2016年06月24日

ハセガワ 1/48 スーパーバルキリー 2

KCF展示会に出展する、という目標のおかげで完成出来ました。
ハセガワ1/48・スーパーバルキリー(反応弾装備)

細部の写真撮影は展示会後にしまして、とりあえず数枚を。

sv004.jpg

トムキャットを2機作ったあとなので、これもそのまんまジョリーロジャース風で仕上げて
みた。スーパーパックのスカルマーク等も、F−14キット(1/72)のものを使用。


sv005.jpg
↑↑↑
ネームプレートには「Bounty Hunters」って記したけど、これも全くの架空ですので^^;
まあ、実際のバウンティハンターズもドクロ背負ってますから(クロスボーンじゃないけどね!)


sv001.jpg
↑↑↑
ベースは甲板っぽくしてみたけれど、よく考えたら真空やないか!(モチーフはTV版の最終決戦
あたり、2010年。)ということに仕上げてから気付き・・・
プロメテウス艦内の格納スペース、ということにした。統合海軍風のクルーも並べてみたかったので。
とりあえず、記念写真風に一枚。


sv003.jpg
↑↑↑
折れそうなアンテナが無いのは救いだけど、それでもこのカタマリ(けっこう重い)を
バス電車を乗り継ぎ、会場まで運ぶのはタイヘンそうだ。

ではでは、

明日から大阪日本橋の、KCF展示会(関西仮組卓)にて展示しまーす。

posted by アイスオーレ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロス

2016年06月15日

HGUC EZ−8

ez81.jpg

ez82.jpg

いまさらだけど、最近製作に導入したクレオスのMrウエザリングカラーが楽しい^^
エナメルと違って、ほとんどニオわないところが、かなりいい。

戦闘機では汚しとともに「整備汚れ」で活躍している。(もちろん、いままでどおり
エナメルも必要ではある)
で、今度はガンプラでも使ってみる。
ガンプラはなるべく気楽に、基本的には成形色で仕上げたい。
ということで・・・

・まず表面処理を、600番位で仕上げる。
・Mrウエザリングカラーのグランドブラウンを白いところ、グレイッシュブラウンを暗い
 ところに平筆で塗る。少しだけ薄めに。
・1日ほど乾燥させ、400番のスポンジヤスリで表面をヤスっていく。ちょっと使い古し
 てるほうがスポンジヤスリのほうがいいかも。

ヤスり加減で汚れを調整できるし、ヤスッて荒れた表面も、いい味が出てる(ように思う^^)
気に入らなければ気楽にやりなおせるし、ひょっとしたら数回繰り返して作業した方が、
色に深みが出るかもしれない。
これはまた今後に。。。。
とにかく、全塗装しなくてもなかなかいい感じに仕上がった。
僕には大満足のレベルだ^^

ちなみにプラ表面は、ヤスリを当ててから塗る方が塗膜がやはり定着しやすいし、早く作業が
進められるように思う。


オイル垂れ、細かなキズはリアルタッチマーカーのリアルタッチグレー1と2。
足元などのハゲチョロは、ガンダムシルバーをチョンチョンと塗り、アートナイフで剥がす。
塗膜を気にしないのがいいんだけど、シールドのライトグレー(サフ)上でもけっこう大丈夫
だった。
しかしこのガンダムマーカー、本当に便利で、戦闘機製作などでも大いに役立ってる。


それとMrウエザリングカラーの溶剤、現在けっこう品薄なのかな?
エナメル溶剤でも使えるそうだけど、やはり無臭なのは大きなアドバンテージなので、出来れば
いつでも適正価格で買えるようにしてほしい。(Amazon等で、倍の価格で売るような店は信用
できない)
大きいボトルも欲しいところだね。

いまはホント、いろんなものが揃ってるいい時代ですな^^


posted by アイスオーレ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第08MS小隊

2016年06月09日

ハセガワ 1/48 スーパーバルキリー 1

久しぶりのキャラクター模型、と言ってもハセガワのエアモデルフォーマットだけど。。。^^;
今月末のKCF展示会に向けて製作中。
カラーリングもそうだけど、一部デカールを貼る位置なんかも「VF-84」を製作した後
だからこそ、と思えるところがあった(個人的に)のは良かったかも。

CkQwKPcUUAI_Yee.jpg

sv001.jpg

ということで、デカールを貼り終えたところ。
梅雨入りしたので、乾燥時間も多めに取った方が良さそうだね。
焦らず、焦らず。

posted by アイスオーレ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロス