2013年11月20日

1/1000 次元潜航艦 UX-01 完成


「ヤツらは待っているのサ。俺たちが先に動くのをな・・・」
「・・ハイニ、この戦争は楽しめそうだゾ」


こんばんは^^

ケレン味溢れるヴォルフ・フラーケン艦長(と副長のゴル・ハイニ、そしてクセのあるクルー連中)が
運用する特務艦「次元潜航艦UX-01」です。

ux02.jpg

劇中では、キャラクターもフネもかなり好印象だったので、製作も軽やかに進みました。
でもこのキット、完成品をWEBで検索しても2件ほどしかヒットしない!(検索の仕方のせいなのか
な?)まあ、絶対数も少ないのでしょうケド・・まだ比較的新しいアイテムだからなのかな。

ux05.jpg
↑↑↑
さて、
カラーリングは「次元断層」を航行中のイメージにしてみました。
劇中でも通常空間での描写は少ないので・・(なので、他のガ軍艦と並べるとチョット違和感かも?)

ux04.jpg

今回は電飾しました(やりにくそうなので、よけいヤル気に!)
しかし全長約14cmで、かつ細い艦体なので電池は仕込みづらい。同様に「ガミラス目」もさらに
細ーく、小さい。

なので今回は、0.5mm径光ファイバーを3本束ねて光らせました。(両目で6本)
見る角度によっては「ガミラス目」全体をボワ〜っと光らせるというよりも、サーチライト的になって
ますが・・・このへんはまた今度、大型艦でチャレンジしよう。

電源と光源は、台座の下に仕込みました。
光ファイバー束を支柱に通し、プラパイプを被せたLEDに連結。
スイッチオン・オフは、電池の抜き差しで(メンドクサガリ!)
↓↓↓
ux03.jpg

ux01.jpg

各部のフィン類は「面」から見て尖らせていますが「厚み」についてはキット自体が小さいため、やり
過ぎないようにしました。すぐに折れそうなので。
でも「どろぼうひげさん」の作品を拝見すると、考証もしっかりなさった上で、ああ、やっぱ攻め
てるナア〜と思ったり・・・


ux07.jpg
↑↑↑
手元のメカコレと比べても、かなり近いサイズです。
ちなみに「2199キット」に付属する「メカコレ」は、すべて同じスケールなんですってね。
なのでこの反射衛星の大きさも「はやぶさ(これは電撃付属ですが)」からすると、これくらいなんだ
・・・。
お次はツヴァルケを。

ux06.jpg
↑↑↑
まあ元が小さなアイテムなので、あんまりダルいとことか探さないで(笑)

ux08.jpg
↑↑↑
そして、買ってしまったのが「公式設定資料集・ガミラス」
地球側資料はまだなんですが・・・ああ、内容濃いー。
ますます、ガーレガミロン!ガーレ・フェゼロン!な気持ちが強化されました(笑)
ガ軍艦体編成に、さらにチカラが入る!

と、その前に。一旦、電源オフ。

ux09.jpg
posted by アイスオーレ at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤマト2199
この記事へのコメント
次元潜航艇完成おめでとうございます♪

自分は乗組員のかっこよさからこの艦に興味津々になりました(*´∀`*)。
小さいのにLED仕込まれたんですね。すごい!

ちなみに、カラーリングは上下のツートンなんですね。
船も門外漢なのですが、潜水艦ってこういうものなんでしょうか・・・

セット3の残りの艦も期待しています♪
Posted by type920r at 2013年11月21日 23:37
返信遅くなってスミマセン・・
そして、ありがとうございます^^

このフネは形状だけじゃなく、乗組員や物語上の展開も含めた
魅力が大きいですね。

一応、設定では船体の上下では色が異なるのですが「次元断層」
をイメージしたため、色の差がくっきり出てしまいました。
リアルの潜水艦からするとこの辺りは微妙かもですね^^:
でもそこが「ヤマト」の懐の深さじゃないかと(笑)
Posted by くにおさんへ at 2013年11月23日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81017654

この記事へのトラックバック