2014年11月26日

1/72 機動戦闘車(プロトタイプ)

こんばんは。

今日はアオシマの「1/72 機動戦闘車(プロトタイプ)」です。
発売まもなく、このブログで完成記事をUPするのも珍しい^^

まあ、それほど手軽に組み上げられる逸品、ということです。

kt05.jpg
kt02.jpg

それにしても、
「機動戦闘車(しかもプロトタイプ!)」という名称の、なんともSFマッチングなこと・・・
F22ラプター同様、ちょこちょこSF作品にもカメオ出演し始めてるようです。

kt03.jpg
kt09.jpg
kt04.jpg
↑↑↑
完成時の全長は約10.5cmほど。
この小振りなキットはパーツ数も少なめですし、比較的短時間で満足度の高い完成品を得られます。
パーツ精度も高く、タイヤに至ってはトレッドパターンに沿ったパーツ分割、というのも面白い。

それにしても・・・・
アオシマってスゴくなったんだ!というのが正直な印象(失礼だよね^^;)

いつまでも幼少時の、合体アトランジャーとか合体イデオンとかの記憶を引きずってたので、この
完成度には驚きさえ感じました。

kt01.jpg
↑↑↑
そしてこのキット最大のアピールポイント!
このようにステアリングを切ると、車体が傾斜するギミックです。

カッコエエわー^^
このパッケージ画のアングルが一番キマるように思います。

ちなみにキットにはアンテナは付いてませんので、真鍮線で追加しました。
塗装も「プロトタイプ」ということで、カーキドラブ単色(アクリルの筆塗り)
それとまだ、陸自の迷彩にはあまり魅力を感じないんだよね・・・迷彩のなかでは唯一、洋上迷彩は
果てしなくカッコイイんだけど^^



せっかくなので、同スケールのフィギュアも。作りそびれていた、ヤマト航空隊クルーです。
陸自メカなのにね。
↓↓↓
kt08.jpg


kt07.jpg
↑↑↑
カンタンですが人物を配置ると、大きさが把握できて面白い。
あと3人のユニフォームを青くしたのは、同時に青い戦闘機を作っているからです^^

kt06.jpg
↑↑↑
今回はプロトタイプのキット化ですが、再来年陸自に本格導入されたら、そのバージョンでまたキット
化されるかも。
でもアオシマ製なので、あるときに作る方が安心だよね。そういえばPAC3もまだ入手してない
けど・・・

しかしこの大きさで定価は2000円ほどの、このキット。
ただ「機動戦闘車」という車両のマイナー性を考えると、よく製品化してくれた!という思いの方が
強いアイテムです。

単に、このキットが高額ってことじゃない。
ガンプラの価格の安さが(あのクオリティにして)異常なだけ。
そう思うと改めて、バンダイの企業力もスゴイよね。


今日もありがとう!
posted by アイスオーレ at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 エアモデル
この記事へのコメント
かっこええっすね♪
こいつを教材に塗り方講座やってくださいw

履帯ないし、わざわざ「機動戦闘車」って名づけられている
くらいやから、戦車じゃないんだと思うんですが、ほぼ
戦車ですよね?タイヤだと戦車って呼ばないのでしょうか・・・

ってここで聴くなよ!って𠮟られそうなのでもうやめときますw
ではでは♪
Posted by type920r at 2014年11月26日 20:17
くにおさん、さっそくコメントありがとうございます^^
塗り方講座って、あまりにカンタンなので、講座し終わった後の
反応が恐いわ(笑)

この機動戦闘車、戦闘力は戦車より低めだけど、めっちゃ速く走る
みたいです。
高速道路の移動もラクラク、って感じで、そういう緊急配備にメリット
あるんでしょうね。
まあ、今後「通」のひとたちの間では、独特の呼び方するんじゃない
でしょうか??
Posted by くにおさんへ at 2014年11月26日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105983478

この記事へのトラックバック