jpg



まずは、デススター・トレンチ!

「こちらゴールドリーダー、突入する!」


sw23.jpg


「急いでくれ!」
「あともう少しだ〜・・!」 ⇐ レッドリーダー


sw20.jpg


なんともアナログな手法だけれども。。。。
プラモ製作趣味、というもの自体がアナログそのものなんでまあいいや^^;

飛び出る!感じが3D映画の宣伝っぽいのよね。
まあ、実際に飛び出てるから。


続いて第2デススター!



sw24.jpg

sw25.jpg


これ、目の前に置いているとホント面白いんだよね^^
画像にしてみると正直、半分くらいしか伝わらないんだけど・・・



では、もう一度デススター・トレンチ!
ローグワンの決死の行動がここに繋がる!と思うと改めてひとしおだ^^




「敵に追いつかれないよう、フルスロットルでターゲットに向かう!」
「ついてくぜ、ボス!」


sw22.jpg



「飛ばし過ぎてぶつかるなよ!」
「(大丈夫、)故郷のベガーズ渓谷のようなもんだ!」


sw26.jpg


「後ろはまかせろ、カバーするぜ!」
「スコープにターゲットが映らないぞ!当てられるのか!?」


sw29.jpg


「敵機を警戒してくれ、砲台はまかせろ!」

「・・・3時の方向から敵機!」


とまあ、

つづきは来年2月発売の、TIEファイターを作ってからにしよう^^


あー、楽しいこと思いついた。
ブログでいくらかでも伝わるといいんだけど!



sw27.jpg


フォースとともにあらんことを!


posted by アイスオーレ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月22日

スターウォーズ・ビークルモデル 2

スターウォーズ・ビークルモデル記事、

今回はスター・デストロイヤー。

「ローグワン」に出てきたスター・デストロイヤーは真っ白だった。(厳密には薄ーいグレー
なんだろうけど・・・)
でもこれは、僕が子どもの頃から強く残っているスタデの印象そのままだったので、スクリーンを
見ながら、ここでも懐かしい思いだった^^

なので我が家のスタデも、すでにグレーで塗装&スミ入れもしてたんだけど、もう少し白っぽく
吹きなおしてみた。

それにしても、黒の背景紙に白い艦体の撮影って難しい。。。。


sd3.jpg

sd4.jpg
↑↑↑
11cmほどのサイズにこのディテールはまさに驚愕。というかこのシリーズ全部スゴイんだけれど、
もうこんなキットが「存在している」ということだけで素晴らしい。
3PO風に言うなら、「・・・製造者(メーカー)に感謝!」
バンダイさんにはこの勢いで、30cmクラスのキットをぜひリリースしていただきたい^^



sd5.jpg

sd7.jpg
↑↑↑
さらに2隻並べると楽しさは倍増する。
これだけでひとつの情景になる。

さらに、


sd8.jpg

sd9.jpg
↑↑↑
3隻並べると、もう完全に封鎖線だ^^
威圧感と不気味さもさらに倍増(フレームからもはみ出るほど!)

3隻あると、


sw28.jpg
↑↑↑
「衝突に備えろ!」
帝国の逆襲、アステロイドベルトのシーン(ファルコンが逃げていくところ)も楽しめたりする。
(2隻でもOKだけど^^;)

ビークルモデルシリーズはお求めやすいゆえに止めどなく買い続けてしまいそうだけど、とりあえず
スタデはここで小休止。

帝国軍も反乱軍も、キット化してほしい艦艇はいっぱいあるので、今後どういうものが発売されて
いくのかが非常に楽しみ。
というか、ぜひ艦艇シリーズを繋げていってほしい!
個人的には、まずは病院船かな〜^^


sd10.jpg
↑↑↑
最後に、アクションベース3のフレームに背景を入れてみた。
これがけっこう楽しいので、もう少し遊んでみようと思う。

posted by アイスオーレ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月21日

ターボレーザー 1

さて、昨日フィーチャーした
デススター表面に、無数に配備されている「ターボレーザー」

1/72・Aウイングファイターのキットに付属する。

tl1.jpg

tl2.jpg
↑↑↑
これだけを記事にするのはかなり地味だが^^;
主役のビークルを引き立てるには最高のアイテムだ。


tl4.jpg
↑↑↑
映像と比較してみても、そのディテールは完璧だ。
このキットが無いとして、もし思い立ってスクラッチしようとしても、おそらく僕にはここまでの
熱意は生まれずせいぜい「なんとかそう見えなくもない」ターボレーザーしか作れないだろう。
だからもう、この存在自体が素晴らしいこと。
3PO風に言うと「製作者(メーカー)に感謝!」なのだ^^


