2016年07月30日

MGグフ Ver2.0 完成

・・・グフの放ったヒートロッドがガンキャノンに巻きつき、電撃を放つ!

gf001a.jpg

カイ「だ、だめだ!爆発しちまう・・・!」

MGグフの完成記事なのに、いきなりガンキャノン。確かこんなシーンあったよね^^
グフといえばやはりヒートロッド。「電磁ムチ」だ。


ということで


gf003.jpg

その、とても巻き取れなさそうな電磁「ムチ」に、


gf002.jpg

「指」機関砲!に、


gf006.jpg

さらにはビーム(っぽい)ソードまで・・!



gf004.jpg
(↑↑↑ TOPの元画像とは微妙に違う)

とにかく、いろんなリアルの「後付け」設定から逸脱しがちなグフだけど、そんなの四の五の
言わせないゼ!というような、おおらかな個性を発揮している。
思えば70年代〜のメカ(ロボ)って、けっこう指先がノズルになってたり武器になってたりしてた
ように思う(タツノコプロ?)
なぜか、子ども心にワクワクした部分だった記憶が。そういえばカリオストロ伯爵とその配下たち
もそんな装備してたな。
僕にとってはきっと、昔の郷愁を感じる記号なのだろう。

とまあ、いつもどおりストレート仕上げの

「MGグフ Ver.2.0」 完成記事です。


gf21.jpg

gf22.jpg

gf23.jpg

やっぱりグフは、カッコエエですな。。。。。と、感心しながらいつもどおり自己満足。

楽しく模型やってます^^


gf24.jpg

好みでモノアイシールドは付けず、内部をフラットブラックで塗りつぶした。
シールドの逆さ装着は、このほうが使い勝手が良さそうだから。


せっかくなので、先日仕上げたオリジンガンダムと並べてみる。

gf206.jpg

うーん、またまたカッケー!(自己満足)
グフ ✕ ガンダム。
どう見てもグフのほうが強そうだ。

gf208.jpg

さて、

今回も無塗装のウエザリング仕上げだが、いつもどおり気軽に楽しめることが個人的には
とても気に入っている。
こういう「汚し具合」がいま、僕には非常に心地良いんだけれど、見る人によってはテキトーに
それっぽく汚しただけの、「ただの汚い模型」に映るかも知れない。
(そう思う人は、自分の納得できる作品を作ればいいだけのことで、誰かの同意を求める必要も
 ないんじゃない?)

けれどまあ、いくらがんばってみたところで、所謂「架空メカ」の「想像上の」ウエザリング
なんだから、気楽に「それらしく」、でもいいんじゃないかな?と思うよ。
想像は人の数だけあるし、僕の想像は、僕だけのものだ。


ということで・・・・



最後に、改めてガンキャノンをもういちど。
やっぱカッコイイな!ガンキャノン。

gc201.jpg

追記:

「ホビコム」にも久しぶりに投稿してきました。

posted by アイスオーレ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月27日

HGUCジオング

MGオリジンガンダム以降続いている、久々のMyガンプラブーム。
その理由はやはりMrウエザリングカラーを直接スポンジヤスリで落としていく
工程の楽しさを知ったから。

そして今回はジオング。
しかしさすがにMGサイズでは作ろうとは思えなかったので、HGUC。

zg05.jpg

とはいえ、設定上の大きさからもキットは1/100サイズ並みの巨体なので、満足感は十分!

zg01.jpg

2基のノズルの接続部が、ちゃんと股関節ユニットになっていることを初めて知った。
(昔の600円ジオング以来なので。。。)
しかも「コンフォーマル(機体形状に合わせた)バーニア」という設定も、なかなかナイス
だと思った。
なのでメインのスラスターは、ゲルググのように後ろの5機のノズルだったんだね。
このバーニア群もジオングの見どころのひとつかも(これは全然加工してないけど!^^;)

zg02.jpg

zg03.jpg

zg04.jpg

ジオングと言えば最終局面で急遽出撃し、その稼働時間は数時間もなかっただろう。
ということで、
今回はエイジングを意識した汚し(オイル垂れや装甲表面の劣化など)ではなく、幾度か
爆炎のなかを通過したようなスス汚れと、グラデーションを意識した落とし方をしてみた。

