2013年03月16日

HGUCシナンジュ 完成編

みなさま、こんにちは^^

HGUCシナンジュ、完成&撮影完了です。
今回は、ツヤッツヤ・finish☆

s3.JPG

s5.JPG

s6.JPG



スラスター&バーニアが多いので、今回はナニワネジを多用。
ツヤ仕上げなので、そのままでも違和感なしのトイっぽさ。。。。
s7.JPG

対して、袖等エングレービングとライフルはツヤ消しで対照的に。
ライフルはライトグレー地に、挿し色をニュートラルグレー。
s2.JPG

上腕アーマーのバーニア基部にチューブ(配線用)を繋ぎ、スキマから覗かせました。
トゲも尖らしてます☆
s1.JPG



ツヤの反射具合からか、少々オレンジ寄りな画像になりましたが・・・

実際はもっと真っ赤です。もっとフェラーリっぽい。

s4.JPG

s9.JPG



今回、シナンジュを作ってまして・・・

この機体に関しては「どこの誰が乗っているのか」というのは一目瞭然であり、
かつこれほど(曲)線の多いデザインなので、部隊章やマーキングなんか貼ったら
これは邪魔になるんじゃないか・・・?と思いました。
「間延び」しているところが全くない、「スキのない」デザインですから。

そして、ツヤ仕上げに拠る多様な反射が、マーキングに代わる「情報量(という
コトバ、最近よく目にしますネ〜)」
という部分も、カバーしたようにも思います。

「ツヤ消し仕上げのリアル」とはまた別の、「インテリア的な、机上の存在感」を
僕の目の前で、存分に放っているシナンジュです^^

・・・そういえば、30年程前の300円ガンダムのカタログに、本棚などにインテリア
のひとつとして、みたいなイメージでガンプラが並んでいた写真の記憶があります。
今回は、その延長線上?とでも言いましょうか。。。

さて、

「ツヤ消し&デカールこそがリアル至上主義(笑!)」な風潮の現在、このシナンジュは
みなさまの「リアルの基準」から、どのように映りますでしょうか。
ナンテネ^^
posted by アイスオーレ at 14:53| Comment(8) | TrackBack(0) | HGUC
この記事へのコメント
シナンジュ完成おめでとうございます〜♪
いや〜今回は艶々でございますね〜♪
フェラーリの色、ドンピシャなイメージですね。

「リアルの基準」、カッコよければ全て良しの僕なので・・・でもデカールはフェラーリマークを貼って欲しかった(爆〜笑)

僕も次回シナンジュを作る時の塗料、イタリアンレッドあたり使ってみようかな。

Posted by ロク at 2013年03月16日 21:25
おお!シナンジュ完成おめでとうございます。
バイファム旧キットの関節についての質問の際はありがとうございました。
おかげさまでゆくりですがガッシュ製作も進行できています。
シナンジュは光沢仕上げが似合うMSの筆頭ですね。
やはりケンプファー、シナンジュみたいな三次曲面もちのMSは光沢やメタリックが映えていいですね。
Posted by 党員 at 2013年03月16日 23:32
おはようございます^^

今回は「リアルモデル」からはちょっと異質な、スタチューとでも言いましょうか?な仕上がりになりました。
でも机上で普段とは違う「リアル感」「存在感」を放っております^^v

シナンジュでもなんでも、ガサ!っとツヤ消してコーション貼りまくっても、それはそれでカッコイイんですよね。
まあ今回は、曲面主体のMSなので、こういうのもたまにはアリかな〜と^^

一番大事なのは、作った本人がワクワクすることですからね!☆
Posted by ロクさんへ at 2013年03月18日 08:35
お久しぶりです^^

バイファムのときは手抜き(?笑^^)的対処法で失礼しました・・・
UCマイブームを受け、今はちょっと本流(80s)から外れていますが、僕もガッシュはじめ80ロボアイテムをいくつか控えてますので(笑)
またお付き合いくださいませ^^

おっしゃられますように、こういう曲面主体の対象は、ツヤ仕上げが美しく映えますね。
ちょっとこれもマイブーム?になりそうです^^☆
F1やバイクのカウル的装甲、ケンプファーもそうですよね。こういう形状のアイテムを探したくなってきました。
Posted by 党員さんへ at 2013年03月18日 08:48
き、来た・・・・
赤い彗星の再来!作るのはえぇ〜&かっちょえー!
シナンジュは艶消しも良いですがツヤツヤなのも
カッコいいので好きです〜

これください(爆)
Posted by hidezo at 2013年03月18日 10:35
こんにちは、アイスオーレさん。
ツボを押さえた改修、工作で隙のないシナンジュカッコイイです!
僕もMGとHGで素組みで放置してあるんですよね〜(^_^;)
確かに、このシナンジュなら、高級アンティークと綺麗な机の上で並んでいたらカッコイイでしょうねぇ(^^)
模型、特にガンプラなどのキャラクター系はリアルに作ることだけが正解じゃないと思います。
作品として十分素晴らしいし、ギャラリーも楽しんでいれば、リアルかどうかなんて些細なことに思えます。
制作お疲れ様でした(^^)v
Posted by t2xm at 2013年03月18日 15:46
こんばんは^^

やっぱり「シャアの再来」は、とびきりハデでなくては!!というコトで^^
こんだけツヤツヤにしたので、ほんとデカールは要りませんて!

この存在感、いずれヒデゾウさんちで発揮することになるのかも!?・・とりあえず、僕のUCマイブームが終わってからにしてください(笑!)
Posted by ヒデゾウさんへ at 2013年03月18日 17:00
こんばんは^^

いつも思うんですが、素組みと塗装完成との、この存在感の「差」はいかんともしがたいなあ・・と(アタリマエですが^^)
僕らはこの「差」に快感を覚えて、一所懸命、完成させようとするのかもしれませんね!

とくに「袖付き」MSは、袖付き部分が塗装・未塗装で、全体の印象の格差が、あまりに顕著です。(フィニッシュマスターの恩恵は、袖付きにはホント素晴らしいです^^v)
そして
どういう仕上げ方でも、やっぱり本人がワクワクしないと、ですもんね!
Posted by テツさんへ at 2013年03月18日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63763635

この記事へのトラックバック