tl3.jpg
↑↑↑
やっぱりいままで映画を観続けてきたイメージでは、この大きさ対比の方がしっくり来る
んだよね。
ホント楽しくなっちゃって・・・・^^
これ、塔の中間あたりでカットしたら、側溝内に配置されているターボレーザーも再現できそう
だしね。

ということで、もう1セット欲しいところ。
そしてあとやっぱり、ビームエフェクトパーツ(緑)も欲しい!
うーん、ホントうまいことやるなあ^^;

posted by アイスオーレ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年12月20日

スターウォーズ・ビークルモデル 1

ボチボチと作り続けているスターウォーズの「ビークルモデル」シリーズも、ようやくこれくらい
揃ってきた。
bc06.jpg
↑↑↑
クリックで最大

基本的に表面処理(たまに合わせ目処理)後、ちょっと塗って汚してツヤ消し吹いて完成!
と、お手軽に仕上げている。
それでも十分雰囲気が出る(と思う)ハイレベルキットなので、楽しくってどんどん
増えてく感じ。Xウイングなんかはもう少し欲しい^^

あと大ヒットなのが「1/72・Aウイング」のキットに入っているターボレーザー塔。
これでデススター表面を再現できるのだが、個人的にはビークルモデルのサイズに合わせた方が
しっくりくるように思う。
これはもう・・・もうひとつ揃えるか。


そして、先週末発売されたミレニアム・ファルコン。

bc01.jpg
↑↑↑
またひとつ、カッチョええファルコンモデルが手に入った。
このサイズでこの造形、本当にバンダイの技術は素晴らしい^^
これもシールの部分は塗装、そのままウエザリング ⇒ ツヤ消しTOPコートしたもの。

bc02.jpg
↑↑↑
以前入手した、エフトイズ・ビークルコレクションのファルコン(右)と比べると、少し
大きかったので嬉しかった^^
(そういえば、1/72ファルコンも、ファインモールド製よりも少し大きめだった)


ということで、
黒画用紙をバックに、ターボレーザーとともに簡単に撮ってみた。


bc05.jpg

bc03.jpg

bc04.jpg

机上に、こうもカンタンにSW世界が広がるなんて・・・
う〜ん、マジでチョーカッケエエ!!(いつもの自画自賛^^;)
今度はいろいろ絡めて撮ってみよう。

やっぱターボレーザー最高なんだけど、帝国軍用ビームエフェクト(緑)があればさらに楽しい
だろうね(先日ツヨさんが付けてたので・・・)
台座パーツももう少し連結したいので、1/72キットもボチボチ揃えようかな。。。

願望としては・・・1つの1/72キットに、ぜひ2枚の台座パーツを封入してほしかったんだよね。
(Aウイングはターボレーザー塔・プラスワンなのでおトク感^^)
もしくは、プレバンなどで台座パーツセットとかね。


bc07.jpg
↑↑↑
クリックで最大

来年はローグワンキットや、いよいよTIEファイターも出るようなので非常に楽しみ!

ローグワンといえばベイダー卿、恐かったなあ〜・・・・
ホント「暗黒卿」だった!


posted by アイスオーレ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年11月25日

ミニジオラマ「ホスの戦い(1/350)」

2014年の暮れ、
エフトイズの「AT-AT2機セット」を手にしてから早や2年・・・!(寝かせたな〜^^;)