ノズルはエアモデルでよくやっている、シルバー(アクリル)で塗装 ⇒ エナメル黒を塗り、
乾燥後にこれまたスポンジヤスリで落とす、という手法を使った。
青焼けも施せばよかったな。 忘れてた^^;

zg06.jpg

zg07.jpg

合わせ目を消したり指の肉抜き穴を埋めたぐらいで、今回も「まったく改修はせず」ただただ
ウエザリングを楽しめた^^

そして・・・

zg08.jpg
↑↑↑
ジオングといえばやはりガンダム!
最新のリバイブ版ガンダムを組んでみたが、あらゆるポージングが楽しめてスゴイキットだった。

こちらを仕上げたら、またジオングと共演させようと思います^^

posted by アイスオーレ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | HGUC

2016年07月20日

MGグフ Ver2.0

今月は結局、アイスオーレ・ガンプラ月間となった。そして

MGオリジンガンダム、ガンキャノンときて、次はガンタンク・・・


ではなく


gouf1.jpg

MGグフ・Ver2.0。

(HGUCジオングではなかった!)

gouf2.jpg

gouf3.jpg

この2.0グフも、造形すごくカッコイイ・・・・!
今回も無塗装で、ウエザリングを楽しみ中。

もう少し汚して、完成としよう。
あとヒートロッドも。


posted by アイスオーレ at 18:31| Comment(4) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月17日

MGオリジン・ガンダム 完成2

昨日は凸と凹のお店で、関西仮組の製作会。

せっかくなので、フォトラでMGオリジンガンダムとガンキャノンを撮影させてもらった。

g1.jpg

g4.jpg

g5.jpg

g2.jpg

g3.jpg

g8.jpg

g7.jpg

最後は拡大画像で。

g6big.jpg

やっぱりキレイに写るわ〜、ドライブラシの辺りが際立ってて楽しい^^
家で撮っているのとは段違いの美しさ!
(分かってはいるけど)フォトラってすごいなあ。また撮らせてもらおうっと。

しかし今月はガンプラしか作ってないなー。


posted by アイスオーレ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月12日

MGガンキャノン

ガンダムのとなりにはガンキャノン、ということで

MGガンキャノンを作った。

gc01.jpg

2016年最新版のMGオリジンガンダムに比べ、このガンキャノンは確か2006年頃のマスターグレード。
違和感あるかな?と思いきや、
かたや、あれこれと機能をアップデートされ、どんどん強化・先鋭化して行くガンダム。
それに対してますます置き去りにされる旧型機。。。。という、やや哀愁を帯びた対比がとてもイイ^^

それにスマートなガンダムと比べて「盾なんかいらねえ!」と言わんばかりの、全身がシールドのような
重装甲、もっさり感もステキ。
並べると、それぞれの使用目的や戦法の違い、といったものも垣間見られる。
こういうのもまた、模型ならではの楽しみ^^

gc02.jpg

「カイ少尉、戦果を期待してます!」「おう、まかされて!」

って感じで、今回の機番は108。
203にも惹かれたけど、小学生以来のガンキャノン製作なので、今回は108。




gc04.jpg

gc05.jpg

gc06.jpg

今回も全身にヤスリを当て、ウエザリングカラーを塗り、乾燥後スポンジヤスリで色を残していく。
このやり方を思いついてから、最近再びガンプラが楽しくなってきた^^
成形色を生かしてるけど、あまり成型色仕上げっぽくならないのがいい(と思う)

