2012年03月26日

MG ソードインパルス 3

みなさま、こんばんは!

「白いところ」をフラットクリアーでコートして、まずは一段落!の図ですが・・・
画像ではプラそのままのときと、質感の違いが分かりませんですね><
(ホントは大違いなのに!)

mgsig2 004.jpg

頭部は電飾を仕込むのに、どんな具合に配線しようかと考え中です。SEEDMSは「小顔&ヘルメット」
ですから、ふだんHGサイズに仕込む極小サイズLEDを使うことになりそう・・・

で、それが終わってから、ヘルメット曲面部分の繋ぎ目を消そうと思います。
無塗装なので、セメントでやった方が目立たなさそうな感じ。
LED配線はエラく疲れるので(ホントに!笑・)これは作業の最後になるかと。

で、その後は赤い部分を吹きました。
いいツヤです。
シールドの赤は、PS装甲じゃないのでフラットにしてますが、ボディの「VPS装甲」はこのまま
ツヤで行きたい気がしてます。
フラットのなかの部分的な「ツヤ」は、なかなかいいアクセントと思いますが、「掛ける電圧の違い
で色だけじゃなく、ツヤになったりフラットになったり」てアリかなあ??

mgsig2 009.jpg
↑↑↑
さて、アップにすると「シャーペンスミ入れ」の感じがお分かりかと思います。
エナメル塗料を流すスミ入れよりもいいと思う点としましては・・・



もともとの彫りが浅くても、彫りなおさなくっていい。
(「流す」のではなく「書く」から^^)

ガンダムマーカーほどわざとらしくない。

塗面の下から浮き上がるので、塗装前にスミ入れができる。
(→赤いところを参照^^)

フラットなどでコートすれば、鉛特有の反射がなくなる。

そして・・・なにより楽!!(笑!← これが一番)



とまあ・・・

その名のとおり「シャープ」なラインが引けますが、色のバリエーションが少ないことと、まあ
大前提は「好みの問題」なので、これもひとつの方法かと思います。
奥まったダクトなどはエナメルのほうがいい感じになりますから、ここらへんは使い分けでしょうか。
スケモでは使われる技法ですが、ガンプラにはあんまり浸透しませんね。

ちなみに、以前見に行った「スターウォーズ展」にあったホンモノの撮影用プロップ(スター
デストロイヤーとか、反乱軍旗艦とか)には、思いっきりこういった線が表面に引かれてました。

さあ、次は武器類を仕上げましょう!

posted by アイスオーレ at 19:25| Comment(12) | TrackBack(0) | MG マスターグレード
この記事へのコメント
シャーペンスミ入れ、やったこと無いけど明るい色系の
装甲にはクドくなくて良い感じですね!
エナメルと違ってクラックが無いのもいい(爆)
僕なんか仕上げに艶消しぶわ〜って吹いて終わり!!
みたいなことをよくやりますがこの部分的にツヤ有りな感じは
スゴくいいと思います!めんどくさそうですが(汗)
Posted by hidezo at 2012年03月26日 20:04
シャーペンスミ入れの解説ありがとうございます。
塗装しても浮き上がってくるんですか!
これは面白そうですね。
とても勉強になりました。
(スケールモデルでは普通のことなんですね。知りませんでした。)

あのジェスタも旅立っていくんですね。
あれ、かっこよかったです。
で、F2ザクも。
今回もお宝でしたね。
Posted by ツヨ at 2012年03月26日 20:56
あははは〜、なにを隠そう、スミ入れってシャーペンのアレでしかやらない人です、自分(^_^;)
成型色の白に対しては絶大な効果を発揮すると自負しておりますが、やっぱり手軽さがいちばんですね♪
なんだかんだ言っても、いかに手を抜くかって大事じゃないですか? 大事ですよね〜(笑)
Posted by カミソリの竜 at 2012年03月26日 21:40
お久しぶりでございます。
最近ようやく模型やブログなど自分の時間が取れるように
落ち着きました。
またよろしくお願いいたします。
シャープペンすみ入れ面白いですね。
Posted by kazuo316ti at 2012年03月27日 12:29
こんばんは!
いやもう、ラクですよ(笑!)綿棒で拭き取る作業に比べれば。でもキャラクターに寄ったり、機体の全部の面に向いているワケではないので、部分的にはやっぱりエナメルとの併用がいいでしょうね。

僕もいつもツヤ消しフィニッシュ!でやってたんですが、いわば架空キャラなので、そういう表現もアリかなと^^
そしてこのツヤにしたパーツで、デカール貼らないのはそのままにしようと思ってます。(スミ入れもできているので!)^^

それにしてもこうすけちゃん、カワイイなあ〜^^☆ウフフ
Posted by ヒデゾウさんへ at 2012年03月27日 18:47
こんばんは!
シャーペン(HG)って、プラそのままにもけっこう書けますし、隠ぺい力の弱い色(赤とかオレンジとか!^^)なら、上に吹いても残ってますよ。

記事にも書きましたが、以前SW展で、Sデストロイヤーもですが、モンカラマリクルーザーのプロップ模型にめっちゃたくさんシャーペン的線が引かれていたのを見たときは、大きな衝撃を受けました。
「彫ってないやん!書いてるんや!」って^^)

スケールの大きな戦艦ほど多かったようです。
まあプロップって基本的には撮影用なので、実際に鑑賞するものではない、ということなんでしょうね。

ジェスタも、暮れにお見せできてよかったです。^^
Posted by ツヨさんへ at 2012年03月27日 18:49
こんばんは!

そ、そ、そうだったのか〜!なんかエラそうに記事を書いてしまいましたが^^デヘヘ
でも偶然にも!?リュウさんの「速さのヒミツ」の一端に辿り着いた!って感じもしますよ(笑!)

でもリュウさん、実際にやってみると分かりますけど、決して「手抜き方法」なんかではございませんですよね!
僕は逆に、模型雑誌に載ってる方法だけがセオリーだ!って思い込むほうが、もったいないように思います。

基本、「模型は実験!」なので(個人的意見ですよ^^)どんどんいろんな方法が、もっと出てくればいいのに〜!!
Posted by リュウさんへ at 2012年03月27日 18:50
こんばんは!
こちらこそご無沙汰してしまってスミマセン。ちょこちょこ覗きには行かせてもらってたんですが・・・^^
どうにもおいそがしかったみたいですね。でもこれから復活なさる!(のでしょうか?^^)ご様子なので、またコメントもさせていただきますね。

もちろん僕が発明したんだゼ!ってワケではないのですが^^ シャーペンすみ入れ、よかったら試して見てくださいませ^^
Posted by かずをさんへ at 2012年03月27日 18:51
シャーペンでのスミ入れ、お手軽で良いですね。
僕も昔、やった記憶があります。ヒコーキ系の方達もやる方いらっしゃいます。
楽が一番!ですね(笑)

お〜電飾ですね。僕は電飾した後、ヘッドの継ぎ目は消さずに、何時でも外せるようにしてます〜メンテの為・・・じゃなくて面倒だから〜(笑)
Posted by ロク(uss1701a20) at 2012年03月27日 20:15
こんばんは!

あはは、ロクさんから「ヘルメットそのままでいい」許可が出た(笑!)
ナ〜ンテ!^^
以前フォースインパルスでまんまだったので、今回は塞ごうか、と思っただけで・・・うん!
これはどうなるかわからんで☆
・・ということにします。エヘ

僕の場合も結局・・・なんか作業短縮(ラクともいう☆)できる方法ないかなあ〜、というところから「シャーペン」が来てることは間違いないですね。
でも自分の中で「これはいける!」と思える手法は多いほどいいと思いますし^^


Posted by ロクさんへ at 2012年03月27日 20:24
こんばんは、アイスオーレさん。
シャーペンスミイレ、スケモの世界ではメジャーな手法なんですね!勉強になりました。
電飾の配線、半田付けは、めちゃくちゃ疲労しますよね。これは、やったことないと伝わらないですよね(^_^)チップLEDなんか配線終わったら、もう何もしたくなくなります・・。
頭部など、配線が終わった箇所を封じるのは、大変ですよね・・。仕上げにも影響するし、大変だと思いますが、頑張ってください(^^)v

僕も今はプラ板一枚切るのも、パテを練るのも嫌になってます(+_+)
Posted by t2xm at 2012年03月31日 00:58
こんにちは!
もうここまで作業して、いまブログ記事にして書いてる疲労状態では、電飾はもうかなりテキトウになりそうな予感(笑!)
でございます^^
(チョット休もう^^)
でも遅まきながらも、なんとか今年第1作め!が完成しそうですので、もうちょっと張り切ってみたいと思います☆

テツさんはどうもオツカレ気味のようですね!!こういうときは「プ以外」で癒すのが一番かと思いますが、「素組み」もワリと楽しいと思いますよ^^v☆
改造やめましょう(←無責任!)

Posted by テツさんへ at 2012年03月31日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54641274

この記事へのトラックバック