最近のバンダイメカコレに触発され、ようやく仕上げることが出来た。

at13.jpg

※「ホスの戦い」とは、映画「スターウォーズ・帝国の逆襲」の、ワンシーンです。



at11.jpg
↑↑↑
大きさは、ちょっと大きめのお茶碗サイズ。


俯瞰で見るとこんな感じ。
まあ、これくらいの角度から見るのがほとんどでしょう。
↓↓↓
at4.jpg

at7.jpg
↑↑↑
ベースは、BDディスクのケース。
地面は、プラスチックの保護ディスク上に紙ねんどを敷きつめ、上からタミヤの情景スプレー・
スノーホワイトを吹いた簡易的なもの。
AT-ATの足跡も、薄っすら付いてます。

at9.jpg
↑↑↑
コチラは脚の裏が見えるので塞いだ。

at5.jpg
↑↑↑
「AT-ATの2機セット」となるとやはり、片方は崩れ落ちたシーンにしたい!という
モデラー願望(笑)

at8.jpg
↑↑↑
ケーブルをつないだスノースピーダーは前回(2011年07月29日記事)やったので、
今回は被弾した機体にした。
しかし、あのスノーウォーカー作ったのってそんなに前なのか・・・・


at6.jpg
↑↑↑
スノートルーパーは、艦船用アップデートパーツを使用。身長約5mm。
プラ板でバックパックと腰スカート、手に銃(と言っても画用紙の切り出し)を持たせたら、
なんとなくスノートルーパーな後ろ姿に・・・(見えなくもない^^;)


at10.jpg
↑↑↑
「ホスの戦い」というジオラマ作品なんだけど、エフトイズ付属のプレートがカッコイイので
貼ってみた。


AT-AT本体は一部整面した程度で、汚したのみ。
けれど雪面を作って模型の位置を考えたり、スノースピーダーを作り起こしてみたり、
綿の煙を作ったり、極小トルーパーを配置したりと・・・
簡易的なミニサイズとは言え、久しぶりに情景模型製作は楽しかった〜!
けっこう目が疲れたけどね^^;
ホント、作ってよかった。


at1.jpg
↑↑↑
先にも書いたけど、スノースピーダーは、プラ板とプラ棒のスクラッチ製作。
大きさもあるけど、精度よりもイメージ優先でしか作れませんので^^;ほどほどに。

(製作には、モデフェスにも展示されていた有名モデラー・SOLさんのブログ記事を、大いに
 参考にさせていただきました^^)

固定する角度もある程度決めていたので、右側のエアブレーキを展開状態にしてみた。
(多分、書かないと気付かれない!)

そしてベースに固定する前に・・・・


at2.jpg

「・・・装甲が厚くて、ブラスターが効かない!」とか言ったりして、

at3.jpg
↑↑↑
まあ、遊ぶよねー^^
せっかくなのでそのうち、屋外でも撮影してみようかな。



at14.jpg
↑↑↑
最後に、これが商品のパッケージ。
そういえばサンドクローラーもこのとき入手し、さきにウエザリングしたなあ。
2014年11月05日記事
↓↓↓
sc05.jpg


posted by アイスオーレ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年02月02日

1/12 ボバ・フェット 4

さんざん遊んだボバ・フェットだけど、
そろそろここらで一段落しようかな。


bf301.jpg


bf401a.jpg


bf302.jpg


bf304.jpg


bf305.jpg

ホント、人間っぽい動きをトレースしてくれるので、ポージングが楽しい。
ちなみにライフルのスリングは、製作途中で案の定切れてしまったので極細リード線と
プラ板に交換。


bf303.jpg

bf306.jpg
↑↑↑
バックパックの下にスタンドを接続できるので、空中姿勢も想像で再現。
この角度だと、マントのたなびき加減がいい感じ(上)。
足裏の砂埃もぬかりなく^^



そしてそして・・・



bf307b.jpg
↑↑↑
ボバ  「死んだらどうする?こちらは大損だ!」
ベイダー「損害は帝国が補償する」

(帝国の逆襲)

とまあ、並べるだけであのシーンを彷彿させていい感じ!
こうなったら、背景とか照明とかも凝ってみたらもっと面白いかもね。
ホント気に入ったので、もう少し部屋に飾っておこう^^


今回も投稿サイト「ホビコム」に投稿してます。


・ボバのファンムービー。
「ローグ・ワン」でもこういう描写がほしいなあ。

・旧3部作(特別篇)、ボバの活躍シーンまとめ
というか、このように本編ではほとんど活躍していない。

posted by アイスオーレ at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年01月30日

1/12 ボバ・フェット 3(久々のシリコンバリア)


