2017年06月07日

MGジム(Ver 1.0) 1

高石模型祭りが終わってボ〜ッとしてたんだけど、
そうこうしてるうちに、来たる7月1・2日の週末、
「関西キャラクターモデルフェスティバル」が開催される。

オトナの模型サークル「関西仮組」も、例年通りに出展予定。

僕はといえば、ここ数年スケモ製作が幅を利かせるようになって来たんだけど、年1回、
この時期だけはキャラクター・キット製作中心の日々となる。
どういうの作ろうかな〜、と。

しかし、

なかなか思いつかない。
基本的には、飛行機を作りたいモデラーだ。


昨年は48スーパーバルキリーを出したので、

sv001.jpg

今年もマクロスものにするか・・・とか考えていたんだけど、どうも気分が盛り上がらない。


うーん・・・


そんななか、ガンプラ・初期のマスターグレードモデルの一部が、今後店舗での販売を
終えるという情報が入ってきた。(不定期で、通販のみになるそう)

さかのぼること、1995年。(もうそんな昔か・・・^^;)

思えば当時、第1段の「MGガンダム」を、開発の過程からホビージャパン誌で追いかけ、
ワクワクしてキットを購入、製作を楽しんでいた身としては、とても懐かしくなった。

そんな思い出とともに、久々にMG、初期のマスターグレードを作りたくなったというワケ。

なのでいまのところ、タイミング的にもKCFにはこの辺りを出展しようと思っているけど、
とりあえずは面白い展示方法は思いついていない。。。。
「ただ並べるだけ」というのは極力避けたいが、どうだろう。



で、発売時期的には「最初期」ではないけれど、「初代MGガンダム」をベースにしたキット
「初代MGジム」を製作中。
これ、当時買いそびれたんだよね〜


gm11.jpg

gm12.jpg

とりあえずプロポーション、めっちゃカッコエエ^^
「1周まわってリバイブ版」という感じだし、いまやMGモデルといえばのフレーム構造も、
ちょっとだけ。
そういうのも、いまの「RE/100」に通じてるのかな。そっちはまだ作ったことないんだ
けどね。

当時は、こんな強そうなジム、ジムじゃないわ!という意見が飛び交ってたんだけど、いまや
いろんなバリエキットがあるから、断然アリ。

思えばMGというシリーズ開始に当たり、いろんなアレンジ要素がはいってるんだけど、
それらには開発側の「・・こういう風にしてみたんだけど、どうすか!」みたいな気合が感じ
られるんだよね。
良し悪しや好みは別として、バズーカラックなんて最高にクールだぜ。

でもいまこういうのやると、SNSで叩かれちゃうんだろうな。
しかもいまのキットのアレンジは、なんか「こういうのがカッコイイんだろ?こういうのが
ほしかったんだろ・・?」
みたいな、ちょっとよどんだ空気を感じてしまうのは穿った見方なのだろうか。

しかしホント、HGUCでリバイブしたらこんな感じになるのは間違いなかろうね。
なのでこのキット、当時のおおらかさというか、オープンだった、そんな空気感も含めて
楽しんでる^^

時代は巡る。

さすがに20年前クラスのキットなので、バリがあったりパーツが多少合いにくかったり、端っこ
がちょっと反ってたり、合わせ目消さなきゃなんだけど、それを調整するのも、めんどくさい
というよりは楽しい部類。
大改修なんてのもやんないしね。オトナ気ないでしょ?(笑)

エアモデルでも、こういうのもっと多いからね。
そう考えると、他社の老キットと比べてもバンダイの金型はかなりいい状態を維持している
と思う。

まあ、オンリーガンプラーにはこれでも作りにくいんだろうけど。
ここで文句をいってる子たちは、一生スケモなんか作んないんだろうな。
良い悪いじゃないよ。


それと、


g101.jpg

せっかくなのでこれも進めてる。うーん、これぞ、まさに、「初代」!

こっちが先に仕上がるかも。



posted by アイスオーレ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード