2015年02月13日

てんとうむしから宇宙ステーションへ!

こんばんは。

冬は冬眠しているそうだけど、わりと身近にいて、絵本の題材になったり、子供たちにも好かれる
テントウムシ。

nt02.jpg

野菜を育てている人にとっては、害虫のアブラムシを食べてくれる益虫。
小さくって、色や形も、本当に可愛らしい虫。





しかし・・・・・これはあくまでも、人間から見たときの話!





nt01.jpg
↑↑↑
捕食されるアブラムシたちにとっては、残虐極まりなく、無慈悲で巨大で恐ろしい肉食怪獣!ぎゃーーーー!!

st02.jpg
↑↑↑
まさに、こんな感じだね。


と、話は流れ・・・・


映画「スターシップトルーパーズ(1997年)」と言えば、母艦の「ロジャー・ヤング」は(作品の評価
とは真逆で!)僕のなかでは、いつまでもカッコイイ。
rj01.jpg
「〜インベイジョン」という荒巻監督の新しいフルCG作品にも、カッコいいスターシップが出てきた
けれど、やはり個人的にはプラズマバグの一撃で、真っ二つに粉砕されてしまうこのフネがいい。^^



そういえば、前回の記事でも少し触れたSF映画「インターステラー(2014年)」

is01.jpg

コレに出て来るのが、人類の未来を担ったこの「エンデュランス号」

edr.png
↑↑↑
中央に往還シャトル、周囲に生活モジュールや研究棟が連結されたシルエットが、かなり印象的。

そしてこれも欠かせないんだけど、劇中に登場するロボットたち、TARSとCASE。
↓↓↓
tars.jpg

海兵隊仕込みのユーモアセンスを持つ「TARS」と、安全第一・クールな「CASE」。
作品として比較される「2001年〜」ではCPU「HAL」が、人間を追い込むんだけど、今作では
その無機質なシルエットとは大きく異なり、人情味に溢れ、涙さえ誘うこの2機(2人)のロボット。
動いている姿もこれまた印象的で・・・

作品感想記事としては内容が濃いので、これまた前回同様、いずれBDを入手した頃にでも書けると
いいな^^



で、そんなエンデュランス号を見てて思い出したのが、映画「スターファイター(1984年!古っる〜)」
に登場する「ガンスター」というファイター。いわゆる空間戦闘機です。
CG黎明期(以前)の作品なので、いま見返すとまんまゲームCGやん!という映像だけど、いつ
までも記憶に残っている。
↓↓↓
gunstar.jpg




まあそんな、ロジャーヤング、エンデュランス号、ガンスターにしても・・・・

いずれキットに巡り合えたら、ぜひ作ってみたいと思います。モノによっては、たまに海外サイトで高額
なのを見つけるけど、そんなのじゃなく。
思えばガンヘッド、デロリアン、インタ−セプター(MADMAX)、999版アルカディア号、そして旧ギャラクティカ
なども叶ったもんね。(途中で止まってるけど・・・^^;)
いまは昔と違い、まさか!というアイテムでさえどんどん商品化される時代なので・・・ゼヒ、来たるべき
「そのとき」を待とう。



最後に、現在中国が計画しているらしい、宇宙ステーション「天宮」の想像図。
↓↓↓
tengu.jpg

「ゼログラビティ」に出てきたのとは全く違うけれど、なんかスゴイ。まんまSF映画だ。
ディープスペースナイン!?(スタートレックDS9)もしくはこれまた「スターシップ〜」に出て来る
「タイコンデロンガ」という、航宙戦艦のハブ・ステーションみたい。

現実に「宇宙(軌道)エレベーター構想」や火星移住計画も進んでいるし、こういうのもどこまで現実化
するんだろうね。
まさに未来技術の多くは「ハヤカワSF文庫にあった」のは事実です(笑)



興味が流れに流れましたが、今日もありがとう!

(記事内の画像は、すべてWEBより)



追記。
前回書いたスピンオフ映像「アニンガ」ですが、手元のBDをよくよく見ると、特典映像に入ってる
やないの!^^;
ちゃんと見てなかったわ〜ってコトでした。

posted by アイスオーレ at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ムービー・メカ
この記事へのコメント
いい記事だなぁ。
いや、上から目線に見えたらごめんなさい。
でも、素直にそう思いました。
テントウムシからSF映画への流れが素晴らしいです。
愛を感じますね。
なんだか、インターステラー見たくなってきました。
上映期間中、気になっていたんですけど見に行けなかったんです。
ビデオでたら見てみようかな。
Posted by ツヨ at 2015年02月14日 21:18
コメントありがとうございます^^
やっぱなんやかんや言うてももう長年、なによりSF映画が好き
なんですよね〜
「インターステラー」は、科学に詳しい人からするとトンデモ解釈
らしいんですけど、まあSFって理屈よりも感覚で楽しむものだと
思います。それらしく作ってますし、きっと全てがトンデモ
じゃないとも思います。
ぜひタースとケイス、そしてキップの活躍を見ていただきたい^^
ただ、
もし面白くなくっても、僕を責めないように!笑
Posted by ツヨさんへ at 2015年02月18日 21:32
アイスオーレ店長、師匠、ご無沙汰しております(;´Д`)ハァハァ
コメントいただいてスッ飛んできました(笑)
おっしゃるとおり、某コンペの開催を知ったときは、いまさら感がハンパなく、見知った方々もほとんどいないので、まったく触手が動きませんでした(^_^;)
でもまぁ、過去作品がOKというのであれば、いままでの製作物で見てもらいたいモノもないわけではないので、待ちくたびれた分、そういうのを推していこうと思いまして、参加を決めました(゚∀゚)
正直、新しく造る、という気力は湧いてこないのが事実ですが!(笑)
なんとなく萎みつつある己の模型意欲を刺激するなにかが得られれば良いかなぁって、得られなかったら仕方ないかなぁって、そのくらいの気持ちですね(^ε^)
4つくらい、会場で晒そうかなと思っております、3倍速モデラーの再来!……って、いまの参加ユーザーでは誰も知らないでしょうけどね(大笑)

掲載記事とは関係ない話題で恐縮ですm(_ _)m
Posted by カミソリの竜 at 2015年02月21日 21:23
リュウさん、お久しぶりです^^
僕も、コンペで作品を見せたい!というよりも、リュウさんや、あの当時の懐かしい
サムネイルをチラホラ見まして、ああ、懐かしいなあ〜、と思った次第です。
それに、僕自身がガンプラへの集中力がなくなってますし、MGは模型サイトという
より「ガンプラサイト」なので・・・いま僕が最も楽しく作れる「ガンプラ以外」を
出してもなあ、という思いがあります。
まあ、
エントリー締め切りまで日が在りますので、それまでになんか思いつけばいいかなと
思っています。
そのまま忘れている、というパターンも否めませんがー!^^;;
・・・
なんか、こういうコメントのやりとり良いですよね。いまはツイッターやラインばりに
ブログでもひとことふたことだけのやりとりがメインのようですが、(僕ら)オサーンは
こういうほうが性に合ってるように思います。

久々にコメント残して下さってありがとうございました^^
Posted by リュウさんへ at 2015年02月22日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113539066

この記事へのトラックバック