「・・・・・・呼んだ?」


bf206.jpg

今日も前回につづき、
バンダイ・1/12 「バウンティ・ハンター」ボバ・フェット。

人間っぽいシルエットの再現度は、今回もかなり高い。
さすが世界のバンダイプラモだ。

bf202.jpg

bf203.jpg

今回の「装甲ハゲチョロ表現」は、以前書いたようにシリコンバリアを使ったもの。

1.下地はタミヤ缶スプレーのメタルシルバー。
2.その上に、シリコンバリアを筆塗り。これは塗料ではないのでムラは出ない
 (エアブラシで吹いてもいいかと)。
3.じゅうぶん乾燥させたら、僕の場合ここでホワイトサフを吹く。ここで塗膜にやや厚みを
  作ることで、剥がした部分にわずかな段差を作りたいから。
4.装甲表面の色を吹く。
5・デカールを貼り、TOPコート・ツヤ ⇒ ツヤ消しを吹く。

6・インストや資料になる画像を見つつ、エッジ部分からデザインナイフで削っていく。

dk.jpg
 ↑↑↑
 まっすぐの刃だけだと場所によっては削れ過ぎたりするので、Rが付いている刃を併用
 するといいように思う。

rt.jpg
 ↑↑↑
 被弾痕のへこんだところは、リューター用の球形ヤスリアダプタを使う。
 慎重にグリグリしてると、キレイに剥がれる。
 (アタリマエだけどリューター使っちゃダメよ)

7・エナメルのシルバーで、部分的にチッピングを追加し、全体のバランスを見る。

8・ウエザリングマスター・オイルなどのパステルでくすませる(完了)



bf205.jpg
↑↑↑
レーザー銃等、固定装備は左腕。ジャンゴのときは火炎放射器だった。

「ジェダイの帰還」を見ると、右腕側シルバーの部分はワイヤー射出器だった。
ヒジの配線パーツは、極細リード線に変更。
↓↓↓
bf208.jpg
↑↑↑
削った部分、地の金属色(シルバー)と表面色の間に、下地色(ホワイト)が入ってくる
のがいい。
でもこういうのは、アップ画像にしないとなかなか分かりにくいかもしれないね。
↓↓↓
bf209.jpg


bf212.jpg


bf204.jpg
↑↑↑
膝の突起パーツは、最後の最後に取り付ける。
接着必須。


bf207.jpg
↑↑↑
頭側のミサイル照準器は可動する。軟質樹脂なので折れにくそう。このへんの配慮がニクいね。
背中のミサイルは取替えているであろうから、汚していない。
(というか、エナメル割れっぽいのが・・・!ああ)




bf210.jpg
↑↑↑
腰ベルトのバックルは、エナメル・シルバーで筆塗り。穴はガンダムマーカー(黒)
ベルトの下(オシリの上)も少し装甲になっているようなので、ここも削ってハゲチョロ処理を。
マントには少しグラデーションを付けた。
↓↓↓
bf211.jpg



bf201.jpg
↑↑↑
センサーを操作しているようなこのポーズ好きなんだけど、右腕に操作盤が付いてるか
どうかは不明^^;
ヘルメットのバイザーは、コーティングポリマーで少し磨いてみた。
足元、ズボンすそはパステルのサンドを使用。クツはパステルを水で溶いて塗り、ややホコリっ
ぽくした。

・・・・・・・・・・・・

なんかホント、コスチューム着てる人間の雰囲気がよく出ているキットだった。
ベイダーやトルーパーとはまた違う雰囲気がいい。
しかしここまで仕上げると正直、可動部分の違和感がやはりちょっと気になってしまうんだ
けど・・・
まあ、見る角度によってはあまり目立たないので良しとしよう。
手間をかけただけ、愛着も沸くしね。

今度は、ベイダー&トルーパーとも並べて撮影しようと思う。
それにしても、せっかく新章が始まったのに、いま旧3部作キャラで楽しんでいるのは
どうなんだろう?って気もするけど。
まあ、いいか^^


posted by アイスオーレ at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年01月29日

1/12 ボバ・フェット 2

ようやく完成、
バンダイ・1/12 ボバ・フェット。 

今回も、(PCの場合)F11キーを押して見てもらったほうがいいかも。

bf101.jpg


bf102.jpg


bf103.jpg


bf104.jpg


・・・と、まずは数枚UPしてみた。


bf2.jpg
↑↑↑
繰り返すけど、これは前回の記事で掲載した、表面処理した状態のとき。
この時点でもかなりカッコヨク思えていたが、やはり塗装とウエザリング、
さらに今回は、シリコンバリアによるハゲチョロ装甲表現を施すことで、
我ながら次元の違う仕上がり具合に。(あくまでも充実感からくる、自画自賛です)

記事はまた、後日つづきます^^


posted by アイスオーレ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年01月22日

1/12 ボバ・フェット 1

昨年、ダースベイダーを仕上げたときに無性に欲しくなった、これまたバンダイの最新SWキット
「1/12 ボバ・フェット」

bf1.jpg

旧3部作のなかではとくに大きな活躍もしてないし、最後はサルラックに飲み込まれてあっけなく
終わってたので、なんでこんなに人気があるのかな〜と思ってたけど、
このキャラこそ、数年かけてSWファンたちが育てていったキャラクターの代表なのかもね。
30年後のいま、こうやって見るとカッコよく見えるもの^^
新しいスピンオフで出てこないかな。

ストームトルーパーは仕様的にも、ほぼ組み上げるだけ + 無塗装で十分満足出来たので、
今回はちゃんと塗装して仕上げてみようと思う。


bf2.jpg
↑↑↑
湯口&表面処理、腕・脚、銃などの合わせ目を消した状態。
気分次第では、もうこれで十分!とも思えるクオリティ。
いうまでもなくこのバンダイSWシリーズは本当にハイレベルの造形・バランスで素晴らしい。

でも今回は、もうちょっと遊ぶ。
昔、あの頃のキットを作っていた記憶からすると、いま本当にこんなSWプラモが作れるなんて
夢のようだ。シアワセをかみしめる。


bf3.jpg
↑↑↑
腕・脚はサフ(ライトグレー)、上着はホワイトサフを吹き、それぞれスミ入れ黒、グレーで
ウォッシング。
関節部分はWMか、ガンダムマーカーで色を合わせてみようと思う。

そしてヘルメット・各装甲・バックパックは、シルバーを吹いて乾燥させたあと、これまためっちゃ
久しぶりにシリコーンバリアーを塗った。
遡って3年半前の記事「シリコーンバリアー塗装法」以来だ。
結局あれ以来、この手法でハゲチョロ塗装してないってことなんだけど・・・上手くいくだろうか?

それはそうと、この状態だとジャンゴ・フェットっぽい。
いつかはキット化してほしいな。


bf4.jpg
↑↑↑
そんなこんなで、うちにある塗料で調色し、ほぼ吹き(&塗り)分けた。
あとはベルトと、ちょっと数カ所吹けば完了。デカールもちょっとなんで先に貼る。

TOPコートを吹いて汚し加減を調整したら、あとは最後にハゲチョロ作業だ。
いい感じに仕上がるといいが。


posted by アイスオーレ at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2016年01月13日

1/12 ダースベイダー

昨年、11月のモデラーズフェスティバル出展用に仕上げたんだけれど、まだちゃんと撮影して
なかった バンダイ1/12・「暗黒卿」ダース・ベイダー。

db02.jpg
「いまどき」のアクション性を重視して分割されていたマントを、エポパテで一体化。
見た目の好みもあるけど、やはりベイダー卿にハデなアクションポーズは似合わない。
少し動いただけで「ヘルメットとれるんじゃないか?」などと、こちらがちょっと心配するくらい、
いつもデクの坊みたいにつっ立っていてこそ「ベイダー」なのだ。
あと、胸板(アーマー)と肩アーマーは、なるべく一体化させた方がいいような。ここもちょっと、
フォルムより可動仕様が優先されてたからね。



db01.jpg

「・・・呼んだ?」



db04.jpg
報告するトルーパー。あんまり上官を飛ばしてこんなシーンはなかったような気もするけど。
今回撮影するために、組み立てた(だけの状態)。

気分は「ファーストオーダー」だから、いま帝国軍トルーパー作るのもなあ・・・と思ってたけど、
言うまでもなく、やはりコチラも本当に素晴らしいキットだった。



db03.jpg
なんとも、並べるだけでシーンが実に映える!
それだけに背景、帝国施設内とかベスピン廊下とか・・・ゼヒなんとかしたいもんだ。
トルーパーもちゃんと仕上げてあげよう。





