2014年05月05日

1/72 コスモファルコン 2

こんにちは^^

前回のコスモファルコン(成形色仕上げ)を、
↓↓↓
cf11.jpg

まずはフラットコートして、
スミ入れブラック平筆塗りによる、第1次ウエザリング(ウォッシング)。
↓↓↓
cf01.jpg


cf02.jpg

cf04.jpg
↑↑↑
そして、ガンダムマーカー(グレー1)によるチッピング(点描^^)
ロボットじゃないんだから、エッジの塗装剥げとかNG。
基本ベースはこんな感じですが、改めて思うのは

ウォッシングするなら、
その成形色がいい感じなら、

「全部塗装しなくていい」

ということ。
場合によっては、必ずしもサフしなきゃ!塗装しなきゃ!ってことはない。
傷が残ってる?ごまかせ!笑
(てことは、設定画のようなキレイな仕上げは苦手ってことです^^;)

・・・・
この時点で十分いい感じに見えるので、あとは微調整で済ませよう。
まだ別の作業もあるから。
posted by アイスオーレ at 13:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ヤマト2199
この記事へのコメント
やっぱコスモファルコンいいっすね♪

模型的な質問を2点ばかし・・・
・これだけ思いっきりウォッシングやるにあたり、クリア
 コーティングしているのでしょうか。
 (溶剤による割れが気になる〜(><))
・綿棒などによる拭き取りで発生してしまう「流れ」模様が
 見当たらず、いい塩梅に塗料が残っているようお見受け
 します。キムワイプなどでポンポン叩く拭き取りをされた
 のでしょうか。

それにしてもかっこいい・・キット欲しくなってきました♪
Posted by type920r at 2014年05月06日 06:38
こんばんは^^

ご質問の件ですが・・・

デカールを貼った上にラッカーの半ツヤクリア、その上にツヤ消しクリアを吹いてから
ウォッシングしてますが、今回は前輪のタイヤが割れました^^;
ここは、最後にハメたほうがよかった。

ちなみにウォッシングする前に表面をツヤ消しにするのは、そのほうがいい感じにエナメルが
残るからです。

エナメルなので短時間での作業を心がけてますが、やはりこのようなスナップフィットキット
の場合は、組み立て時の「ダボのナナメ切り」は必須です。

気付く限りの個所を、テンションを抜きながら組み上げます。



スミ入れブラック拭き取りは、塗りに使った同じ平筆を、シンナーで少し洗い、ティッシュで
溶剤を拭き取りながら行います。
僕の場合は綿棒では上手く「うっすらとした線」が出ませんので、平筆で、感覚でやります。

(↑↑↑・・・感覚、とか書くと怒られそうですが・・・^^;)

もっと広い面(1/1000ヤマトとか)だと、平筆の前にティッシュでよりおおざっぱに拭き取る
ほうが、いい「線」が出るときもあります。

エアモデルなどの退色表現には、ポンポン叩きも有効かもしれませんね。
これからの課題です。

でもこのような、宇宙で運用される戦闘機の場合は、これプラス宇宙に浮かぶ破片などによる
チッピング等で十分かと思っています。いまのところは。

「宇宙線による退色」とかも、アリかもしれませんね。(どんなのだろう?)

Posted by くにおさんへ at 2014年05月06日 22:44
コメへの返信ありがとうございます♪

拭き取りに筆を使うという発想がなかったので、
すごくためになりましたm(_ _)m。
綿棒だとほとんど残らないんですよね・・・
今度試してみます(*´∀`*)。
Posted by type920r at 2014年05月06日 23:23
スナップフィットのキットは、ダボや関節に注意ですが・・・
一応、ホワイトグリントもコレで塗りましたからね。

まあ、気が向いたらお試しを^^
割れないことを祈りまーす
Posted by くにおさんへ at 2014年05月07日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95448904

この記事へのトラックバック