2013年12月14日

−暗き、深淵からの刺客。

みなさま、こんにちは^^

先月のモデラーズエキスポ以来、気になって仕方なかった「水情景モノ」
初挑戦ながら、なんとか仕上がりました・・・

zg10.jpg

−「暗き、深淵からの刺客。」

透ける海、光が乱反射する海面、泡立つ波、波頭とのコントラスト、
そしてより深みが感じられる海中・・・・

正直、試行錯誤に終始しましたので、我ながら自信満々に「出来たー!」と言えるほどではありません
が・・・
まあ、1回目にしてはがんばった!と自画自賛しなくもない(ヤヤコシイ!^^;)


zg02.jpg

zg03.jpg

zg04.jpg

zg05.jpg

ハイドロジェット噴射のドボドボ感(笑)
噴射口にプラパイプを繋ぎ、紙粘土をRを付けて巻きつけ、乾燥後にアクリルガッシュ(白)+メディウム
を塗り、ヘラで流れをなぞります。
その上にメディウムのみを直塗りして光沢を出し、グレーでエナメルスミ入れ、拭き取るとこんな感じ^^

zg06.jpg

zg07.jpg

zg09.jpg

zg01.jpg
↑↑↑
肝心のズゴックは、海の色とモノアイ電飾が映えるように、コントラストを下げ、かなりロービジな
カラーにしました。
電飾以外では、全身に整流版ぽいのと、ワキ内部のディテールを追加したくらいです。
頭頂周辺以外はツヤコートし、前・下側の面には水滴を加えました。




zgd01.jpg
↑↑↑
透明ネンド「すけるくん」

乾燥後は半透明になる樹脂ねんどです。
「海」自体はこれでカタチ作りましたが・・・使い方間違ってました。
これは本来、もっと小さく、もしくは薄く伸ばして使用するものでした。(薄くするほど、透明に近くなる)
なのに紙ねんどの要領で、いきなり分厚く使ってしまったので、結果バキバキにひび割れ、縮み、何回も
修正し、投げ出しそうになりました^^;

結局、数回ひびに補てんしつつ、なんとか完成に至りましたが、冒頭にも書いた通り、挫折の連続で(笑)
完成さえ怪しかったので、途中画像もなく・・・・なのでまたいずれ、第二弾でハウツーっぽい記事が書け
たらなあ、と思っております。

zgd02.jpg
↑↑↑
ヘビージェルメディウム

「メディウム」は本来、絵を描く前に、キャンバスに塗布するもののようです。サフみたいなものですね。
そのままで塗ると透明に、アクリルガッシュや水性塗料など加えるものによって、半透明、もしくはツヤ
消し状態で乾燥します。

水面や泡の表面、波頭の先端、さらには水滴まで、水モノ情景には欠かせないアイテムです。
このメディウムもいろいろタイプがあるようなので、おいおい試そうと思います。



今回の「荒れた海の情景」、
WEB上の模型ブログや、MGバックナンバーを調べながらも、やはり実際に製作しないと分からない
ことも多かったのですが・・・それゆえに熱中してしまいました。
こういった「空間の広がり」を造形すること、新ジャンルにトライすることって、やっぱ楽しい!
・・と、改めて思いました。

^^v☆
posted by アイスオーレ at 15:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 情景模型製作
この記事へのコメント
凄いっ(≧∇≦)
こんなの作りたいっ*\(^o^)/*

っと、心の底から思いましたよ〜。
是非是非、ハウツー記事をお願いします m(_ _)m


あっ、後実物も是非拝見したいデス^o^
Posted by ゲンキ at 2013年12月14日 20:25
こんにちは、ありがとうございます^^

忘年会には持って行くと思いますので、どうか「なんや、こんなん
か〜・・」とか言わないで下さいませ(笑)

エラそうにハウツー記事なんて書きましたが、まあご紹介記事に
なるよう、いずれ書けたらいいな、と思ってます。
Posted by げんきさんへ at 2013年12月15日 15:12
おおっ!ガマゴートと写ってたズゴックがこんな事に(^^)
初挑戦の水情景が、躍動感溢れる作品とは…ご苦労も多かったようですが、それに見合う完成度になってますねぇ。スゴイ!
やっぱり水物のMSは水の中で更に輝けるんだ、と納得しちゃいました。

新しい表現への挑戦は苦労する部分が多い分、完成した時の満足感は高くなるのでしょうか。
そう言えば、水星塗料へのシフトや水情景への挑戦など最近のアイスオーレさんは「攻めて」るなぁ…。私も見習わなくては(^^)
Posted by 44HIRO at 2013年12月15日 22:37
おー^^  

後ろのエンジンからでる水とか爪の下の水とか^^

こまかいな^^

紙粘土の使い方も理解したみたいやし次作に期待^^
Posted by イニシャル O at 2013年12月16日 22:12
ひろさん、こんばんは^^

なんとか完成しましたよ〜・・
でも記事にありますように試行錯誤と「ダメだ〜!」の連続で、とても
製作途中記事をUPする余裕がなかったです。
あんまり自分の思うカタチにならなかったら、それこそなかったことに
しようかと・・(笑!)
なのでかなり、ホッとしています。

まあ「この透明ネンド」は写真写りがイイので助かってます^^;
それとこのシチュエーションは、下半身作らなくていいので^^その分
海に気持ちを注げましたし。

そういえば、もうすぐアクリジョンも発売ですね。ぜひとも試したいと
思ってます。

Posted by ひろさんへ at 2013年12月17日 19:03
OKNよ・・・

お前のコメントはホンマ、エラそうやな〜!^^;
・・・お前は俺の、模型(もしくはネンド)の師匠なのか!!??
(笑!)
あまりに上から目線のコメントなんで、奥さんに見せて爆笑したで。

まあ、次回も期待しとってや☆
Posted by OKNへ at 2013年12月17日 19:08
こんばんは、アイスオーレさん。
このズゴック、昔、僕も電撃の記事見ながら作りましたよ^^;
当時、アイスオーレさんが仰ったように、紙粘土で作った箇所の収縮が酷くて・・。
ベースの端っこの海がめくれあがってきたのを憶えてます(^_^;)
迫力があってかっこいいですね♪モノアイの発光もやはりイイです!
水物と言えば、最近クレオスからも情景用の透明レジンとか出てた気がします。久しぶりに水物作りたくなってきたなぁ〜(^^)
水つながりで、今日、パシフィックリムのBD、衝動買いしました(^^)/
Posted by t2xm at 2013年12月17日 23:49
テツさん、こんばんは^^

透明ネンドって、探してみるとハンズだけじゃなく、ヨドバシや手芸店にも
置いてありまして・・・
たまには視野を広げてみるのは大事だし、けっこう楽しいなあ、とも思い
ました^^
最近はほんと、いろんな「水情景アイテム」と呼べるものが増えてるんですね。
良い時代です!

そう、ねんどって縮みますもんね。
僕もよくジオラマのフチを縮ましてます(笑)
今回も修正修正で、なんとか完成し、いまもとりあえず割れてません。
よかった〜って感じですが、どうなることやらかも?

ズゴも、まさにパシフィックリムの「カイジュウ」ぽいですよね。
あの迫力はスゴかった。
僕もこの夏は3Dで見ましたが、またオンデマンドで見たいと思います^^

Posted by テツさんへ at 2013年12月20日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82568186

この記事へのトラックバック