「帝国の逆襲」




db05.jpg
↑↑↑
そして、モデフェスで展示した簡易情景、「Join Me!」



db06.jpg
↑↑↑
手すり、ベイダーが切断したアンテナパイプなど小物類を含めた全景は、このような感じ。
でもホントは、

bps.jpg
(WEB画像を拝借)

こういうの、全体を作れたら最高だよね。
しかしこれ作ったひとは凄いな。





db07.jpg
(ちょっとピンボケ)


「・・・ルーク、暗黒面に身を委ねるのだ!お前の道はこれしかない!」

ターンタタターン・・るんるん


db08.jpg


(ああ、)落ちてしもた・・・・


db09.jpg


(ショボーン)

「・・・シャトルを来させろ。」



・・・・・・・・・・・・・・・・

モデフェスがなければ、いまだハコのなかで眠っていたかも知れないベイダー卿、
完成出来て良かった。
あと、フォース・グリップ(首絞め指)の手首を作っても楽しそうだ。

そして今回トルーパーを並べてみて、改めて手持ちのボバ・フェットも並べたくなった。
「死んだら大損だ」「損害は帝国が補償する」ってアレ。

でもやっぱり、いまはEP7関連が旬まっただ中だからね。
いずれにしても(クオリティが高く、そして品切れしにくい)バンダイのSWキットが堂々と
お店に並んでいるなんて・・・
いまは本当に、夢を見ているような時代なんだな。

子どもの頃の夢、憧れが叶ってる。


posted by アイスオーレ at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2014年11月05日

サンドクローラー(ビークルコレクション7)

こんにちは。

この春に購入した「SWビークルコレクション7」より、ジャワ族の住処・サンドクローラーです。
来年のエピソード7もタトゥイーンが舞台になるそうなので、再度登場が期待されるメカです。
長いこと放置してましたが、先月リペイントしてみました。
sc05.jpg

↓SWビークルコレクション7(WEB画像より)↓
swbc.jpg
sc01.jpg
sc02.jpg

3月発売でしたが、今年のパッケージはいまでも店頭に在庫があるようです。
僕はこれと、AT-AT・2機セットが入ったものを入手できました。まあ、今回のラインナップ中では、
サンドクローラーはひときわ「重い」のですぐ分かります^^


sc06.jpg

sc03.jpg

ウエザリングは、毎度のごとくスミ入れブラックを平筆で塗り、ティッシュで大まかにふき取るのが
メインです。
あとはメカ部分に、スミ入れグレーの濃さを変えながら塗ったり、エッジ部分やキャタピラ周辺にWM
サンド2色をアクリル溶剤で溶いたものを塗ったりしてます。
そして縮尺が大きい(1/350)ので、足回りを中心にあまりわざとらしくならないよう、WMで再度
仕上げます。
sc04.jpg

sc07.jpg
↑↑↑
多少、存在感は出たと思いますが、やっぱり地味(笑)
あと同スケールでジャワ族も・・とか一瞬思いましたが、この縮尺だと3mmの大きさです。
また気の向くことがあれば、ということにします^^;



mb01.jpg
↑↑↑
今回作った、簡易ベース。
スタイロフォームを削って斜面を作り、これまた久しぶりにモデリングペーストを塗布、上面はセラミック
スタッコで荒れさせ、サフを吹いた後アクリル・エナメルで5色くらい重ねて塗りました。
この大きさならHG1機は乗せられるので、今後も汎用ベースとして使おうかと思います^^

そういえばモデスポで、ものすごい大きさのサンドクローラーがあったけど、あれこそまさに展示会用
ですね。
まあ、大きくても小さくても、どっちにしても地味なメカですな(笑)

posted by アイスオーレ at 14:39| Comment(4) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2014年06月13日

バンダイ ✕ スターウォーズ

おはようございます。

ここ数日、プラモそっちのけでSWの情報ばかり載せていますが、とうとう全くの予想外だった
情報が入ってきました。それは、

いよいよバンダイが、スターウォーズ関連の玩具類(新規プラモ含む)を展開する!

というものです。今年の「東京おもちゃショー」にて発表されました。
もちろん、唯一注目するのが、新規開発の模型ラインナップ。
これまでのビークルはもとより、エピソード7に向けて展開するようです。

ということは、まさかのアレも・・・!^^
さっそく、参考出展の画像をいくつか載せてみます。
(WEBより)


034l.jpg
↑↑↑
1/72 Xウイングファイター

032l.jpg
↑↑↑
1/72 ダースベイダー専用TIEファイター(アドバンスドX1)

029l.jpg
↑↑↑
「デススターの攻防」ジオラマ、これは1/72の台座を連結させて・・・ということでしょうか。

028l.jpg
↑↑↑
そして、1/48 Xウイングファイターも。
画像では分かりにくいのですが、このサイズは(僕もFMキットを仮組みしてるだけですが)かなり
ボリュームがあります。



さらに、なんとなんと・・・・



010l.jpg
↑↑↑
えーーーー!! 「1/1700 スターデストロイヤー」

インペリアル級の全長が1600mの設定だから、1メートル弱のキットになるのか・・・

これ、本当にキット化されたらスゴイことなんですが、1/500ヤマト2199やドメラーズの製品化を
考えますと、あながち夢じゃないことに思えます。
いまは、なんて良い時代なのだろう・・・。

013l.jpg

012l.jpg


現状は形状試作のようですが、まさか「スターデストロイヤー」がラインナップされるなんて!
生きてて良かった・・・(まだ発売決定じゃないけどね。笑)
ディテールも本格的、まさに「日本製品」、職人仕上げのクオリティ。

逆にXウイングやTIEは、見た限りではFMキットよりもモールドがやや甘い感じもしますが、
バンダイ製ということは、おそらくこれらは電飾がデフォルトなのかもしれません。
FMのキットは緻密さと繊細さ、バンダイはあくまで「おもちゃ」という方向性からアプローチ、と
いうことになるのかな。
しかし、バンダイの「本気のおもちゃ」はかなり次元が高そうです。








それにしても、MY誕生日(ウイーク)にこういう情報が聞けるとは、本当に嬉しい^^
ここ近年は、バースデイウイークと勝手に称し、長々と余韻を楽しんでいます(笑)

ちなみに今年、ありがたくもプレゼントとしていただけたのは・・・


1・ドイツ製圧力鍋

(模型に全く関係ないやん!)
・・・・以前から圧力鍋欲しいよなあ、と話してましたら実現しました。鍋って、どんなものでもまず
取っ手とかフタの持ち手から壊れます。でも本体のステンレス部分はまだまだ使えそうなんだけど、
いまは修理するよりも、買い換えた方が手っ取り早い・・・というのが実情です。

それがなんとも、実にもったいなく感じてました。
なので今回の圧力鍋は、その辺りがしっかりしていて、パッキン類も交換可能。正直少しばかり値が
張りましたが、これはほぼ一生使えそうです。 +ガス代も、大いに節約される予定です^^



2・エアブラシ

・・・・少し前に、15年越しで使ってましたシングルブラシの、ニードル開閉ダイヤルが動かなく
なりまして、今回はいよいよダブルアクションを購入。同じくタミヤ製の上位機種なので、いままで
使っていた15ccの大容量カップがそのまま使えます。(←これが最大の決め手)

まあ〜、仮組のみなさんダブルを使ってらっしゃってたので、羨ましかった・・・(笑)
しかしこれまでのシングルも、細吹きには使えそうなので捨てません。
最近はアクリル塗装がメインになり、筆塗りすることも多くなりましたが、用途が拡大したことは
非常に嬉しく思います^^



3・Tシャツ

・・・・これはタイミング的に、夏用のTシャツを見にユニクロに行っただけですが^^;まあこれも
プレゼントということに。3着ほど買いましたがそのうちの1着が、

jedi1.jpg

そして裏(笑)
↓↓↓
jedi2.jpg

いや、もちろんインナーとしてしか着れまへん。
ジェダイマスターは、自分でジェダイマスターだ!なんて公言しないから^^;
それと、
これもタイミングですが、クルマの買い替えも進行中で、ここ数日は気持ちがフワフワしております。
ディーラーでの話し合いとかね。

そんな感じのこの頃ですが、模型の方もひとつ進めてますので、次回にも更新しようと思います。

ありがとうございました^^
posted by アイスオーレ at 10:23| Comment(6) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2014年06月07日