合わせ目消し、肉抜きの穴埋めぐらいはするけど、ディテールアップはまずやらない。
最大の楽しみはウエザリング、汚し具合だ。

機能的にアップデートされないまでも、常に最前線で使われ続ける「歴戦MS」っぽくなるよう、
ガンダム以上にWカラーを残し気味にしてみた。
肩の蛇腹モールドやひざ当てなど、ドライブラシを当てる場所も曲面がメインなので、それも
ガンダムとは異なる表現部分だと思う。
ちなみにドライブラシのシルバーはアクリル塗料。やりすぎてもこれまたヤスって調整するので、
エナメル塗料じゃなくてもいい^^



そしてガンキャノンといえば、OPのキャノン射撃ポーズ。
キットはメモリアルアクション(だったかな?)用に手首が反る仕様になってるし、首も2重関節で
めっちゃ反るのがナイス。
ドライブラシを当てた曲面がツヤっぽく写ってる^^;

gc08.jpg

gc11.jpg

gc09.jpg

と、コルクバーク(表皮)に乗せてみた。全体はこんな感じで、なかなかいい雰囲気。
このままジオラマも作れそう。

gc12.jpg



さて、
今回のMGガンキャノン



gc07.jpg

フレームもあるのに、パーツが少なめで作りやすかった。
好みで言えば、最近はとにかくシンプルな方がいいので、よけいなディテールが無いのもいい。
それと、ヒザの放熱板ぽい内部装甲のアレンジがカッコイイ。
ヒザは深く曲げるとどうしても関節パーツが丸見えになるから、ここはキットの特徴というか
見せどころなので、かなり好印象。
(そういえば、価格もワリとお求めやすい価格だった!^^)

ヒザといえば、
MGオリジンガンダムの「ヒザ装甲の分割具合」が賛否両論みたいだったけど

gc000.jpg
↑↑↑ これね。(WEB画像)
まあ、実際に仕上げた者としては擁護したいところなので、またいつかの記事で。


最後に、
ガンキャノンは、ハデなポージングは似合わんのです。要らない。もうほぼ、デクの坊でいい
んだ(個人的見解)
なのにこれ、立て膝ポーズまで出来るなんてヤリすぎだよ。十分だ。
ライフルを正面に構えられなくてもいいんだ。もう「ガンキャノンのプラモ」としては最高の
バランスだと思う。
リバイブ版まで行くと、あれはもうガンキャノンじゃない気が。(個人的見解)


gc03.jpg

相変わらずヘルメットが少年野球みたいだけれど(笑)
ガンキャノンのカッコよさを再確認。いいプラモだった。

楽しかったなあ。
次はアレだな。

posted by アイスオーレ at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月07日

HGM ヴァル・ヴァロ

最近はガンプラの成形色を生かしたまま、気楽にウエザリングするのが楽しい。
そして前回のMGオリジンガンダムに続いては、

HGメカニクスより 1/550「ヴァル・ヴァロ」

vv01.jpg

関西では、深夜に放送していた「08小隊」に続き「0083」もちょうど終わったタイミング。
なんか作りたいな〜、とくにMA。という気分になり3つのなかからヴァル・ヴァロをチョイス。

vv03.jpg

思えばこの「HGM(メカニクス)」で「0083・3大MA」を発売してくれたときはめっちゃ嬉し
かったんだけど、結局当時それなりに完成できたのはノイエ・ジールだけだった。
そのノイエジールもいまやどこかに行ってしまったので、これもまた作りたいと思う。

vv04.jpg

謎のパネルラインが入る。

vv02.jpg

クローアームは右を伸びた状態に。
ケリィ(ケリーじゃない^^)レズナーも右腕で操縦してたし。思えばこのヴァル・ヴァロの
左腕って動くのだろうか?
結局動かさずに終わったからね。

vv05.jpg

vv07.jpg


メガ粒子砲口、展開!

vv08.jpg

vv09.jpg


クローがガバッ!と開きまして・・・(TOP画像の加工前)

vv06.jpg

捕獲!!

vv06ab.jpg

「ヴァルヴァロだぞおおー!」

ケリィ少尉、アドレナリン出まくったのか意味の分からないセリフ叫んじゃった。
まあガンダム作品って、よく分かんないセリフ多いから。
あとガトーも「轡(くつわ)を並べよう」とかって、いつの時代だよー^^

それはそうと、
実際のシーンとは捕獲する位置が違うけど、まあいいや。
(いつものことで^^)

vv10.jpg

キットのままだと、ただつっ立ってるだけのフルバーニアンは、切り貼りして掴まれた瞬間を
それらしくポージング。バーニアにも穴を開けたり。
とはいえ、柔らか素材ということもあって整面しづらく、結果塗装も雑なのでUP画像には
耐えられない(笑)

けれどサイズ的に1/72〜サイズ位のフィギュアを加工しているようで、本作業の中では
最も楽しかったかも。
まあ、雰囲気が出れば・・・ということで^^

vv11.jpg

vv12.jpg


モノアイでギロリ。

vv13.jpg


飾るのは、主にこの体勢。
キット付属ベースとの接続穴が3mmよりやや大きかったので、プラ板で塞いで開口しなおした。

vv14.jpg


最近よく、過去に完成出来なかったのは、きっといまの、この楽しみのためだったんだ!と
思ったりする。
確かに、当時では出来なかった仕上げ方だろうし。
そういう意味では、長年作りかけて積んでおくのも悪いことばかりじゃない、というポジティブ
シンキング^^

今回は、TV放送で思い出して悲願成就できた。

うん、次はアレだな。


posted by アイスオーレ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デラーズフリート(0083)

2016年07月05日

MGオリジン・ガンダム 完成1

前回以降ウエザリングを重ね、ドライブラシやエナメルポンポンもしたので、とりあえず
これで完成としようかな^^

MG「オリジンガンダム」
気に入った写真が撮れたら載せて行こうと思うので、今日は完成編・その1とします。

今日はハイパーバズーカ、ショルダーキャノン装備。

og07.jpg

og05.jpg
↑↑↑
成形色のうえにウエザリングの色を重ねて行ったんだけど、我ながらなかなかいい感じ^^
(いつもの自画自賛)
でもこれも「成形色仕上げ」ってことになるのかな?



og04.jpg

そして、今日もデッキクルーで遊んでみる。
これは1/48バルキリーのときのものじゃなく、トムキャットのときに作って撮影してなかった
1/72スケールのもの。ハセガワとフジミの混合。

「・・・ガンダム前進!」

これ背景をホワイトベース内っぽく出来たら、もっと面白いんだろうな。。。

og01.jpg

og03.jpg

人間がややオーバースケールだけれど、まあいいや。
ひとと巨大マシンを共演させるのは(個人的には)模型写真を撮っていて最も楽しい^^

og06.jpg
↑↑↑
手前は甲板消防車。
そしてミサイルを運ぶドリーに、ライフルやサーベルも載せてみた。

そういえば、ライフルの接続ラッチパーツが早々にポキリと(涙)
でも、もう少し写真を撮ろうかな。


posted by アイスオーレ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード

2016年07月02日

MGオリジン・ガンダム

originq.jpg

KCF後のこころのスキマを埋めたのは、久しぶりのマスターグレード。

しかも、ファーストガンダム!

2.0も、3.0もピンと来なかったけど、これはなんか気になってたんだよね。

漫画原作の「ORIGIN版」じゃなくて、映像作品版。。。。

安彦さんの柔らかい線も好きだけど、もしあのまま立体化していたとして、作ったか
どうか分からない。

いまはMrウエザリングカラーで「基本」のウエザリング途中。
もう少し進めるけど、あまりくどくならないようにしなきゃ。



posted by アイスオーレ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | MG マスターグレード