2017年05月21日

HGUC GMクウエル

今年ぼちぼち作っているHGUCの「AOZ」シリーズ、
今回はGMクウエル。

昨日は関西仮組製作会だったので、ブログ用の写真をフォトラで撮らせてもらった。



q2.jpg

q3.jpg

q4.jpg
↑↑↑
脚部がダイナミックなAOZキットなので、肩ユニットがあるヘイズル2号機の胸部パーツを
使った。ちょっとバランスとれたかな。

q6.jpg
↑↑↑
(あー、胸部センサー・・・・あとで貼ろう^^;)
いつもどおり部分塗装と、成形色に直接ウエザリング(自称・アイスオーレ塗り・笑)。
ウエザリングカラー、スミ入れ黒、Gマーカーを使用し、エナメル銀でドライブラシ。
ドライブラシといえば、

q8.jpg
↑↑↑
「AOZ」は少し前のHGUCシリーズなので、足の裏もしっかり作られている。
最近ではスカスカなのが多いから、いい感じ^^

q5.jpg

3月に仕上げたヘイズル改と。こちらはGM3のビームライフルを持たせてみた。

q1.jpg
んー、カッコイイ!

しかしまあ、撮影前にもうちょっとホコリとっとけばよかった。。。。
今度はトライブースター、もうちょっとAOZで遊ぼう^^

そして


q7.jpg
↑↑↑
昨日は久しぶりに、みなさんの完成品が大集合!
(ダブルオーは未完成だけど)
しばらくぶりに模型サークルらしくなった(笑)
んー、ギブルとアッガイいいなあ・・・


posted by アイスオーレ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | AOZ

2017年05月14日

1/6 マスター・ヨーダ

バンダイ最新SWキット、ヨーダ師匠が完成〜^^

高石からの1週間、ヨーダとともにありましたよ。

この1/6スケール・ヨーダは、プリークエル3部作のイメージで立体化されている。
なので、1/12(ダゴバ版・こちらはまたいずれ・・)よりも30年ほど若い感じの造形だ。


yd01b.jpg

「・・・まだまだじゃな、我が古き弟子よ!」



・・・と、
ドゥークー伯爵との対決シーンもいいんだけど(映画館で初めて観た時はビックリだったなあ・・・)、
今回は、EP3終盤の流れをなぞってみたよ。







yd01.jpg

「新しい弟子を迎えたようじゃな、皇帝よ・・・いや、こう呼ぶべきか。ダース・シディアス!」







yd17sd.jpg

「この時をどれほど待ちわびたか・・・我が小さき緑の友よ」








yd02.jpg

「ジェダイが滅びると?・・そう考えるのはまだ早いぞ!」








yd18sd.jpg








yd03.jpg

「お前の帝国は1日限り」









yd19sd.jpg









yd04.jpg

「それでも長すぎた!」








yd05.jpg


「力を自慢するなら・・・」


yd06.jpg

yd07.jpg

「なぜ逃げる・・!」









yd17sd.jpg

「いまに分かる・・・ベイダーの力は、ワシや貴様よりも強くなる!」











yd07a.jpg


「新しい弟子に期待すると裏切られるぞ・・・フォースの暗黒面のように!」


yd08.jpg

yd08a.jpg

yd09.jpg




・・・とまあ、こんな感じで^^;画像UPして、記事を書いててなんと楽しいこと(笑)
それほどのキット再現度に大満足!のヨーダ師匠だ。




yd11.jpg

yd12.jpg
↑↑↑
パッケージ写真を参考にアクションポージング!



y13.jpg
↑↑↑
内側の茶色い服は成形色のまま、ウエザリングカラーで汚した。
ちなみに腰から下のゴム製マントパーツだけど、ボディにハメ込むだけだと、ポージングでまくり
上げたときに外れてくるので、ここはエポキシ接着剤(など)で固定しておくのが良いと思う。
ゴム製だからね。

手足は接着、合わせ目を消してから指定色を調色して筆塗り。ツメはバフ。
袖のなかはハルレッド、パステルで陰影を付けた。



yd14.jpg
↑↑↑
後ろ姿。フードの下にベース接続穴があるんだけど、空中でのカッコいいアクションポーズは
ちょっと難しいような気が(手足が短いし^^;)

上着コートは、腰から上がプラ製・下はゴム素材なので、塗料で汚すとヘンになるかも・・・と思い、
フチやシワで影になっているところをパステルで汚し、上からツヤ消しコーティング。
(控えめにしたので写真ではちょっと飛んでるナ〜)
作ってると、このコートの境目があんまり気にならなくなってくるのでフシギ。
少なくともベイダー卿のときよりは気にならない。(個人的感想)

袖のヒジの部分は、前から見た時にシルエットの繋がりが悪いのでカットした。



yd15.jpg
↑↑↑
カオ(頭部)は手足同様、指定色を調色し、多少の濃淡を付けながら筆塗り。
シワ等はパークグリーン。耳たぶ内も、近似色で陰影を付けた。
(WEB上ではグレーや黒でスミ入れしてる画像もあったんだけど、メカじゃないんだから
 やはりちょっと違和感を感じて、それがおおいに参考になった^^)

黒目部分(黒くないけど^^)はデカール。一旦、全体にツヤ消しクリアを吹いたので、
眼球は最後にUVクリアジェルを塗っている。(初めてフィギュア用途に使った^^;)



yd13.jpg
↑↑↑
頭髪有り・流し目ヘッド(左)は合わせ目をパテで埋めて、(調色した)地肌色を塗ってから、細筆で髪を
描いた。(バフ⇒ホワイト⇒フラットアルミ) 地肌色を少々残す感じ。

髪ナシヘッド(右)は最初、両面テープ⇒コットンで植毛したんだけど、どうもオバチャンパーマ
にしかならず・・・(難しかった)
思い直して、モデリングペーストを塗って髪っぽくしてみた。
塗装は左に同じくなんだけど、生え際がなんか違うなあ・・・それにしてもシュール画像^^;


というか、
このヨーダでポージングあれこれしていると、常にそばにどちらかのヨーダヘッドが転がって
いるのでちょっとブキミ(笑)なるべくすぐ、小袋に仕舞う。



yd16.jpg
↑↑↑
手持ち用のライトセイバー(上)は、ミライトを仕込んだ。柄の幅とほぼ同じなのでひと苦労。
腰吊り用(下)よりもちょっと長くなったけど^^;写真もいい感じに撮れたので、やってヨカッタ。
(これはまだ塗装が仕上がってないときの画像)


それにしても今回のヨーダキット、カオの造形のスゴさを見るに、人間キャラのキット化も
そんなに遠い未来じゃなく、いけるんじゃない!?と思ってしまった。
フィギュアライズバストも進化してるみたいだしね。
なんとか・・・・

とにかく、そこまでSWキットシリーズがつづくように願うばかりだ。
出来る限りは協力しようじゃない^^

では、フォースのともにあらんことを!



posted by アイスオーレ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