SW・EP7情報

こんばんは。

来年公開予定の、ディズニーによる新作スターウォーズ・エピソード7情報ですが、
今日も少し掲載します。

(以下、WEBより)



映画『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られる俳優マーク・ハミルが
現地時間5日、米フロリダで行われる同シリーズのファンイベント「SWウイークエンズ」のフォト
シューティングに参加し、ライトセーバーを手にミッキーマウスと共演を果たした。

N0063615_l.jpg

同イベントは1997年にスタートした『スター・ウォーズ』ファンのためのイベント。
今年は米フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにて、5月16日から6月15日まで
開催される。マークが同イベントに参加するのは今年が初めてだ。

マークは、2015年12月公開の映画『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』に、ルーク・
スカイウォーカー役で出演。
出演にあたっては減量が課せられたとも報じられていたが、この日、登場したマークは精悍な顔つき
をしており、ライトセーバーを構えたその姿からは“老ルーク”の片りんがうかがえる。

ディズニー関連のイベントということもあり、この日マークはジェダイマスターにふんしたミッキー
と共にポーズ。新『スター・ウォーズ』への期待が高まる一枚だ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られる女優のキャリー・フィッシャーが、
同シリーズ新作の撮影のため、18.1キロの減量をしたことを明かした。

N0063309_l.jpg

キャリーは今月半ばにカリフォルニアで行われたイベントに出席。
新作『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』については口止めされているものの、自身の減量に
ついては語れるとして、キャリーは「35年後に続編ができるなんて本当にいい気分よ」とコメント。

「製作陣はわたしを雇ったわけじゃないの。35ポンド(15.8キロ)減のわたしを雇ったのよ」
と、減量が出演契約に含まれていることを告白した。

そして、実際には40ポンド(18.1キロ)の減量に成功したとのこと。同席したキャリーの母親
で、女優のデビー・レイノルズは「彼女は1年にわたって体を絞ってきたのよ」と明かしていた。
『スター・ウォーズ』の旧3部作でヒロイン・レイア姫を演じたキャリーは、2015年12月公開
予定の『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』にも同じレイア姫役で出演する。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人気SFシリーズ新作『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』のメガホンを取るJJエイブラムス
監督が、撮影現場からの情報漏えいに苦言を呈した。
先日にはゴシップサイトTMZ.comが、建設途中とみられる宇宙船ミレニアム・ファルコンの写真を
掲載し、「ミレニアム・ファルコンが再登場するのか?」とファンの間で大きな話題になっていた。

エイブラムス監督は自身の制作会社バッド・ロボットのツイッターに手書きメッセージを掲載すると、
「エピソード7の写真をリークするのをやめてほしい。また、ミレニアム・ファルコンが登場すると
いう、くだらない憶測をするのもやめてほしい」と不快感をあらわにして、くぎを刺した。

ただし、掲載された画像には手書きメッセージと共にホログラム・チェスボードが写り込んでいる。
同チェスボードはオリジナル版でミレニアム・ファルコンに置かれていたものと同じ形をしており、
劇中でチューバッカとR2D2がそれを使ってチェスをしていたシーンを覚えているファンも多い
だろう。

そのためファンは「やっぱり、ミレニアム・ファルコンが登場するんだ!」と大盛り上がり。
もちろん、チェスボードがミレニアム・ファルコン以外の場所に設置されている可能性もあるが、
エイブラムス監督があえてこうした形で公開した以上、ミレニアム・ファルコンが再登場する可能性は
高そうだ。
ハリソン・フォードが再びハン・ソロ役で登場するということもあり、ミレニアム・ファルコンを操縦
するハンの姿が見られることに期待したい。



(転載終了)

「2015年公開」と言っても、12月なんですね・・・。
まあ、ミレニアムファルコンもエンドアの戦いを生き抜いていますし、ファンとしてはその雄姿
を、スクリーンでぜひとも見てみたいものです。そして再びルークの口から「なんてポンコツだ」
なんて聞けたら最高!
きっとハン・ソロも「悪い予感がするぜ」って、言ってくれることでしょう。

公開まで、長いようであっと言う間の1年半だと思いますので、この期間を大切に楽しみたいと
思います^^
posted by アイスオーレ at 18:50| Comment(4) | TrackBack(0) | スターウォーズ